お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<前月 2019年05月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター<br>UAZ 2206/Hunter<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">日本に上陸済!<br>いすゞMU-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく<br>諸費用オールイン乗り出し495万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワーゲンバスみたいなレトロで新しいトレーラー<br>DUB-BOX 3号機 リフトアップルーフ<br>ケータリングなど移動販売車のインテリアが完成!<br>東京・千駄ヶ谷のナーナ・ガトーにて展示中!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018 その52<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>オーシャン2.0TDI 4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り<br>スーパーカーコレクターも愛用のキャンピングカーを<br>東京のN先生に納車完了!
  • シトロエン2CV/メアリ<br>Citroen 2CV/Mehari<br>関連過去記事まとめ
  • いすゞD-MAX/mu-X<br>Isuzu D-MAX/mu-X<br>関連過去記事まとめ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


モナコ的価値観

 
モンテカルロ通信イメージ
モンテカルロ通信タイトル
ル・パルナス・モンテカルロ特派員の「Kimi」がお届けする
モンテカルロやニース、ミラノやローマなどの「ヨーロッパ・生活の情報」を定期的にお届け致します。
ヨーロッパのステキなクルマ達はもちろん、生活に根付いたヨーロッパ文化、ファッション情報などなど・・・・
幅広くお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!!


ヨット編 その1

モナコの住民だからといって、みんながみんなお金持ちかというと、とんでもない間違い。
ごく普通の生活を営むごく普通の人々もたくさんいるわけで、…というか、日中町で見かける人々のほとんどは普通の人!といっても良いかもしれない。
むしろ働かずに、いや働く必要がなくまっ昼間からセーリングにいそしむヤカラこそ、皆さんが想像する「モナコの人」といえるのでしょう。
フランスに囲まれている国ではあるけど、ボートのオーナーは殆どがフランス人以外の外国人。イギリス人、ドイツ人、ロシア人、イタリア人、スイス人、そして中近東系の人々…。そして登録されている旗の国籍は英国領のタックスフリーの領土。ちなみにそれらの領土はTax heavenと呼ばれております。お金のある人はある人なりの悩み(?)がある様です。

ボートにもあるモデルチェンジ!さて、そのヨットにも数年おきにモデルチェンジがあり、ボディーのシェイプが変わったり、窓の形が変わったりします。それは遠目に見てもあからさまに分かる変化で、洋上ですれ違う時などちょっとした優越感や敗北感を味わったりします。
毎年モナコで開かれるヨットショーでは、ニューモデルのお披露目があります。ある程度のお値段のものになると、あらかじめ選ばれたお客様に招待状が送られ、極上のシャンペンで迎えられます。一般の入場者はお金を払って入っても、そういったボートには入れてもらえず悔しい思いをする事もあります。

モンテカルロ通信


| ヨーロッパ便り | 09:08 PM | comments (0) | trackback (0) |



ピンコ!

 
モンテカルロ通信イメージ
モンテカルロ通信タイトル
ル・パルナス・モンテカルロ特派員の「Kimi」がお届けする
モンテカルロやニース、ミラノやローマなどの「ヨーロッパ・生活の情報」を定期的にお届け致します。
ヨーロッパのステキなクルマ達はもちろん、生活に根付いたヨーロッパ文化、ファッション情報などなど・・・・
幅広くお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!!


第3回

モナコに拠点を置く利点のひとつとして、フランスとイタリアへの簡単なアクセスがあげられる。買い物は比較的イタリアが安い。たとえばアメリカの物を買いたいときは、イタリアで買ったほうが断然安くなる。フランスのものでも、イタリア向けに売られているものは若干安く設定してある。それからタバコはイタリアがかなり安い。両国のボーダーのイタリア側にある日曜日でも開いている某スーパーは、食品やタバコを買いにくるフランス人とモナコの住人が大半を占めている。

PINKOバッグ

最近イタリアの若者の中でかなりの支持を受けている「ピンコ」というブランドがある。
2年ほど前からモナコのセレクトショップでも売られるようになり、いまではパリやニースのギャラリーラファイエットにも入っている。ブランド的にはそんなに新しいブランドではないのだが、ここから出ているピンコバックがティーンエイジャーの中で爆発的にヒットし、一時は5人に一人は持っているんじゃない?っていうくらい、売れまくっていた。
洋服は少し高めなので、若者には手がとどかない(?)感は確かにあると思う。
実際ピンコのターゲットはティーンエイジャーではないのだから仕方ない。
あのスーパーモデルのナオミキャンベルがイメージガールですからね…。
去年はピンクパンサーの権利を買い、T-シャツやバックにふんだんに使われていた。
そのT-シャツも日本円で1万5千円位だったと思う。(残念なことに、今のところ日本では買えませんが…)
グットニュースは、来シーズンからはまたピンコバックが復活するとの事。
情報が入り次第お知らせします。お楽しみに。

PINKOバッグ PINKOバッグ

それから、最近凝っているのはイタリアワイン。
フランスのワインのように安定性はないが、当たるとはまる。
特にイタリアの赤ワインの王様のバローロは一度飲んだら病み付きになる。
ブルゴーニュやボルドーとは比較できない。というか別物と思ったほうが正解。
トリフォの採れる秋にこの地を訪れ、バローロで乾杯!
あぁなんて贅沢。

モンテカルロ通信


| ヨーロッパ便り | 08:42 PM | comments (0) | trackback (2) |



うわさの中華レストラン

 
モンテカルロ通信イメージ
モンテカルロ通信タイトル
ル・パルナス・モンテカルロ特派員の「Kimi」がお届けする
モンテカルロやニース、ミラノやローマなどの「ヨーロッパ・生活の情報」を定期的にお届け致します。
ヨーロッパのステキなクルマ達はもちろん、生活に根付いたヨーロッパ文化、ファッション情報などなど・・・・
幅広くお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!!


第2回

どう見ても二人分ある一人分のトロペジアンヌを3人とも短時間で見事に食べきり、次の目的地、カンヌに向かう。勿論、お買い物に決まっている。

カンヌの街は、冬のセールがまだ続いている。にもかかわらず、気に入ったものはすべて春もの…。たちまち両手は大きな紙袋でいっぱいになり、とりあえず一旦荷物を入れにパーキングに戻る。「ほーら、便利でしょ。こんな時。」勝ち誇った顔でカードキーについているリモコンでドアを開けるのは、今回この車を借りたkさん。

カンヌの街を隅から隅まで歩きつくし、買いたいものも見たいものもなくなっても尚、私たちをこんなにも歩かせるのは、7時に予約をとっている、カンヌで一番美味しいとうわさの中華レストランのせい。
「どうしよう、おなか空いてない」「私も…」「ええー私はもう大丈夫。食べられるよ!」
「うそでしょー。」と二人。
結局、5分前にお店に到着してしまった。お店に入ると、シェフと従業員はまだ食事中。
「あっ、ごめんなさい。まだ食べてます。」「いいですよ、待ってますから…。」
お茶だけだしてもらい、開店を待つ。
彼らは、ラッキーだ。もし私たちが超腹ペコ状態で到着していたら、即、私たちのお食事リストから抹消されていただろう…。と、その時まではとっても高飛車な私たちだった。

本日のオーダーは、まずは餃子。フランスで食べる初めての餃子。
しょっぱなから写真を撮るのを忘れ、食べることに没頭する。
おいしい。すごく美味しい。とっても美味しい!!!!このタレ絶妙。
続いては、海老チリ、鳥のから揚げにピリ辛のソースがかかったもの、そしてそして、
ハイライトのピリ辛麺。ううううん。幸せ。昨日からオーダーしておいた甲斐あり。
「あっ、また写真忘れて食べちゃった!。」

ここのシェフは上海出身の中国人。
「このピリ辛麺は、やっぱり前もって予約しなくちゃだめなの?」という質問に、
「予約をしてもらっても、この手打ちの麺は10分まえに打ち出すんです。ただ段取りとして前もって知ってると待ち時間は短くなりますよ。餃子の皮も10分前に作りますよ。」

悪いけどこの店だけは、だれにも教えたくない。ヒントはシェフは高さん。


| ヨーロッパ便り | 05:52 PM | comments (1) | trackback (0) |