お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<前月 2020年07月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. これが2020年モデルの
    新型ルノー・カングーだ!
    ……って、らしくないなー
    (1032)
  2. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (707)
  3. 出ました!日本に3台!早い者勝ち!
    超レアカラーのオリーブグリーン
    ラーダ・ニーヴァ4×4
    ワンオーナー約1100kmの中古車
    諸費用オールイン255万円
    (635)
  4. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (555)
  5. ワズ2206/ハンター/パトリオット
    UAZ 2206/Hunter/Patriot
    関連過去記事まとめ
    (483)
  6. バックパックを背負っている!?
    ルノーちゃん感涙の
    ロシア製7人乗りミニバン
    ラーダ・ラルグス用
    シャトルボックス
    (374)
  7. 諦めきれない新車在庫情報!
    お急ぎの方へ今スグ納車可能!
    (363)
  8. 現役オヤジはイタリアンビッグサルーンを
    マニュアルでツインスパーク!
    アルファ ロメオ166 2.0ツインスパーク
    プログレッション・スーパー
    諸費用オールイン280万円
    (362)
  9. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (361)
  10. 7人乗れるロングボディのスライドドア付ミニバン
    シトロエン・ベルランゴXL
    プジョー・リフター・ロング
    右ハンドル英国仕様が販売開始!
    諸費用オールイン乗り出し価格450万円~
    (357)
■RECENT COMMENTS■
  • まるでクラシック・ディフェンダーの再来!<br>ランドローバー・マニアが作るSUV<br>イネオス・グレナディア<br>2021年発売 直輸入販売致します!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">メルセデス・ベンツGクラス/ゲレンデヴァーゲン<br>Mercedes-Benz G Class/Gelandewagen<br>関連過去記事まとめ
  • ディープな好車家へ<br> <font color="red">このモデル<br>乗らずして<br>散るデべからず</font><br> ランチア テージス2.4 20V マニュアルMT<br> 諸費用オールイン320万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 台湾のクルマ事情
  • フォルクスワーゲン・グランドカリフォルニア<br>Volkswagen Grand Califonia<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


柿の種とチーズ?!

 
一昨日、レトロモービル初日に各取引先に顔を出しました。
ヨーロッパの人々は本当にクルマが好きで、老若男女、夜遅くまで会場は熱気に包まれています。
日本からの来訪者も多く、レトロモービルは日本でも知られるイベントになった模様です。

さて本日は、パリ市内のディーラーにて1000ノックの敢行です。
シトロエンC4に乗って、2006年私なりのクルマ選びに出かけました。
結果は、少し整理して皆さんにお伝えしようと思います。

モンマルトルの丘とモーターバイク C4も違和感なく佇む

チョット気分が暗〜くなったので、気分転換にパリ市内を散策しました。
モンマルトルの丘に登ると、パリ市内が一望に見渡せ、なんだかホッとしました。ホッとしたのは、眺めが25年ほど前に訪れた時と全く変わっていなかったからなのです。

取りとめもありませんが、私は工業製品のデザインというものは”文化の違いから来る結果じゃないか”と、まあ私なりの持論があるわけです。
が、最近の自動車に関しては、かなり各国クロスオーバーしたものに成りつつあり、○○○の国のクルマらしい、みたいな事が感じられません。
”だから、つまらなくなってんだ”などと勝手な理論を展開しつつ、ちょっと感じているものを探してみたくなったのです。

私はリヨン駅に、何故か魅かれ。。。

一週間前私は、京都から新幹線のぞみ号で東京に帰ってきました。
日本の新幹線もずいぶんモダンになったなぁ、なんて思いながら、エビスビールと柿の種で
一杯やって、にっぽんのお父さん達と一緒に”前を向いて”東京に戻ってきました。

TGV @リヨン駅で、TGVを近くで見てみると、うーん かっこいい。
室内に入ってみると、これがまた、かっこいい。

柿の種とビールじゃないんだな、コレが。。。

色遣いや シートのアレンジなど、いかにもフランスらしさが
そこにはあって”ワインとチーズで一杯”なわけです。

これですよ、これ!!
よくわかんねーぇっ、て感じでしょうが、これですよ。


次は、シャルルドゴールに行ってエアバス観ようと思います。
エアバス340かシュドカラベル”やっぱり これでしょう、フランスは!”

などと考えながら、続きは明日にする事としてみます。



| 待ってちゃ買えない、いいクルマ!? | 10:54 AM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/29