お問い合わせ
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<前月 2019年04月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (795)
  2. ラーダ・ニーヴァ
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (703)
  3. 7人乗れるロングボディのスライドドア付ミニバン
    シトロエン・ベルランゴXL
    プジョー・リフター・ロング
    右ハンドル英国仕様が販売開始!
    諸費用オールイン乗り出し価格450万円~
    (561)
  4. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (550)
  5. ワズ2206/ハンター
    UAZ 2206/Hunter
    関連過去記事まとめ
    (521)
  6. 2019年9月にマイナーチェンジ
    日本じゃ買えないピックアップトラック
    日産NP300ナバラ
    諸費用オールイン乗り出し価格630万円~
    (454)
  7. 職業上 トヨタでなければ という好車家へ
    2017年モデル新車 販売開始!
    トヨタ プロエース ヴァーソ
    右ハンドル 英国仕様
    諸費用オールイン乗り出し 660万円から
    (430)
  8. 新車のCITROEN 2CV まもなく到着! (364)
  9. シトロエン・ベルランゴ
    プジョー・リフター
    オペル・コンボの兄弟車
    トヨタ・プロエース・シティ
    2020年に発売!
    (325)
  10. 大人気のラーダニーヴァ
    LADA NIVAの新車 中古車が充実の在庫体制へ
    新車は諸費用オールイン乗り出し280万円より
    ご用意しています!!
    (314)
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター<br>UAZ 2206/Hunter<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">日本に上陸済!<br>いすゞMU-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく<br>諸費用オールイン乗り出し495万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワーゲンバスみたいなレトロで新しいトレーラー<br>DUB-BOX 3号機 リフトアップルーフ<br>ケータリングなど移動販売車のインテリアが完成!<br>東京・千駄ヶ谷のナーナ・ガトーにて展示中!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018 その52<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>オーシャン2.0TDI 4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り<br>スーパーカーコレクターも愛用のキャンピングカーを<br>東京のN先生に納車完了!
  • シトロエン2CV/メアリ<br>Citroen 2CV/Mehari<br>関連過去記事まとめ
  • いすゞD-MAX/mu-X<br>Isuzu D-MAX/mu-X<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)

|

クルマに引かれて

shibuya氏ブログ復活を記念して私も参加させて下さい!
タイトルは「引かれて」で「轢かれて」ではありません。後者なら私の方が長期入院です。

さて、牛に引かれて行ったのは善光寺ですが、今回クルマに引かれて行った先は・・・

外宮

いろいろ祈願することがありますからねぇ・・・。

満月の夜に月を追いかけながら東名高速を西へ。行き先は三重県ということだけ決めてスタート。
四日市で用事のある友人を降ろし、「一度は行ってみても良いのでは?」という彼の一言で “伊勢神宮” に行くことにしました。

腹ごしらえは月夜見宮付近の山口屋さんの伊勢うどん。もちろん月見の大盛り。
夜色の汁に、雲の様な白さと柔らかさの麺、そしてその中に橙色の黄身。

なんか昨晩の月夜そのまま。

味は出汁が効いていて良いのですが、あの柔らかさは江戸っ子には向かないと思います。

さて、雨がしっとり降り始め、先ずは順序通り、外宮から始めましょう。

外宮正宮

雨に濡れ、周囲の色が更に濃く感じられ、苔の青さが引き立ちます。

次は内宮へ移動します。



五十鈴川ほとりの臨時駐車場にクルマを停めます。関東のナンバーも多く見受けられます。

赤福

外宮と対照的に人が多く、賑わっています。
赤福氷ってご存知でしたか?

内宮正宮

秋の神楽祭ということで人の出も多く、特に正宮は混みあっていましたので、早々にお参りを済ませましょう。

神楽殿

途中、屋根が雨に濡れて光り輝く神楽殿を抜けて、神宮舞楽を暫し拝見。

神楽

神楽舞楽を見ながら、かつてはこの様な舞楽の音が聞こえたんでしょうねぇ東京の神楽坂には。
個人的にはshibuyaさんの顔が思い浮かびました。そうそう早期退院も祈願しましょうね。

五十鈴川

五十鈴川は京都を流れる桂川の嵐山周辺にちょっと似ている気がしました。


何だか計画性も無く、ふらっと足を延ばして立ち寄った伊勢神宮参りでした。
個人的には明るく賑やかで壮大な内宮よりも、暗く凛として荘厳な外宮の方が気に入りました。

最近のパワースポットとかいうのは良くわかりませんが、人生の節目毎に訪れたいと思わせる、そんな雰囲気を持った日本らしい場所の一つだと思います。
今回付き合ってくれた友人達とたっぷりのトルクでスルスルと引いていってくれた現代の牛?!C6に感謝しましょう。


| とりとめもないこと | 11:55 PM | comments (10) | trackback (0) |



欲しいクルマを手に入れるって やっぱり失敗するんデス!     でも・・・

記事の欄では初めまして初心者
コメント欄でいつもお世話になっている『かに目大仏』です。
mariko女史からの指令により「あんたも書きなさい」「はい!」のノリで始めさせて頂きます。

シブヤさんとの出会いはいずれ書きますので、今回は前回のシブヤさんの直球タイトルに反応して、日曜日の出来事を記事にさせて頂きます。

欲しいクルマってなかなか無いんですよねー。探してみても。
シブヤさんみたいな自動車コンシェルジュに出会う前の自分は

「そんなのどうせ無いんだから、作っちゃおう!」派でした。
加工中

探す側のこちらの気持ちを痛いほどディーラー営業マンに理解して貰うなんて、たーいへん。無理無理。
見ず知らずの人に自分の自動車経歴を一から話して理解して貰うのなんて出来ません。
だって、お店でズボンとシャツを脱いでパンツ一丁になる様な感じがして、恥ずかしくないですかぁ?
(その感覚は俺だけか・・・汗


同じ様な境遇の学生時代の友人と日曜日会うことになりました。理由は・・・
家族の為に4枚ドアの国産新車を生まれて初めてディーラーで購入したけれど、車検を待たずして足回りを自分好みにしたくてセコハン店にて新古品の車高調を安く購入・・・。

安いには訳がある。ブレーキのブラケットが付いていない・・・。
タイラップで一応は止めてあるけど、このままだと車検が通らない・・・。

「ガレージ貸して!」「溶接機使って良い?」
何やってんの君は・・・。今頃、そんなの流行んないよ(笑)!

牽引中

でも、そんな彼には大きな借りがある自分。
仕事の人間関係で行き詰まっていた頃、単純に何かを変えたくて、ヤフオクで落とした車を取りに行くという理由で、何故か東京から下関へ・・・。

「明日、明後日と温泉行かない?」
「うん、良いよ!チョンガーで気楽だし。(当時・友人)」
「行き先は、“下関”ね。宿は取ってあるから。」
「了解。」

この旅行は大きかった。
好きなクルマで長時間牽引運転したということだけでなく、10時間以上座りっぱなしでも疲れないシートを持ったクルマがあるという実体験。

それよりも嬉しかったのは明日1000km先に行こうと誘って付いて来てくれた友人。
30代になって纏まり始めていて、突拍子も無いことが出来なくなっていた自分にイライラしていたのだが・・・道中、お互いの悩みや仕事の愚痴や女の話題・・・を好きなクルマの中で共有する喜び。


そういう友人が安さに負けて買ってしまった完璧な製品でない車高調なんだけど、またもやクルマのせいで(お陰で)悩みながらも会える喜び。
梅雨の晴れ間で作業をしながら二子玉でタイヤごとホイールが外れて立ち往生した昔話を思い出し大笑いした!


失敗作

結果はフロント成功!リア失敗!
ブラケットの加工と溶接は良かったけど、位置出しを痛恨のミス。
でも、この失敗のお陰でまた会うチャンスが生まれた。


誰もが失敗しても良いから自分好みにクルマを作るなんて荒業を出来る訳じゃないけど、かといって、クルマを諦めないで自分の思いがこんなクルマなら実現出来るかも?っていう藁にも縋る様な気持ちは誰しもあると思う。

自分なりの解釈ですが、“クルマを諦めきれない”って“人付き合いを諦めきれない”って事なのかなぁって最近良く思う。
何でこのシブヤさんのBlogのタイトルが“車”じゃなくて“クルマ”なのか・・・。

僕らはその言葉のセンスを持っている人がいることと、1000km以上連続でクルマを運転したという経験を話せる人が同一人物であることが何だか嬉しい。


| 自動車コンシェルジュ | 03:00 AM | comments (6) | trackback (1) |



|