■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その36<br>シトロエン・グランドC4ピカソ1.6HDi<br>お気に入りのディーゼル・モデルを<br>兵庫のOさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その35<br>シトロエン2CVチャールストン<br>走行わずか約5000kmの<br>ディーラー最終モデルを<br>千葉のOさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">週末のルパルナス ナーナガトーでは<br>覚悟を決めた好車家が集まり<br>熱い商談が行われています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">こんなクルマを輸入します!<br>奇妙な様で 懐かしいデザイン<br>2017年モデル UAZ Hunter<br>ロシア製 ワズ ハンター<br>諸費用オールイン乗り出し390万円(予価)
  • 納車千本ノック2017 その1<br>シトロエンC4カクタスe-HDiフィール<br>左ハンドル セミAT<br>日本で買えないディーゼル・モデルを<br>愛知のUさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その27<br>BMWアルピナXD3ビターボ・オールラッド<br>ディーゼル 左ハンドル AT 4WD<br>クルマエリート御用達のSUVを<br>富山のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">このモデル 新車で輸入します!<br>シトロエンHトラックを現代風にアレンジ<br>Citroen Type H Reinvention<br>早速現地に飛んで 実車を確認<br>金額が判り次第 当ブログで発表!!
  • デカイのついでにコチラはいかが?<br>フォルクスワーゲン・クラフター
  • <font style="font-family: Meiryo UI">【ジュネーブ・モーターショー2017】番外編<br>フォルクスワーゲンT6で<br>ヨーロッパを激走!2500km
  • ヨーロッパ製の移動販売車両に興味あり!!
  • シトロエン味満点のワンボックス!<br>シトロエン・ジャンピー・マルチスペース<br>2.0HDiエクスクルーシブ・ロングボディ<br>ディーゼル 左 AT 8人乗り 左右スライドドア<br>ワンオーナー約12000kmの極上中古車! 価格応談
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


新車のラーダニーヴァを
諦めきれない好車家へ
旧いけど新しいクルマ
LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!







私達が ヨーロッパより

積極的に輸入をしている

ロシアの秘宝 Lada Niva。







既に75台を超えるニーヴァが

日本の好車家へ お嫁入りしました。







そんな LADA NIVA

毎日 多くの方々より

色々なお質問を承ります。







今回は

ラーダニーヴァの新車を

諦めきれない好車家へ

このクルマ

ラーダの御作法を ご紹介致します。








質問 その1 

ラーダニーヴァは壊れますか?


回答 その1 

ラーダニーヴァも壊れます!

機械は=壊れる物 と認識する事。

故障は未然に防ぐ!

これが 正しい対処法なのです。



始業点検を必ず実施。

運転する前に

オイル及び冷却水の量

エンジン本体 トランスミッション等の

オイル漏れの確認

各ベルトの張り 

各部からの異音 等

必ずチェックして下さい。

この点検だけでも

故障を未然に防げます。


始業点検を

面倒臭いと思われる方は

ラーダニーヴァを愛車にするなんて

考えない方が良いと思います。






質問 その2

どの部分が壊れますか? 


回答 その2

基本設計が1970年代故 

その時代のクルマと同じ様な

部分に気配りしましょう。

まずは電気廻り

配線各分の接点不良など

接点復活剤等を使ってメンテナンス


マイナスアースをしっかり落とす対策も

電気トラブルの予防につながります。


各部オイル滲みやオイル漏れは

新車から1000~2000キロ位走った後

ファーストチェックを必ず行い

ヘッドカバーや トランスミッション 

オイルパン等のボルトを

既定のトルクで 

しっかり締め付けしましょう!








質問 その3

慣らし運転は 必要ですか? 


回答 その3

新車より6000キロ位までは

慣らし運転を行いましょう。


無理なエンジンブレーキの使用や

エンジンを いきなり高回転で回すのでなく

しっかり暖気運転をして

徐々に 回転を上げて運転をしてください。

まめなエンジンオイル交換

トランスミッションオイル交換は

後々 愛車が滑らかに動く様になるので

オイルをマメに交換したラーダは

本当に気持ち良く走ります!


各部のアタリを付ける事が肝心

今のクルマは 

慣らし運転なんて必要が無い と

考えている方も多いのですが

ラーダニーヴァは 

慣らし運転が必要不可欠なんです! 





質問 その4

メンテナンス代はどの位掛かりますか?


回答 その4


乗り方によって 大きく変わってきますが

基本的にシンプルな構造故

大きく壊れてお金が掛かる事はありません。

壊れるより壊す方がお金は掛かります。

車輛保険だけは

必ず付帯した方が良いと思います。




質問 その5

車検や部品代は高いのですか?


回答 その5

ラーダニーヴァ だからといって

車検代が高くなる事はありません

一般的なクルマと同じ価格です。

部品代も 特別高い物ではありません。

心配無く 乗れます!!



質問 その6

メンテナンスはどちらでするのですか?


回答 その6

基本的に弊社工場で行いますが

遠隔地の方は 

近隣の工場をご紹介します。

メンテナンスに関しては

全力で出来る限り

アフターフォローを致します。





質問 その7

部品等 直ぐに入手できますか?


回答 その7

弊社では 既に75台以上のLADA NIVAを

輸入致しました。

消耗品等の部品はストックしています。

また 日本に在庫が無い場合は

弊社欧州駐在員が部品を調達

航空便で日本に送りますので

部品の入手は問題ありません。





まだまだ質問もあるかと思います。

購入申し込み時 

判らない事があれば

何なりとご質問ください。


弊社では

少ないスタッフで運営している関係で

購入等に関係のないお問い合わせに関しては

ご辞退申し上げます。

何卒 ご理解の程

宜しくお願い申し上げます。


ご注文に関するお問い合わせ等は

こちらにお電話ください!

03-3416-8547

弊社 サロン

渋谷区千駄ヶ谷2-3-4 ルソレイユ1F
株式会社 ルパルナス

ご注文に関しては



こちらのフォームより

2016 ラーダニーヴァ 新車注文

の件として、

必ず、お名前(フルネーム)、

ご住所

お電話番号を明記の上、

ご連絡をお願い申し上げます。

フルネームを頂戴出来ないお客様には、
こちらからのご返事を控えさせて頂きます。
ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


購入、試乗、車輛確認等でご来店希望の方へ

誠に恐縮ですが、

予めお電話もしくはメールにて、

ご来店の日時等をお知らせ下さい。

弊社スタッフは、毎日、全国へ、
ご納車やアフターサービスに出払っていますので、
当日のご対応等をお断りしています。
ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。




ローンをご利用希望のお客様へ

弊社では、 

関西アーバン銀行 マイカーローン

http://www.kansaiurban.co.jp/shohin/loan/mycar/pe_3_1.php

をご紹介しています。

予めオンライン、もしくはファックスにて、

お申し込みのご準備をお願い申し上げます。



メンテナンスに関して

関東地区のお客様は、

東京・世田谷の弊社工場、協力工場で実施、

遠隔地のお客様には、 

弊社取引先のディーラー、整備工場を

ご紹介致します。



パーツに関して

国内で調達が出来ない場合は、 

弊社現地駐在員、

ドイツのヒンツ

フランスのフランク

イタリアのジュリアンが、

ヨーロッパから日本へ、

FedexやDHLにて、

迅速に空輸しますのでご安心ください。


| 自動車コンシェルジュ | 03:30 PM | comments (1) | trackback (0) |

愛車ピカソのファーストメンテナンス時に代車でお借りした時の事を思い出します(^^)
クルマを転がすプリミティブな楽しさが一杯詰まってますよね!

我が家では田舎生活の実用性の誘惑が勝って「農道のポルシェ」がラーダニーバの代りに生息してますが…(^^ゞ
| ディーゼルマニア | EMAIL | URL | 2016/02/04 11:38 PM | 0507DX6A |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/3330