お問い合わせ
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<前月 2018年12月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • やっと日本上陸!<br>いすゞmu-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワーゲンバスみたいなレトロで新しいトレーラー<br>DUB-BOX 3号機 リフトアップルーフ<br>ケータリングなど移動販売車のインテリアが完成!<br>東京・千駄ヶ谷のナーナ・ガトーにて展示中!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018 その52<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>オーシャン2.0TDI 4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り<br>スーパーカーコレクターも愛用のキャンピングカーを<br>東京のN先生に納車完了!
  • シトロエン2CV/メアリ<br>Citroen 2CV/Mehari<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター<br>UAZ 2206/Hunter<br>関連過去記事まとめ
  • いすゞD-MAX/mu-X<br>Isuzu D-MAX/mu-X<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァを<br>お乗りになっているお客様にお知らせ!
  • 納車千本ノック2016 その33<br>いすゞmu-X ミューエックス<br>ディーゼル 右ハンドル AT 7人乗り<br>ピックアップトラックD-MAXベースのSUVを<br>福井のN・A社に納車完了!
  • 過去モデル・カタログ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">イタリア高級セダンの完成形<br>ランチア・テージス2.4JTD<br>ディーゼル 左ハンドル AT<br>諸費用オールイン乗り出し価格238万円
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
レンタカーで激走!約2500km
番外編 ボルシチだ! ピロシキだ!





UAZ(ワズ)本社、ラーダ本社を訪ねるため、

ロシアに渡った私達 ルパルナス小隊

その1

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4127

その2

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4135

その3

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4137

その4

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4141







クルマも食べ物も

本物を追及するべく

ロシアに滞在中

我が部隊は

ボルシチとピロシキを

徹底的に追及

行く先々で食べてみました!







まず、

国道沿いにあった

ファストフード店のボルシチ。







その色は、

ビーツによる赤紫。



そうです、

小学生の頃、

給食で食べたボルシチは、

トマトケチャップ味という

文字通りの真っ赤なニセモノだったのです。



しかし、

ここのは“ダシ”が全く効いておらず、

外国でよくある味噌だけの味噌汁のように、

薄い味でした。







次に、

ウリヤノフスク市内の

オーセンティックな

レストランで食べたボルシチ。







ここのは、

ニンニクがしっかり効いていて、

身体が あったまる感じ。



ボルシチには、

だいたいサワークリームが

標準で添えられています。

やはり 混ぜた方が モアベター!







他にも、

ビーフストロガノフや







ベーコンに黒パンという

ロシアの定番も食べてみました。







そして、

一番美味かったのは、

国道沿いにあった

“カフェ”と書かれた

おばちゃんがやってるドライブインの

ボルシチとピロシキ!







両方共、

中に甘いジャガイモが入っており、







ピロシキは、

炭水化物イン炭水化物ですが、

何とも

マイルドで深い味わい!







ここのは

揚げてありましたが、

本来 ピロシキは油で揚げず

オーブンで焼いてあるものが主流。



しっかり 研究しようと思っています。







ちなみに、

ウリヤノフスクやトリヤッチで

数多く見掛けた

日本食レストランにも行き、

寿司を食べてみました。



普通に美味しく 日本人にも

食べる事が出来ますが

ほとんどのメニューが巻物で、

何にでも

クリームチーズが入っているのでした。



やはり マイナス20度の世界では

オイリーな食べ物が

必要なんですね。







ロシアの

ボルシチとピロシキは、

味も様々で深い!







弊社が展開している

移動販売車のネタとして、

もっと研究いたします!



ご期待くださいませ。

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4113



| ヨーロッパ便り | 10:19 AM | comments (0) | trackback (0) |

UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
レンタカーで激走!約2500km
その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!





モスクワを出発し、

モスクワ連邦道路M5を

東へ約900km ひた走り

14時間で

UAZ(ワズ)本社のある

ウリヤノフスクに到着!







その3 荒野の国道一本道

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4137







ヨーロッパ最長のヴォルガ川畔にある

この街は、人口約60万人の

自動車、航空機、兵器工場などを擁する

工業都市でありながら……







ロシアらしい古い建物も残っており、

落書きやゴミもほぼ見当たらない

美しい街。







市内は、

お膝元なので当然ですが、

ワズだらけのワズ天国!







警察、消防、救急、軍、一般企業と、

広く使われているワズたちは、

2206もハンターも皆、

一生懸命働いていました。







また、

ラーダ本社がある

トリヤッチが近いせいか、

ラーダ・ニーヴァ

の姿も多く見られ……







かねてから懸案だった

ワズ本社にて

日本へ輸入する際の書類等

しっかり

打ち合わせを行いました。

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4132







続いて

南へ約200km

ラーダ本社のある

トリヤッチへ。







同じく、

ヴォルガ川畔にあり、

リゾート施設もある

トリヤッチですが、

工業団地ばかりが目立つ、

ちょっと冷たい雰囲気。







こちらも、

ラーダ車で埋め尽くされていたものの、

なぜか、

ニーヴァはあまり見かけないのでした。







ラーダ本社に行き、

ワズ同様

書類関係の打ち合わせを敢行!

無事 書類をゲット







これによって

弊社の扱うワズ ラーダ車は

ヨーロッパ経由車だけではなく

ロシアからダイレクトに

輸入が可能となりました。

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4130







翌日、

モスクワまで

約1000km

一気に帰投!







再び、

荒野の一本道を走りながら

思ったのは……







ワズ2206/ハンター

ラーダ・ニーヴァが、

なぜ何十年もほぼ変わらずに

作り続けられているのか?







それは、もちろん

趣味やノスタルジー

などではありません。







地方の人たちにとって、

生きるために必要な

仕事の道具であり、

生活の足であるからなのです。







豪雪や荒野といった

厳しい環境の中、

必要なフルタイム4WDと、

修理がしやすい簡素な構造。








悪路でも走破出来る ワズの救急車は

ロシア人の命を救う 大切なマシーン!

この土地に 無くてはならないクルマ。


多くのロシア人の命が

ワズによって 救われています!!







ワズ2206/ハンター

ラーダ・ニーヴァは、

ロシア荒野の

国民車なのであります。







私達は、今回、

諦めきれないクルマが生産されている

現地に行くことの重要性を再確認、

そのクルマについて深く知りながら、

仕入れ、物流コストを徹底的に切り詰め、

さらに、国内では、

ショールームや広告宣伝などのコストをカットし、

好車家の皆様に

よりリーズナブルな価格でお届けしようと、

決意を新たに致しました。



| ヨーロッパ便り | 06:13 PM | comments (2) | trackback (0) |

UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
レンタカーで激走!約2500km
その3 荒野の国道一本道






モスクワを出発し、

モスクワ環状道路から

モスクワ連邦道路M5に入り、

東へ約900km先の

UAZ(ワズ)本社がある

ウリヤノフスクを目指す私達。



その2 モスクワを出発!

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4135







M5は、

最高速度ほぼ90km/hですが、

高速道路ではなく、

あくまでも国道。







スピード取り締まりや検問のため、

警察と結構な頻度で遭遇します。







そして、

こんな案山子も。

遠くからだと案外

見間違えてしまうのです。







一本道の両脇は、

荒野や森林が広がっています。







どんどん進んでいくと、

雪が降っているところもあり、

しんしんと寒くなり、

場所によってはマイナス20℃!







道路は、

意外と舗装がよく、

走りやすいのですが、

街中以外ほとんどが

片側1車線の対面通行。







せっかちなロシア人が

無茶な追い越しをするため、

油断できません。







しかも、

ちょっと横道に逸れると、

未舗装路のガタガタ道に

なってしまいます。







モスクワとは打って変わって、

高級車や輸入車は姿を消し、

走っているのは、

ほとんどがトラックとロシア車。







すると、

いましたいました、

ワズとラーダ・ニーヴァ!







いかにも、一生懸命

仕事をしている様子。







道端には、クルマを停めて、

漬物や干物、毛皮などを

売っている人をよく見掛けます。







道沿いに

トラック野郎相手の

食事処が並ぶ様は、

日本の昭和40年代の様。







たまに家があっても、

質素で古く傷んだものばかり。







モスクワの平均月収が、

日本円に換算すると10万円程度、

地方はその半分の5万円程度と聞きます。



物価も地方は確かに

モスクワの半分くらいの感覚。







地方は、旧ソ連時代と

あまり変わっていないのでしょう。



華やかな都市部との

大きな格差を感じました。



つづく



その4

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4141



| ヨーロッパ便り | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |