お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<前月 2023年02月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. カタログがダウンロード可能❗️
    イネオス・グレナディア
    Ineos Grenadier
    関連過去記事まとめ
    (855)
  2. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (630)
  3. 諦めきれない新車在庫情報!
    お急ぎの方へ今スグ納車可能!
    (592)
  4. フォルクスワーゲンT7/T6.1/T6/T5/T4
    Volkswagen T7/T6.1/T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (298)
  5. UAZ(ワズ)2206
    ジュビリー60thエディション
    日本直輸入1号機ロールアウト!
    ハンター2台と共に2018年12月日本上陸済
    九州Sさん、埼玉Kさん、東京Sさんに
    ご納車しました❗️
    (282)
  6. ラーダ・ニーヴァ
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (279)
  7. 🉐速報 日本での直輸入価格発表❗️
    オフロードのスポーツカー
    新型フォード・ブロンコ‼️
    4ドア V6 ATベースモデルが650万円より
    (269)
  8. 7人乗りロングボディ 観音開き
    ルノー・グラン・カングー
    状態の良い中古車!
    諸費用オールイン228万円~
    (246)
  9. 納車千本ノック2023 その2
    シトロエンCX25TGIサファリ
    右ハンドル AT 5人乗り
    大阪のA社さんに納車完了❗️
    (245)
  10. ルパルナス トレジャーハンター事業部
    パンダ保護センター
    チンクエチェント系空冷エンジン搭載❗️
    フィアット・パンダ30
    1983年 約36500km ワンオーナー
    諸費用消費税オールイン乗り出し350万円
    (244)
■RECENT COMMENTS■
  • 今、密かなブーム!<br>シトロエンC4カクタス<br>BlueHDi 100フレア EAT6<br>後期型の6速フルAT<br>日本上陸!
  • ルパルナス現地駐在員の<br>ヨーロッパ便り ドイツ編<br>電気自動車スマートEQフォーツー
  • シトロエン・タイプH/タイプHG/フルゴネット<br>Citroen Type H / Type HG / Fourgonnette<br>関連過去記事まとめ
  • 絶賛販売中❗️<br>7人乗れるロングボディ<br>スライドドア付ミニバン<br>シトロエン・ベルランゴXL<br>プジョー・リフター・ロング<br>2021年モデル 右&左ハンドル<br>諸費用オールイン価格388万円〜
  • エージェントOの<br>ヨーロッパ出張日記 その3
  • お待たせ致しました!<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>2017年右ハンドル 新車 発売開始!<br>諸費用オールイン乗り出し970万円
  • ポンドが安いぞ!今が買い!<br>ランドローバー・ディフェンダー110<br>諸費用オールイン610万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2022 その54<br>ルノー・グラン・カングー1.5dCi<br>ディーゼル 左 マニュアル 7人乗り<br>栃木のYさんに納車完了!
  • モチュールオイルとグリーンフィルターを投入しました。
  • ロシア製は輸入禁止になりましたが……<br>某国製UAZ(ワズ)ガンガン直輸入します❗️<br>ワズ・ハンター 新車 2022年モデル<br>諸費用消費税オールイン乗り出し410万円
  • まるでクラシック・ディフェンダーの再来!<br>ランドローバー・マニアが作るSUV<br>イネオス・グレナディア<br>2021年発売 直輸入販売致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


クリエイティブな力は 使っている道具から生まれる。

昨日 京都で越田先生に 写真の撮り方を教えて頂きました。

心に触れる写真を撮影するには、
想像力や洞察力が 瞬時に要求されます。
写真を撮るという事に 奥の深さ を感じました。





私は ニコンD200 を愛機として使っていますが、
クリエイティブな力を養う為にも フルサイズのNikon が 欲しくなってしまった・・・
カメラもクルマも やはり道具選びは大切ですね!!



さて 先日 ぶっ込みシリーズ Volvo V40 をスタッフカーに選んで頂いたKi先生。

しぶやく〜ん ミニだと腰が痛くなっちゃうんで ルノー5バカラにしたいんだけど、
ちょっと旧いし、 何かイイクルマ ないかなぁ・・・

と 御相談を受けました。


このお話を頂いた時、 私がピ〜ンと来たクルマは・・・
シトロエンC2 でした。

早速 USS東京に出向いて 具合の良いC2を探しゲットしました。

自らがオークション場に行って しっかりクルマをチェックし
手に入れましたが、 やはり 自動車屋は 自分の目でクルマを確認して
手に入れなければ 一人前とは 言えません。

生きているクルマは 絶対にパソコンで買ってはいけないのです。




さて 本日は 絵画館前の銀杏並木で Ki先生にCitroen C2VTRを
観て頂きました。





しぶやくん イイじゃないコレ!

奥様も

私 ミニより好きかも!!

と フォロ〜の風が吹いてきて、 流れが良い感じです。




同席していた 先輩のふじおか君
乗ってきたべスパ が 何気にカッコいい!

わざわざこの色にオールペイントして カスタマイズしたべスパとの事で
ここでも 日頃使う道具は 大切なのだと思ったのでありました。



皇居のそばにあるKi先生の サードハウスに伺って
先生の作品を拝見しました。

こんなに暖かく和む 素敵で素晴らしい空間を クリエイトするって、
豊かな心 と 想像力が必要不可欠なんだなぁ と
思いました。




Ki先生が クルマの中で 作品を創造する・・・
そんなシーンを思い浮かべながら
Ki先生のクルマ選びをさせて頂き、私は自動車屋冥利に尽きたと同時に、
道具選びは 本当に大切なのだ と 思ったのでありました。





| 自動車コンシェルジュ | 01:06 PM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/1036