お問い合わせ
■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2018年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァを<br>お乗りになっているお客様にお知らせ!
  • 納車千本ノック2016 その33<br>いすゞmu-X ミューエックス<br>ディーゼル 右ハンドル AT 7人乗り<br>ピックアップトラックD-MAXベースのSUVを<br>福井のN・A社に納車完了!
  • 過去モデル・カタログ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">イタリア高級セダンの完成形<br>ランチア・テージス2.4JTD<br>ディーゼル 左ハンドル AT<br>諸費用オールイン乗り出し価格238万円
  • 今度のビートルはカブリオレがカッコよし!<br>フォルクスワーゲン・ザ・ビートル・カブリオレ<br>諸費用オールイン乗り出し320万円〜
  • 納車千本ノック 2013年納車の旅 その80<br>福岡のS.B.T柴田さんに<br>ルノー・グラン・カングー1.5dCi<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 7人乗り<br>納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型シトロエン・ベルランゴ発表!<br>ロングホイールベース追加で<br>ルノー・グラン・カングーとガチンコ勝負だ!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新しいハイドロ?に乗ってみたい!<br>ビッグマイナーチェンジされた<br>新型シトロエンC4カクタス<br>諸費用オールイン乗り出し価格380万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018その3<br>クルマダンディ御用達<br>フォルクスワーゲン ゴルフGTD<br>2.0TDI マニュアルミッション英国仕様<br>ディーゼル 右ハンドルを<br>福山のN先生に納車完了!
  • 本日はマセラティ三昧
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


スティーブ・マックィーンの如く
アメリカンV8をマニュアルで操る!
フォード・マスタング・ブリット
2019年限定モデル 新車
左右ハンドル選べます
諸費用オールイン乗り出し価格790万円






映画『ブリット』劇中で、

スティーブ・マックィーンが乗る







マスタングをモチーフにした

2019年限定モデル、

フォード・マスタング・ブリット








2018年の

デトロイト・モーターショーと

ジュネーブ・モーターショーで発表









ジュネーブショーでは

我々自ら現車を確認


http://blog.le-parnass.com/index.php?e=3942








このモデルを輸入したい!

と考えていたところ

この度、価格が発表され

予約注文受付が

開始されました!







このモデルの特徴は、

ハイランドグリーンメタリック

もしくは、

シャドウブラック

のボディカラー







トルクスラスト風の

アルミホイール







レカロ製

レザーバケットシート







マスタングGTに搭載されている

5リッターV8をベースに、

465PSにチューンナップされた

エンジン







それを、

マニュアル・トランスミッション

で操る!







我々 ルパルナスは、

ヨーロッパ仕様の

左ハンドル、km/hメーター

英国仕様の

右ハンドル、mphメーター

を直輸入します!



どちらも

諸費用オールイン乗り出し価格

790万円







かなり良さげな

NEWマスタングですが、

フォード・ジャパン撤退のため、

ディーラーでは買えません。







どうせ買うなら、

2001年と2008年にも発売され、

コレクターズアイテムとなっている

伝統の限定車はいかがでしょう?









購入ご希望の方はこちらまで

03-3416-8547



もしくは以下をクリックして、



http://blog.le-parnass.com/contact/index.html

こちらのフォームから

フォード・マスタング・ブリット 新車

の件として、

必ず、お名前(フルネーム)、

ご住所(納車費用算出のため)、

お電話番号を明記の上、

ご連絡をお願い申し上げます。



●ここからは 私達からのお願い事項です●
●必ずご一読ください●


姓・名(フルネーム)のご記入が無いお客様。

ご自身のお名前を、

カタカナ、ひらがな等でご記入のお客様。

ご質問の内容が具体的ではない、内容が判らないお客様。

何度も質問のみでご購入の意思を感じられない方。

上記のようなお客様には、

私達からの返信を控えさせて頂きます。

ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。



●ご来店希望の方へ●

弊社スタッフは、

少数で毎日、全国へ、

ご納車やアフターサービスに出払っていますので、

突然のご来店への対応等が出来ません。



予めお電話もしくはメールにて、

ご購入の相談、

ご来店の日時等をお知らせ下さい。



クルマを見たい、写真を撮りたい等、

ご購入とは関係のないご要望、

また 話が聞きたい等にも、

誠に恐縮ですが、 

上記の理由によりお応え出来ません。

ご決意を持ってご連絡の程、 

宜しくお願い申し上げます。



●特に重要なお願い●



最初に、

新車、中古車に限らず、

クルマは機械、
 
壊れる時は壊れます。



壊れる事を心配するのであれば、

購入自体をお控えください。



弊社の取り扱う

日本に正規輸入されていないクルマを

愛車にするには……

希少犬種を、

ブリーダーと共に、

大切に飼うのと同じです。



しっかりブログを読んで、

欲しいクルマの事を下調べの上、

ご購入頂ければ幸いです。



判らない事があれば、
 
具体的に内容をお知らせ下さい。

私達は、

決して無理にクルマを販売する事は

御座いません。

我々ブリーダーと共に、

希少な車種を愛し続けられる

全国のクルマエリートな好車家に、 

“One by one”でご納車をしています。



私達がご案内する内容等、

お客様にご理解頂けない場合、

お互いが不幸になる事を避ける為にも

私達から販売をお断り致します。

決して無理をせずにご購入の決意をしてください。

併せてご理解の程、

宜しくお願い致します。
 


覚悟を決めて、

弊社で愛車をご購入頂いた皆さん、

私達は、地獄の一丁目まで、

全力を尽くし、お世話致しますので、

今後とも 宜しくお願い申し上げます。







●ローンご希望のお客様へ●

弊社では、 

関西アーバン銀行 マイカーローン

http://www.kansaiurban.co.jp/shohin/loan/mycar/pe_3_1.php


をご紹介しています。

予めオンライン、もしくはファックスにて、

お申し込みのご準備をお願い申し上げます。



●メンテナンスに関して●

関東地区のお客様は、

東京・世田谷の弊社工場、協力工場で実施、

遠隔地のお客様には、 

弊社取引先のディーラー、整備工場を

ご紹介いたします。



●スペアパーツに関して●

国内で調達が出来ない場合は、 

弊社現地駐在員、

ドイツのヒンツ

フランスのフランク

英国のジュリアンが、

ヨーロッパから日本へ、

FedexやDHLにて、

迅速に空輸しますのでご安心ください。



●即納可能な新車は、こちらをクリック!●

新車即納在庫

http://blog.le-parnass.com/index.php?c=34-



●即納可能な中古車は、こちらをクリック!●

ユーズドカー即納在庫

http://blog.le-parnass.com/index.php?c=35-



| 取扱い車種-Line Up::Ford | 08:55 PM | comments (0) | trackback (x) |

ラーダ・ニーヴァを
お乗りになっているお客様にお知らせ!





弊社では 2010年より、

ロシア製SUVラーダ・ニーバの

直輸入販売を開始、



多くの好車家に支えられ

約8年間で140台強を

日本の津々浦々に

お届けして参りました。







1977年に誕生以来、

LADA NIVAは・・・


基本設計やボディデザインは

ほぼ 変わらずに

ロシアで作り続けられているのです。



西側ヨーロッパでは

クラシカルな新車が買える!

タイムマシーンのような

魅力があるクルマだ!


と 密かなブームが炸裂中。




知る人ぞ知るクルマ として

局地的に大爆発



日本でも 

センスのある紳士淑女の中で

人気沸騰


新型ジムニーとガチンコ勝負なのであります。










が しかし・・・

このラーダニーバ

一筋縄ではいきません。


なにせ

70年代の旧い設計 ゆえに、

新車と言えども、

現代の新車

すなわち

メンテナンスフリー的クルマとは

全く異次元の乗り物!










私達は 

なるべく初期不良の少ないモデル


厳しい性能品質基準をパスした

ドイツ ヨーロッパ仕様を直輸入!



さらに、

日本に上陸後

弊社基準の予防的整備

いわゆる

正規輸入車で行う

PDI整備をばっちり施しています。

例えば

新品でも切れやすいベルト類を

日本製に交換

ヘッドライトを日本製に変更

エンジンルーム内の各補器類

エンジン 足回り 排気廻り 水廻り等

入念に整備をしてご納車していますが・・・


それでも、

お直しが生じる場合が

間々あるのです。







そこで、

オーナー様にお願いなのですが、

Lada Nivaに乗る際は、

必ず 運行前点検を

行ってください。










水回り、各部オイル類の漏れ、

バッテリーの電圧、

ベルト類のひび 異音、


エンジンを掛けた後も 

暫し

走行中 耳を研ぎ澄ませ

変な音がしていないかチェックをお願いします。、









手を掛ければ、

未然に防げるものがほとんど!



新車で下して

1000キロ 3000キロ 5000キロ毎で 

エンジンオイルやギヤオイル等

しっかり交換!

慣らし運転も行えば

7000キロ位走り込むと


自分のクルマになったなぁ・・・


機械として 当たりがついたなぁ・・・


何だか 角が丸くなって

シフトチェンジやクルマの挙動が

滑らかになったなぁ・・・



こんな風に

身体で感じる事ができるようになり

愛着も 一層湧いてきて

ラーダニーヴァって

イイくるまだなぁ~ っと感じてくるのです。







私達は

この8年間の中で、

数多くのお直しを経験


その結果を

ラーダ本社やラーダ ヨーロッパブランチに相談。


解決策等 多くのアドヴァイスを頂き

様々なノウハウを蓄積する事が出来ました。


そのノウハウ 全てを

これより

私達がお届けしてきた

ラーダニーヴァオーナーの皆さんに

フィードバック致します。



パーツのストックや

サービスメンテナンスのアップデート等

購入後のサポートを

より充実出来る様に努力、

アフターサービスは 

私達 ルパルナスにお任せください!!








ラーダ・ニーヴァを、

オーナー様と共に仕上げ 

より良いモデルに完成させよう

と考えておりますので、

今後とも ご支援の程

宜しくお願い申し上げます。




| 取扱い車種-Line Up::Lada | 10:45 PM | comments (2) | trackback (0) |

メルセデス・ベンツXクラス
Mercedes-Benz X Class
関連過去記事まとめ





ヨーロッパ初の

ラグジュアリー・ピックアップ・トラック

メルセデス・ベンツXクラス







ルノー・日産とのアライアンスによる、

日産ナバラ

ルノー・アラスカン

をベースとした兄弟車ですが……







メルセデスならではの

高いクオリティのインテリアと

足回りのセッティングが、

アドバンテージとなります。







ボディサイズは、

全長5340mm×全幅1920mm×全高1819mm







ラインナップは、



X220d

2.3リッター直4ターボ・ディーゼル搭載

(最高出力163PS 最大トルク403Nm)



X250d

2.3リッター直4ターボ・ディーゼル搭載

(最高出力190PS 最大トルク450Nm)



X350d

3リッターV6ターボ・ディーゼル搭載

(最高出力258PS 最大トルク550Nm)



それぞれに、

4WDの4マチックが設定







トランスミッションは、

6速マニュアル

7速AT

が選択可能



グレードは、

ピュア・ライン

プログレッシブ・ライン

パワー・ライン

となります。







日本導入は未定ですが、

この個性的なメルセデスの変化球

直輸入で乗ってみてはいかがでしょうか。





2018 ジュネーブモーターショーを訪ねて
ベンツ Xクラス V6 3.0ディーゼル登場!
本命はこのモデル
諸費用オールイン乗り出し850万円より
(2018/03/11)





ジュネーブショーでリリース
ベンツ Xクラス V6 3.0ディーゼル
これでやっと VWアマロックと戦えます!
(2018/02/22)





2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて
ベンツ XクラスVSフォルクスワーゲンアマロック
仁義なき戦い 勃発!
(2017/09/17)





【ジュネーブ・モーターショー2017】その1
メルセデスベンツ Xクラス
購入希望の方 ご連絡お待ちしています!
(2017/03/07)





アマロックに強力なライバル出現!
ラグジュアリー・ピックアップ・トラック
メルセデス・ベンツXクラス
私達はヨーロッパより直輸入販売致します!
(2016/10/26)



| 車種別過去記事 | 11:46 PM | comments (0) | trackback (x) |