■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ベンジャミンも び~っくり<br>ダチア ドッカー ピックアップ<br>驚きの 諸費用オールイン乗り出し200万円から
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この色 とっても洒落てます!<br>11月納車可能<br>Fiat Panda City Cross 1.2左MT<br>諸費用オールイン乗り出し285万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">只今、発売中の雑誌「ブルータス」に<br>ロシアの秘宝 ラーダ・ニーヴァ<br>掲載されています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その46<br>懐かしいSaab 93 右ハンドルATを<br>神奈川のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その43<br>シトロエン・ベルランゴ・マルチスペース<br>ブルーHDi 100 S&S ETG6 XTR+<br>ディーゼル 左ハンドル セミAT<br>マイナーチェンジされた新型を<br>東京のSさんに納車完了!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


La Bella Vita !
イタリア通信 Day 7
~グロッセートの自動車達~


曇り空のグロッセート







年に1度、来れるか来れないかのヨーロッパ



出来るだけイタリアの都市部ではない

ローカル地域の自動車事情を集めるべく

本日もグロッセートをパトロール。







都市部では比較的多いスクーター







グロッセートでは比較的少なめ。







こちらもイタリアでは見かける機会の少ない

シトロエン・プルリエール







綺麗に扱われているようだったので

多分、好きモノが所有していると思われる。

撮影場所は自動車修理工場が隣接する地域。



赤十字病院の

ランドローバー・ディフェンダー







前席と後部が仕切られているゴト車仕様。

グロッセートではディフェンダーを始め

比較的多くのランドローバー社の車を見かける。







数年前と比べると 減ってきた気がする

フォード・トランジット・コネクト







それに替わって増えているのが

フィアット・ フィオリーノや

シトロエン・ネモ







パッセンジャー・モデルの

フィアット・クーボも

かなりの台数が生息中。







どうやら、パンダでは少し小さい

と考えている層に人気がある模様。







結構、キビキビ走る

シトロエンC3ピカソは

イタリア人のハートを掴んだのか?

只今、増殖中。







見た目のイメージと違い

C3ピカソは本当にお薦めです。



経年劣化が哀愁を漂わせる男の背中の様で美しい







80年代のゴト車も未だ現役。







イタリアでもやはり人気の

アウディA1







日本とは違い

カラーはホワイトが人気のよう。







こうやってローカルタウンを歩き







地域の人々の生活の中から

必要とされている車を見ると







まだまだイケてる車、沢山あります。



| ヨーロッパ便り | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0) |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/2915