■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この色 とっても洒落てます!<br>11月納車可能<br>Fiat Panda City Cross 1.2左MT<br>諸費用オールイン乗り出し285万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">只今、発売中の雑誌「ブルータス」に<br>ロシアの秘宝 ラーダ・ニーヴァ<br>掲載されています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その46<br>懐かしいSaab 93 右ハンドルATを<br>神奈川のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その43<br>シトロエン・ベルランゴ・マルチスペース<br>ブルーHDi 100 S&S ETG6 XTR+<br>ディーゼル 左ハンドル セミAT<br>マイナーチェンジされた新型を<br>東京のSさんに納車完了!
  • 新型V250 アヴァンギャルド 4マチック190PS<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>マルコポーロ アクティビティ<br>Vito 4マチックモデル 左ハンドルモデル等<br>欧州より直輸入致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


メンテナンス・ニュース Vol.1
シトロエンC4ピカソ1.6HDiディーゼルの巻

弊社が直輸入したモデルの

実際に起きたトラブルの原因と対策について

ご報告させていただくコーナー

「メンテナンス・ニュース」



第一回は、

シトロエンC4ピカソ1.6HDiディーゼルに関してです。



【其の1 白煙対策】







先日、お客様から、

ご納車をして約1年、約30000km走行の

シトロエンC4ピカソ1.6HDiディーゼルより、

白煙が出るとご連絡をいただいたので、

お預かりしました。







早速、

弊社工場にてリフトアップをし、

車輛を確認したところ、







原因として、

エンジン・オイルパンのパッキン部分から、

オイル漏れが見つかりました。







エグゾーストのキャタライザー部分にオイルが付着、

加熱と共に白煙が出た形跡が見られました。



今回は、パッキンの交換及び清掃を施しましたが、

今後の対策として、以下をお勧めいたします。

1.ファーストチェックでの下回りの点検

2.3000Kmから5000kmでの定期的オイル交換

3.12か月点検の実施

4.20000km~30000kmでのチェック



【其の2 フューエルフィルターの詰まり】







シトロエンのディーゼル・モデルにおいて、

エンジン・チェックマークが点灯し、

エンジンが吹けなくなる現象が生じることがあります。







原因は、

シトロエンのディーゼル燃料フィルターはとても目が細かい為、

燃料に混入したゴミや錆でフィルターが詰まってしまうのです。



対策としては、

15000~20000km毎の

定期的なフューエルフィルター交換なのですが、

なるべく新しいガソリンスタンド(新装したセルフスタンド等)で

給油されることをお勧めします。

(ガソリンスタンドのタンク内の錆が原因ではないかと考えられます)



皆様もお気付きの点がございましたら、

ご一報いただけますと幸いです。

随時、メンテナンス・ニュースに掲載させていただきます。



皆様の大切な愛車、

ベストコンディションを保つため、

定期的なメンテナンスをお願いいたします。



| サービスチームからのアドバイス | 05:55 PM | comments (6) | trackback (0) |

沢庵 さん

コメントありがとうございます


1.6HDIの仲間も増えて 来週遂に40台目をご納車します

今年中には受注ベースで50台も夢ではなさそうです

使えば使うほど味わいの増すピカソディーゼル 

今後とも宜しくお願い致します
| shibuya | EMAIL | URL | 2011/10/17 10:46 PM | S9jbuWr2 |

1.6HDiエンジンのオイル量は仕様上わずか3.75L、実際には3Lでもレベルゲージの真ん中まで来ます。
オイルの入れ過ぎも発煙症状の要因になるかもしれません。

昔のディーゼル車は必要とするオイル量がかなり多かったので、その常識に囚われたところで交換する場合には、ご注意を…

我が家のピカソは まもなく お輿入れ10ヶ月、走行距離が12,000kmを超えます。絶好調で愛しさがますます増してます!
| 沢庵 | EMAIL | URL | 2011/10/15 02:52 PM | jXF8ShUo |

ひろにぃさん
kumagoroさん
けろあきさん

コメントありがとうございます

ひろにぃさん
私たちが目指しているのは お客様と腹を割って話し合え 
みんなで苦楽を楽しめるコミュニティを作りながら
諦めきれないクルマを世界各国から輸入して
最終的にそのクルマで皆さんが
各々の人生を楽しめれば最高! ってな事がしたいんです

10万人に1人で良いから 同じ周波数で付き合える仲間を集めたいのです!

kumagoroさん
先日はありがとうございました シトロエンC4ピカソで沢山の思い出を
作って下さい
私達は出来る限りのことをするつもりです 何か有りましたらいつでも
私の携帯電話にお電話下さい 宜しくです


けろあきさん
鋭い! ご指摘の通りけろあきさんのピカソです
24日に向けて納車の準備進めています
楽しみにお待ちください
宜しくです!!
| shibuya | EMAIL | URL | 2011/10/11 11:29 PM | hnqTRDLU |

こういう情報を的確に流していただければ助かります。
機械なんで多少のトラブルは覚悟してますけど
予備知識の有無で、いざ!という時に気の持ちようが変わりますし。

ウチのコは、やっとこさ2000km超えたとこです。
少しづつ馴染んできたようで、乗る度に印象が良くなってきてます♪
| ひろにぃ | EMAIL | URL | 2011/10/11 12:20 PM | dqLN4AEI |

お世話になってます。
こうやって情報いただけると、とても助かります!

我が家のピカソも走行2200kmとなりました。
もう少ししたらファーストチェックお願いします。
| kumagoro | EMAIL | URL | 2011/10/11 12:15 AM | zjh54Iwo |

あっ、
右ハンドルのグリフェール!
も、もしや?
| けろあき | EMAIL | URL | 2011/10/10 09:37 PM | 8eux0/TQ |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/1687