■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">このモデル 新車で輸入します!<br>シトロエンHトラックを現代風にアレンジ<br>Citroen Type H Reinvention<br>早速現地に飛んで 実車を確認<br>金額が判り次第 当ブログで発表!!
  • デカイのついでにコチラはいかが?<br>フォルクスワーゲン・クラフター
  • <font style="font-family: Meiryo UI">【ジュネーブ・モーターショー2017】番外編<br>フォルクスワーゲンT6で<br>ヨーロッパを激走!2500km
  • ヨーロッパ製の移動販売車両に興味あり!!
  • シトロエン味満点のワンボックス!<br>シトロエン・ジャンピー・マルチスペース<br>2.0HDiエクスクルーシブ・ロングボディ<br>ディーゼル 左 AT 8人乗り 左右スライドドア<br>ワンオーナー約12000kmの極上中古車! 価格応談
  • 納車千本ノック2017 その7<br>フォルクスワーゲン・ゴルフ<br>TSIコンフォートライン・マイスターエディション<br>右ハンドル DSG ディーラー車<br>出来の良いVW車を<br>神奈川のTさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">毎週末 渋谷の千駄ヶ谷 ナーナガトーでは・・・<br>こっそりラーダニーヴァの商談が行われています<br>70年代を感じる趣味なクルマは 本当に面白い!<br>諸費用オールイン乗り出し価格310万円</font style="font-family: Meiryo UI">
  • 納車千本ノック2017 その1<br>シトロエンC4カクタスe-HDiフィール<br>左ハンドル セミAT<br>日本で買えないディーゼル・モデルを<br>愛知のUさんに納車完了!
  • 玄人な好車家へ 知る人ぞ知る名車!<br>2017年新車 フォルクスワーゲンゴルフGTD<br>諸費用オールイン乗り出し565万円~
  • 軟弱な911よりオモロイ!<br>遂に入手 世界限定400台中の1台<br>スーパーレアモデル<br>2017年新車 ゴルフGTIクラブスポーツS<br>限定1台 諸費用オールイン乗り出し860万円
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


ただ今 全開中 その6
2007年 フランクフルト・モーターショー 最終日の巻


フェラーリやポルシェ、

ランボルギーニにアストン・マーティンなど、

ハイエンド系も精力的に回りました。。。



ハイエンドのクルマ達はエキゾチック感はあり、

動かす楽しみの他にも、

所有する楽しみや、見せる楽しみはあります。



が しかし、

今回のモーターショーは、

地球の環境を考えるECOがテーマなので、

エキゾチックなクルマ達は、

時代に全く噛み合っていませんね。



私が感じるところ、

今回のフランクフルト・ショーで、

誠実にクルマを作っている会社が評価されるように思います。



メーカー側も派手なコンセプトカーを紹介するのではなく、

実質的な開発を発表している会社に、

人々の関心はあるように思います。







さて、GMグループの

サーブやオペル等を見ました。

日本では撤退したオペル、

ドイツでも不調のようですね。。。

オペルのGT カッコいいんだけどなぁ。。。

(ユーノス・ロードスターがライバルなんだって。。。)







コルサはデザインが全くダメだし。。。

サーブは全く良いとこ無しなので写真も無し。。。







で 今日一、

すご〜く気になったのは、

シュコダのルームスター!







なかなかスタイリッシュなモノスペースです。

段違いなサイドウインドウはセンセーショナル!

クルマが好きな若い夫婦なんかに良いですね。







続いて、今日二の

ボルボのC30。







デザインに好き嫌いがあるかと思いますが

なかなかスタイリッシュな3ドアハッチバックです。







内装のデザイン、そして板状のコンソールパネルなど、

インテリジェンスなクルマなのです。

ヨーロッパスペックのTDIをマニュアルでシュッパッと乗れば、

日本で“モノのわかった中年オヤジ”になれる事、間違いなしです。

だけど、わざわざTDIを日本に持ってくる趣味人いないよな〜。。。







やっぱり良いなぁ、ランドローバー!







自分が感じたパッションを再確認!

もう一度、ディフェンダーを見たくなりました。

内装やインパネは、たまらない良さがありますね。







白洲次郎さんが、

晩年、ナロー・ポルシェに乗っていた様に、

晩年をディフェンダーと暮らすのは、ダンディな男道。

素敵です。







スズキ・ブースの前で、

スイフトとRX4のレースカーが飾ってありました。

スイフト、イイですよね。

かなりカッコ良いんで、写真撮っちゃいました。



帰りの飛行機は夜の21時、

そろそろ空港に向かうとしますか。。。



| モーターショー | 10:54 AM | comments (0) | trackback (0) |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/227