■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この色 とっても洒落てます!<br>11月納車可能<br>Fiat Panda City Cross 1.2左MT<br>諸費用オールイン乗り出し285万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">只今、発売中の雑誌「ブルータス」に<br>ロシアの秘宝 ラーダ・ニーヴァ<br>掲載されています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その46<br>懐かしいSaab 93 右ハンドルATを<br>神奈川のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その43<br>シトロエン・ベルランゴ・マルチスペース<br>ブルーHDi 100 S&S ETG6 XTR+<br>ディーゼル 左ハンドル セミAT<br>マイナーチェンジされた新型を<br>東京のSさんに納車完了!
  • 新型V250 アヴァンギャルド 4マチック190PS<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>マルコポーロ アクティビティ<br>Vito 4マチックモデル 左ハンドルモデル等<br>欧州より直輸入致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


納車千本ノック 2013年納車の旅 その63
愛知のKさんに
ランドローバー・ディフェンダー110XS
右ハンドル 英国仕様を納車完了!






ルパルナス名古屋支社レポート、

今回は、

愛知のKさんに、

ランドローバー・ディフェンダー110XS

を納車いたしました!

って、先月もそんなこと言ってたような?







弊社が納車したディフェンダー。

今年になって既に15台目、

累計50台に達しようかという人気っぷり。







来年2014年に、

一般仕様の生産が終了してしまうため、

駆け込み需要となっているのでしょう。







好車家はなぜ、

ディフェンダーに

惹かれてしまうのでしょうか?







最新型のクルマに比べれば……



ボディは波打ち、

接着剤等の仕上がりは昔のまま、

ボルトはむき出しなので、錆が付きます。







ドアの閉まりは、決して良くありません。

クラッチが重いのも、同じく昔のクルマ。

当然の如く、シフトチェンジも慣れが必要です。







ハンドルはキレません。

車内は、エンジン音やメカニカル音の大合唱。

トップスピードは、145Km/hしか出ません。







そんなディフェンダーなのですが、

好車家は、

うまく動かせた時は嬉して、

いつの間にか

恋しくなってしまうのです。







日本車だけでなく、

世界中のクルマが、

便利で快適で楽ちんになりました。







だからこそ、

わざわざ何もない自然へキャンプに出掛けるように、

素朴なクルマの運転を純粋に楽しみたいのです。







1948年に誕生したシリーズIから

基本的に変わらない、

こんなクルマ、他にありません。







さて、

またまたやってまいりました、

尾張小牧陸事。







ナンバーを取得したら、

洗車をし、

軽油を補給して、

ETCをセットアップ。







無事、

Kさん宅にお届けしました。



以前はランクル70に乗られていたKさん。

四角いクルマが欲しかったそうで、

「こんなの国産にないでしょ」



車輌の説明をした際、

不便な点を申し上げると、

「そのうち慣れるでしょ」



Kさん、ありがとうございました。

気に入って長く乗っていただけるといいなあ。







ランドローバー・ディフェンダー

英国仕様は、



90XS+ウインターパッケージ

諸費用オールイン乗り出し価格

595万円


110XS+ウインターパッケージ

諸費用オールイン乗り出し価格

635万円



この希少種、

間もなく最終となりますので、

ご注文はお早めにどうぞ。



ご購入希望の好車家の方、

こちらにご連絡をお願い申し上げます。

03-3416-8547

もしくは以下のフォームから、



ランドローバー・ディフェンダー

の件として御連絡ください。



| 納車千本ノック! | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |