お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<前月 2020年07月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">メルセデス・ベンツGクラス/ゲレンデヴァーゲン<br>Mercedes-Benz G Class/Gelandewagen<br>関連過去記事まとめ
  • ディープな好車家へ<br> <font color="red">このモデル<br>乗らずして<br>散るデべからず</font><br> ランチア テージス2.4 20V マニュアルMT<br> 諸費用オールイン320万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 台湾のクルマ事情
  • フォルクスワーゲン・グランドカリフォルニア<br>Volkswagen Grand Califonia<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


雪道は楽しい!

こんにちは、福島のabeです。





早いものでもう2月の中旬になってしまいました。






青森の友人たちからは「無理」、「遭難する」と温かい言葉をいただきましたが、

毎日元気に走り回っています。







そして、新たな発見がありました。






ESPが付いているといってもそこは所詮FR、限界はたかが知れています。

直線でもカーブでもアクセルを無雑作に踏み込めば、あっさりとリアタイヤは

グリップを失います。








ただ、何度も走っているうちにどのような場面(圧雪なのか、シャーベット状なの
か、アイスバーンなのかなど)

でどのようにリアが滑りだすかがわかるようになり、またフロントはしっかり

残っているので、それを知ってしまえばクルマの限界の中で走るのが楽しくなりま
す。

(勿論「飛ばす」ようなことは出来ませんが、クルマの流れに付いて走ることは可能
です)。

ESPが点灯するような場合でも隣に座っているおねーちゃんはまったく

怖い思いをしませんでした。





何より楽しいのはクルマと「対話」しながら走る事が出来ることです。





昔、カーグラでVOLVOのエンジニアが「なぜ940はFRなのか」と

質問を受け、「そのほうが雪道が安心して走れるから」と答えていましたが、

電子制御が無かった時代、コントロールを失った場合、たしかにFRのほうが

パニックに成る可能性は低いと思います。






雪上ではトラクションコントロールより、

セルフコントロールが大事だと

つくづく感じました。



あちこちで雪だまりに突っ込んでいるクルマを見かけますが、

FFや4WDも関係なく

転がっています。

雪道ではくれぐれも安全運転を!





| 待ってちゃ買えない、いいクルマ!? | 11:40 PM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/1459