お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<前月 2020年04月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


パンダ保護計画!

お久しぶりです。

まずは、皆様にお知らせです。
3月の年度末から4月にかけて、現在店舗改装中です。
既に新車販売及び中古車販売に関しては、新たなシリーズを加えて皆様にサービスを開始致しました。

パーツ販売やアクセサリー等の販売も順次開始致しますので、もう少々お待ち下さい。

さてさて、今回は社員のたわいのない会話から。。。

最近のクルマは大きくなり過ぎですよね。特に車幅。
5ナンバーサイズのヨーロッパ車が、ホント、少なくなりました。

一方、中古車市場を見るとサイズの問題は解決しますが、愛情を持って、お金を掛けるべきクルマが意外と無い。
例えばゴルフ3やプジョー306、シトロエンZX。
新たに中古車を探して、大枚をはたいて直す気にはナカナカなれません。

じゃあと、シトロエンBXなんか良いかなと思いますが、さすがに、もうタマがありませんね。

と、考えをめぐらせた時に行き着くのは、やっぱりパンダです。


今なら、まだ何とか、磨けば光る個体が残っています。
逆に言うと、今が最後のチャンスしれません!

前のトピックのコメントにあるように120万円も出せば、良い個体に仕上がるでしょう。
もう少しパンダを生き永らえさせてあげたいです。



パンダとの等身大の清々しい生活!

パルナスではパンダをプッシュしていきたいと思います。

ご賛同頂ける方は、是非、ご連絡を下さい!

「パルナス仕上げ」「パルナス・クオリティ」を試してみたい方、
他の車種でも構いません!連絡してみて下さい。ご相談にお乗りします。
まだまだクルマを諦めずに頑張って行きたいと思います。


| 待ってちゃ買えない、いいクルマ!? | 08:29 PM | comments (2) | trackback (0) |



dan さん

コメントありがとうございます。

ゴルフ2 ジェッタ2 に乗っていらっしゃったんですね。
80年代まっしぐらといったところですね。


私は、
最近 あらためて思うのですが、

クルマが面白くなかったら 本当につまらないと。。。


そして 今 また
なぜにパンダかと言えば、

やはり 痛快! 面白さ 丸かじり、

そして その感覚が ”パンダ操縦可能の運転手独り占め”
だからなのです。

具体的には

マニュアルシフトで小さなエンジンを自分で動かす。

それは まさに感覚研ぎ澄まして人馬一体となる基本中の基本。


曲がる 止る そして 飛ばす。

この要素の基本を、忠実に再現してくれるクルマ、

それがパンダ だと思うのです。


原作者イタリア人は 悔しいかな、やはりクルマを楽しんでいるようですね。

私も 状態の良い初代パンダがある限り、

皆さんに ご紹介していきたいと思いまので、

皆さんも  パンダ 操縦資格を取得して

自家用Panda  所有してください。


よろしく どーぞ
| shibuya | EMAIL | URL | 2007/04/07 10:07 AM | Y6HQz5II |

いつも楽しくブログを拝見させてもらっております。
過去にゴルフ2ディーゼル、ジェッタ2と乗り継いできましたが、ホント最近はヨーロッパ車の5ナンバーはちまたにはありませんね。そこでパンダという選択はいままで僕にはありませんでした、、、。でも、クルマはこれでいいのよ!といいながら走る。これ素晴らしいです。パンダ、考えますねぇ。
クルマの売れ行きが落ち込んでいるようですが、ルパルナスさんにはたくさんの渋いおもしろいクルマがあるではないか!!と僕は言いたいのです。
そしてブログの写真は、ヨーロッパの日常を写しだしていていつも飽きません。
これからも楽しませてください。
| dan | EMAIL | URL | 2007/04/07 07:42 AM | dJrCL24g |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/166