諦めきれないクルマを世界からお取り寄せ。LEPARNASS
千駄ヶ谷、ハーブとお菓子のお店。Nana Gateaux ナーナガトゥー
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2018年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">クルマエリートモデル</font><br>2018年新車 今年8月納車可能 限定1台<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア オーシャン<br>2.0TDI EDITION 2Motion 204PS<br>ディーゼル左ハンドルDSG4人乗り<br>諸費用オールイン乗り出し価格1060万円
  • 今度のビートルはカブリオレがカッコよし!<br>フォルクスワーゲン・ザ・ビートル・カブリオレ<br>諸費用オールイン乗り出し320万円〜
  • 納車千本ノック 2013年納車の旅 その80<br>福岡のS.B.T柴田さんに<br>ルノー・グラン・カングー1.5dCi<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 7人乗り<br>納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型シトロエン・ベルランゴ発表!<br>ロングホイールベース追加で<br>ルノー・グラン・カングーとガチンコ勝負だ!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新しいハイドロ?に乗ってみたい!<br>ビッグマイナーチェンジされた<br>新型シトロエンC4カクタス<br>諸費用オールイン乗り出し価格380万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018その3<br>クルマダンディ御用達<br>フォルクスワーゲン ゴルフGTD<br>2.0TDI マニュアルミッション英国仕様<br>ディーゼル 右ハンドルを<br>福山のN先生に納車完了!
  • 本日はマセラティ三昧
  • ビッグホーン乗りに朗報!<br>欲しい人 この指と~まれ!<br>いすゞD-MAX ピックアップトラック<br>いすゞmu-X SUV<br>2014年モデル新車を直輸入開始!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その78<br>シトロエンC4カクタス<br>BlueHDi 100 S&Sシャイン<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル<br>ヨーロッパで人気の現地仕様を<br>京都のOさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">コアなクルマ シトロエンC4カクタスに<br>マイナーチェンジ版が登場!<br>まずはMTモデルより市場に投入!<br>私達はいち早く輸入販売開始します!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">たのしいロンドン ゆかいなロンドン<br> <i>London London♪♪</i><br>ロンドンタクシーがやってきた!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この仕様が欲しかった! という好車家に朗報<br>フォルクスワーゲンT6 Reimo TrioStyle<br>7人乗り 204PS 4Motion ロングボディ<br>右ハンドル 左スライドドア 輸入販売開始!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">諦めきれない新車在庫情報!</font><br>お急ぎの方へ今スグ納車可能!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


諦めきれないクルマとポートエレン 前編





ジウジアローさんがデザインした 初代パンダ は

イタリアの庶民のためにフィアット社が作った名作







高級という言葉にはまったく縁が無いクルマですが

クルマの面白さと 時代や文化を五感で感じさせる

クルマを諦めきれない人々永遠のベーシックモデル






今 乗っても クルマって面白いなぁ・・・

ダイレクトに感じさせてくれます





2003年モデルのこの車両

Fiat Panda Young の限定車 COLLEGE






走行距離 37000Km 車検23年12月まで付いています

2003年 私が新車で輸入し 当社のお客様がお二人所有され

また 私の手元に戻ってきました





ナルディのステアリングにATSのホイール(前オーナー I氏が取り付けました)

ビタローニのサイドミラーが庶民なクルマを感じさせない演出に

イタリア・自動車文化の深さを感じます







クルマを諦めそうになっている方 やっぱり諦めきれない方

もう一度 パンダに乗って

1970年代にアジャストしてみませんか?

(11000Km走行 シルバーメタリックのホビーも持ってます 車検2年付き)

ぶっ込み135万円で 70年代にひとっ飛び出来るパンダ

ポートエレンの2nd リリース1978年も1本 差し上げましょう!



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E5%B3%B6




買うぞ! と思われた方

03-3416-8547 担当  渋谷 まで

メールの方は 以下のフォームより



ポートエレン2ndリリース付き ぶっ込みパンダ の件   


として 御連絡を下さい

最終最後まで クルマ 諦めずに楽しみましょう!!


T5 California からお送りしています  70年代ひとっ飛び!



| 自動車コンシェルジュ | 11:36 PM | comments (5) | trackback (0) |

秋田のSさん

どうもです!

ニューパンダ4X4 いいですよねぇ〜

次期戦闘機 ラーダニーバ

雪の中を走り回っちゃってください!!
よろしくです
| shibuya | EMAIL | URL | 2010/06/02 11:08 AM | Kd0lApSo |

秋田のSさん>

コメント頂き有り難うございます。
100HPも良いですよね〜!
是非とも一度乗ってみたいものです。

LADA NIVAのご納車時にでも.....(笑)

LADA NIVAは新車で買える最後のクルマらしいクルマじゃないでしょうか?
当社シブヤも
”趣向性の高いクルマは 考えずに買うべきなのだ 芸は身を助けると思って自分に投資するべし”
と言っている様にメンテナンスの事やその他諸々の事は先に考えずに(と言っても最新LADA NIVAはBOSCHパーツをふんだんに使用しているので問題はございませんが....)買っちゃってくださ〜い。

ご注文お待ちしております(笑)
| OKU | EMAIL | URL | 2010/06/01 08:47 PM | Cn/Y0r56 |

パンダの100HPに乗っている秋田のSと申します。なぜこれに乗っているかと言うと、前の300CEでは冬道が怖い土地に就職したもので、4WDでマニュアルというお願いを渋谷さんにしましたが、FFも含めて提案があり、FFならパンダという皆さんからの刷り込みが効いて、ど田舎なので修理の可能性の低い新車を考えました。


ちょうど盛岡のディーラーに100HPの在庫があると言うので飛びついてしまいましたが、これがおもしろいのなんの。高速では矢のように直進し、ワインディングではすいすい。燃費は最高でリッター22kmです。普通に走って16〜17km、プリウスいらず。


OKUさんにも同型車に乗ってコメントしてほしいなと思っています。難点はもともと商用車として設計されたこともあって少々背が高いことくらいですかね。その代わり後席の背もたれを倒すと収容力抜群です。


先代のパンダを私は知りませんがきっとこのような味付けなのでしょうね。次はラーダニーヴァを狙っています。
| 秋田のS | EMAIL | URL | 2010/06/01 04:51 PM | DIOP4Mhg |

かに大さん>

私はポートエレンは必要ないですが(苦笑)
コメントには同感です!

最近の私のパンダはサーフトランスポーターになりつつありますが、必要にして十分+クルマの楽しさを味わえる、ある種最後のクルマなのかもしれませんね。
| OKU | EMAIL | URL | 2010/05/31 11:55 PM | Cn/Y0r56 |

あのー。ポートエレンだけ下さい。

冗談は抜きにして同型同色パンダオーナーより

週末千葉へパンダでマルイカ釣りに行った私です。
クーラーボックスなども後のシートを倒せば巨大空間完成で、まったく問題ないですし、道中も一人で館山道をぶっ飛ばす快感&感覚は現代の他の車では味わいがたいと思いました。

雨の日の高速も安心で楽しめました。(タイヤハウスの音がウルサイけど)
だって一生懸命飛ばしている感覚は他のクルマと同じでも速度は100km!

そう意味では、現代の安全と言われる車達はボディがでかくて重くて、それを何とかしようと電子デバイスで無理をしていて・・・。

それがある意味では技術の発展であることは否定しないけど、人間の感覚の製品化という点では、本当にそれで良いのかなぁ・・・。大きい箱の車に守って貰っているという感覚なのか廻りに気遣いしないトライバーも増えている気がするし・・・。

パンダはクルマとして決して劣っていないと思います。寧ろ人間近い部分では優れている所もある。勿論人を選びますが・・・。

ただ、このクルマの難点は私の場合クラッチとブレーキを同時に踏んじゃうことがあることかなぁ・・・。勿論足が大きい人に限りますが・・・。
| かに目大仏 | EMAIL | URL | 2010/05/31 04:50 PM | PZsJBB8c |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/1234