■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その36<br>シトロエン・グランドC4ピカソ1.6HDi<br>お気に入りのディーゼル・モデルを<br>兵庫のOさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その35<br>シトロエン2CVチャールストン<br>走行わずか約5000kmの<br>ディーラー最終モデルを<br>千葉のOさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">週末のルパルナス ナーナガトーでは<br>覚悟を決めた好車家が集まり<br>熱い商談が行われています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">こんなクルマを輸入します!<br>奇妙な様で 懐かしいデザイン<br>2017年モデル UAZ Hunter<br>ロシア製 ワズ ハンター<br>諸費用オールイン乗り出し390万円(予価)
  • 納車千本ノック2017 その1<br>シトロエンC4カクタスe-HDiフィール<br>左ハンドル セミAT<br>日本で買えないディーゼル・モデルを<br>愛知のUさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その27<br>BMWアルピナXD3ビターボ・オールラッド<br>ディーゼル 左ハンドル AT 4WD<br>クルマエリート御用達のSUVを<br>富山のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">このモデル 新車で輸入します!<br>シトロエンHトラックを現代風にアレンジ<br>Citroen Type H Reinvention<br>早速現地に飛んで 実車を確認<br>金額が判り次第 当ブログで発表!!
  • デカイのついでにコチラはいかが?<br>フォルクスワーゲン・クラフター
  • <font style="font-family: Meiryo UI">【ジュネーブ・モーターショー2017】番外編<br>フォルクスワーゲンT6で<br>ヨーロッパを激走!2500km
  • ヨーロッパ製の移動販売車両に興味あり!!
  • シトロエン味満点のワンボックス!<br>シトロエン・ジャンピー・マルチスペース<br>2.0HDiエクスクルーシブ・ロングボディ<br>ディーゼル 左 AT 8人乗り 左右スライドドア<br>ワンオーナー約12000kmの極上中古車! 価格応談
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


メンテナンス・ニュース Vol.1
シトロエンC4ピカソ1.6HDiディーゼルの巻

弊社が直輸入したモデルの

実際に起きたトラブルの原因と対策について

ご報告させていただくコーナー

「メンテナンス・ニュース」



第一回は、

シトロエンC4ピカソ1.6HDiディーゼルに関してです。



【其の1 白煙対策】







先日、お客様から、

ご納車をして約1年、約30000km走行の

シトロエンC4ピカソ1.6HDiディーゼルより、

白煙が出るとご連絡をいただいたので、

お預かりしました。







早速、

弊社工場にてリフトアップをし、

車輛を確認したところ、







原因として、

エンジン・オイルパンのパッキン部分から、

オイル漏れが見つかりました。







エグゾーストのキャタライザー部分にオイルが付着、

加熱と共に白煙が出た形跡が見られました。



今回は、パッキンの交換及び清掃を施しましたが、

今後の対策として、以下をお勧めいたします。

1.ファーストチェックでの下回りの点検

2.3000Kmから5000kmでの定期的オイル交換

3.12か月点検の実施

4.20000km~30000kmでのチェック



【其の2 フューエルフィルターの詰まり】







シトロエンのディーゼル・モデルにおいて、

エンジン・チェックマークが点灯し、

エンジンが吹けなくなる現象が生じることがあります。







原因は、

シトロエンのディーゼル燃料フィルターはとても目が細かい為、

燃料に混入したゴミや錆でフィルターが詰まってしまうのです。



対策としては、

15000~20000km毎の

定期的なフューエルフィルター交換なのですが、

なるべく新しいガソリンスタンド(新装したセルフスタンド等)で

給油されることをお勧めします。

(ガソリンスタンドのタンク内の錆が原因ではないかと考えられます)



皆様もお気付きの点がございましたら、

ご一報いただけますと幸いです。

随時、メンテナンス・ニュースに掲載させていただきます。



皆様の大切な愛車、

ベストコンディションを保つため、

定期的なメンテナンスをお願いいたします。



| サービスチームからのアドバイス | 05:55 PM | comments (6) | trackback (0) |

夏 本番

クルマを諦めきれないブログ 読者の方

お元気ですか?

私は毎日 納車千本ノックをガンガンこなしています

今日も今から浜松まで ラーダニーヴァをご納車に伺います


さて

日本列島 いよいよ夏 本番です!

毎日 35度以上の気温

人間もクルマも限界ぎりぎり オーバーヒート寸前ですね



こんな時こそ 転ばぬ杖で

皆さんの愛車 始業点検を忘れずに行ってください

ご自分で出来ない方は 仲の良いガソリンスタンドで簡単な点検をお願いします


クーラントの量

エンジンオイルの量

バッテリーの比重 充電具合

ドライブベルトの張り具合

タイヤの空気圧

ヘッドライト ウインカー類の灯火状態

ワイパーブレードの状態 などなど




クルマも人間と同じ 手入れが必要です

愛情を持ってクルマに接しましょう


整備等 判らない事があれば 何なりとお電話でお問い合わせ下さい

宜しくです!







| サービスチームからのアドバイス | 08:52 AM | comments (0) | trackback (0) |

メンテナンス情報 其の2


皆さんの愛車 元気に走っていますか?


今日は先日のディーゼル燃料の詰まりに続く電気関係のお話


この季節 外気温が30度を越して路面の温度も50度近くに達します

まるで フライパンの上にいるようなものですね

エアコンは全開

時折 夕方になると突然スコールが降ってきてワイパーをフル稼働 

夕暮れにはヘッドライトも点灯すれば

発電が間に合わなくこともしばしばです


出先で突然エンジンが掛からない・・・?

今まで普通に走っていたのに キーをひねっても(ボタンを押しても)

キュルキュキュキュ・・・

エンジンが回らない!


そうなんです

今のバッテリーって突然死しちゃうんですね

目安は3年

新車から3年 車検の時に交換する事をお勧めします


僕のは5年もったよ! って言われる方もいらっしゃいますが

それはあくまでも結果論

転ばぬ杖 先手先手でトラブル回避しましょう!!


我々は世田谷に工場がありますので
(関西中京東海地区は京都 大阪 神戸 名古屋 静岡に提携工場有)

定期検査 チョッとしたメンテナンス等 皆さんご相談下さいね


| サービスチームからのアドバイス | 08:26 AM | comments (0) | trackback (0) |