お問い合わせ
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<前月 2020年06月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">メルセデス・ベンツGクラス/ゲレンデヴァーゲン<br>Mercedes-Benz G Class/Gelandewagen<br>関連過去記事まとめ
  • ディープな好車家へ<br> <font color="red">このモデル<br>乗らずして<br>散るデべからず</font><br> ランチア テージス2.4 20V マニュアルMT<br> 諸費用オールイン320万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 台湾のクルマ事情
  • フォルクスワーゲン・グランドカリフォルニア<br>Volkswagen Grand Califonia<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)



車、、、

たかが車でしょ。
所詮、車でしょ。


車なんか誰から買ってもいいし、どこから買ってもいいんじゃないの?
shibuyaさんから車買っても、ほかで買うより楽しいことなんかない。
エンジンとかサスペンションの設定とか自由にオーダーできるわけじゃないし、
もともと車ごときにそんなことする意味もない。
所詮、本国で売ってるつるしの車を買うので十分なわけだ。


料理人が包丁選んだり、音楽家が楽器選んだりするのと違って、
プロの道具を選んでるわけじゃない。趣味でしょ?

車なんか人間の乗れる数と荷物の量さえあってればいいんじゃない。

サイズさえあってれば、スニーカーごときで靴擦れなんかしないでしょ。
ヴァイオリン弾くのに、チェロ持ってこないよね。


シートは大事だと思うけど、10時間走って疲れないその車に、
日本人の一体どれだけの人がその価値を見出すのだろう?

そもそも、100年位しか歴史のないような車なんかで人生が変わるわけない!
というか、車に限らず所有する物で人生が変わるくらいなら、
どんどん変わっちゃったほうがいいんじゃない?


ただ、最終的に自分で決めたのに気に入らなくて人のせいにするのは、
自分に対する責任を持てない人だと思うので、相手にできない。

文句言う暇があったら、自分の行動を振り返ってみるべきだね。



| とりとめもないこと | 05:07 PM | comments (15) | trackback (1) |



またまた、切れてしまいました。

まあ、予算が許すなら、興味ある全ての車に乗ってみたいというのが一番の願望ですけどね〜。

それにしても、ある意味クルマ探しは自分探しでもあり、ホント悩ましいですね。
| KO | EMAIL | URL | 2009/06/25 12:28 AM | .wWa62Y. |

切れてしまいました。

しかし、逆に嫁だけでも駄目なのです。最初にイイモノを紹介してくれる店員
さんも必要なのです。また、店員さんの提案によって新しく自分のレパートリーが増えることもあります。

車も同じなのではないかと思っています。

僕はシブヤさんのことは、実際お会いした事がないので、よく分かりませんが、ブログを見ていて、「車に対してとても正直な方」であるような印象を受けます。だから、ルパルナスで扱っている車はシブヤさんが車に対して正直であった結果の表れなのではないかと勝手に推測しております。つまり、車好きがイイモノを求めていった結果なのではないかと。(すいません、えらそうな事言って)
だから、ルパルナスの商品はとても魅力的に感じますね。(そう思っている人は多いでしょう。)

あとは、その車達が自分に合うか合わないかでしょうが、結局、その車をうまく使いこなせるかどうかは自分(もしくは家族)にしか分からないのです。使いこなしまでは人には分からないのです。

だから、人に後押ししてもらう事自体意味がないのです。

ただ、食わず嫌いにならないよう、自分に合う車を探すのではなく、逆に敢えてその車の世界に自分をあわせていってみるのはアリかなとも思っています。(シブヤさんに色んなクルマのいい世界を教えて欲しいですね。)

それで、その車が自分に合えば新たな自分の発見にもなるし、逆に合わなくても、それは失敗ではなくてむしろ発見なのかもしれません。自分に合わないものを知ることで、より自分を知ることができます。

まあ、予算が許すなら
| KO | EMAIL | URL | 2009/06/25 12:26 AM | .wWa62Y. |

Ryu さん

はじめまして

先日、Ryuさんのを記事を見た時、写真(シトロエン)と文章がとてもミスマッチで、それがいかにも車好きっぽく感じて、ついコメントしてしまいました。

>車は、自分の趣味を最も強く反映することができるものだと思っていま   す。
>だから僕にとって車を選ぶということは、自分を見つめることなんです。

ホント、そう思います。
よく車は、異性に例えられますが、異性だけでなく、自分自身の「何か」を
表しているものでもあると思います。
例えば、その人の趣味趣向、感性、考え方等。(だから、カローラじゃ嫌なんだろうなあ...)
そして、その「何か」は時とともに、また自分の成長等により変化していくものだと思います。
だから、飽きないんでしょうね。

ブランド天国日本のなかで、Ryuさんのように車を捉える方に出会あえるとうれしくなります。


それと、Ryuさんが記事の最後にかかれていることについてなんですが、

僕は、服を買う時、必ず嫁を一緒に連れていきます。
センスのいい店員さんに色々と服をセレクトしてもらって試着したり
した後、最終的に買うかどうかは嫁に判断してもらいます。

「服のセンスは経験」だということを聞いたことがありますが、
店員さんはあたりまえですが嫁よりも服に関してはるかに経験豊富で長けています。
しかし、店員さんは嫁ほど僕のことを分かってはいません。
嫁はいつも一緒に居て僕の環境やライフスタイル等をよく知っています。
だから、買った服を僕がうまく着こなせるかどうかは嫁が一番言い当てる事ができるのです。

しかし、
| KO | EMAIL | URL | 2009/06/25 12:20 AM | .wWa62Y. |

>名古屋のおばさま
はじめまして。

どこで珈琲を飲んでも、
どんな車を選んでも、
どんな相手と恋をしても、

結局その人次第ですよね。
失敗して、反省して、また失敗、、、

まあ缶コーヒーでも飲んで頑張りますか!
| Ryu | EMAIL | URL | 2009/06/24 10:55 AM | .iRs1gTQ |

>かに目大仏さん。
こんにちは、こちらこそ御無沙汰をしております。

プロかどうかはともかく、道具とは必要最低限のものしか装備していないものだと思います。
F1も軽トラもその意味で道具です。

運転する楽しみや所有する喜びを得るために余計なお金を払うとすれば、それは趣味の部分でしょう。

ですから純粋な意味での道具としての車も、趣味としての車もあまり世の中に存在しないのではないでしょうか?

>HaruPapaさん。
こんにちは。

失望ですか、、、
人の感じ方はそれぞれだと思いますから、それもありなんでしょう。

まあ僕はともかく、コメントに書かれていたように、それほどシブヤ氏に興味がおありなら、メールアドレスや電話番号がここに載っているので、ご自分で確かめてみてはいかがでしょう?

>アベさん。
はじめまして。

キャノンボールツアー、いいですね。
仕事柄、いろいろな所に行きますがまだまだいいところが日本じゅうにあると思います。
おいしいものも。

企画のほど、よろしくお願いいたします。

>akiさん。
はじめまして。

akiさんには見事に見抜かれてしまったようです。

また、変われる余地があるということは、素晴らしいことだと思います。
僕自身は、仕事とかでかなりのプレッシャーでもないと、あまり変われない人なので、、、

>KOさん。
はじめまして。

車は、自分の趣味を最も強く反映することができるものだと思っています。
だから僕にとって車を選ぶということは、自分を見つめることなんです。

悩ましいですよね。

>名古屋のおばさま。
はじめまして。

どこ
| Ryu | EMAIL | URL | 2009/06/24 10:49 AM | .iRs1gTQ |

Ryuさま、おはようございます。

何度か、色々とコメントさせていただいたアベと申します。

皆さんの書き込みを読み、気が付いたのは、シブヤさんからクルマを
買われている人たちに共通するのは、僕も含め見事に全国に
散らばっていることと、世代がある程度同じではないか、ということです。

せっかく土日の高速代が1,000円になったことですし、皆様の住まわれている土地をそれぞれの人に案内したらどうか、と思いました。

僕のホームグラウンドはなぜか青森(シブヤさんの千本ノック青森編に
僕が出てきます)なのですが、東京から青森までいくつかの推奨ルートは
紹介しますが、基本的に現地集合、現地解散で、地元のドライブルートと、
夕食、朝食、それについでに(?)夜の街は僕がソムリエとなって責任を
もって案内する、というのはいかがでしょう?

名づけて『一泊二日キャノンボール電撃ツアー』。

基本的に世代が同じなので共通語で会話できますし、パルナスさんから
クルマを買われている変な人々だと思いますので、きっと
かなり面白いことになると思います!

当然、MARIKOさんにもオブザーバーとして参加していただければ、
と思います。

よろしくお願い致します。

アベ拝
| アベ | EMAIL | URL | 2009/06/21 08:04 AM | ..dBINj. |

うふふ・・・皆さん、ホントにクルマが大好きなんですね (^^)

恋と同じなのかしら。

「あの人、ステキだわ」って思い続けて、願い叶って一緒に過ごしてみれば、
・・・あっちゃ〜、なんじゃこりゃ??・・・とか。

「近付いちゃイケナイよ」なんて言われてる人と、チャンスあって話してみれば、
・・・あらまぁ、素敵な人じゃな〜い!・・・とか(笑)

結局、自分が恋したんだもん・・・自分に見る目があったか、なかったか・・・

たとえば、一杯の珈琲を飲みたくて。。。
目の前の自販機で 缶コーヒー か、
どこに行っても同じ味、注文の仕方も同じで安心の チェーン店 に入るか、
豆だの挽き具合だの うんちくたれるオヤジの店 か、
カウンターにデブ猫が座ってるだけの 気のいいオバちゃんの店 か。。。。

結局、珈琲そのものじゃない理由で、入るお店って変えちゃったりね。

どこで飲んでも、珈琲が好き。
どこで買っても、クルマが好き。
どこまでいっても、恋心・・・・たとえ相手は変わっても(?)

懲りない ・・・ そして ・・・ 諦めきれない!?

このページ、好きですよ(^^)
みなさん、クルマに対する愛情表現が、それぞれ違って素敵デス。
違う考え方の人 や 顧客以外の人がいたって、
排除したりイジワルしたりしないとこも・・・びばのんのん♪・・・いい感じ(*^^*)

あはは・・・・アタシ、やっぱり場違いかしら?? お邪魔しました m(__)m
| 名古屋のおばさん | EMAIL | URL | 2009/06/19 07:51 PM | c5Y09MHs |

「たかが車、電化製品でいいんじゃない」って簡単に思えるようなら
苦労しないっつーの!(金もかかるし...)
たまーに、疲れてそんなふうに考える時もありますけどねー。
でも1日ともたず、次の日にはまた車の事を考えている。

なんでだろう?
人生を楽しくしてくれるものは他にも色々とあるんですけどねー。

男の本能なのだろうか?

それとも、決して叶えることができない(満たされることのない)
夢のような存在だからだろうか?
| KO | EMAIL | URL | 2009/06/19 07:41 PM | .wWa62Y. |

>初めて自分のクルマを手に入れた時のことを
>皆さんは覚えていらっしゃいますか?
>今後新しいクルマを買って同じ気持ちになれる自信はありますか?
>それとももう遠いとおい昔のことで忘れてしまいましたか?
>私はいつも同じ気持ちを味わいたいのです。

今も18歳のときも全く同じように楽しいです。アベさんと同感です。
| aki | EMAIL | URL | 2009/06/19 05:02 PM | iFUZm7vE |

Ryuさんのおっしゃりたいことは、最後の3行なんだろうな、と勝手に解釈しております。
たかが車。所詮、車。されど車。くだらないことに夢中になったり、人生変わっちゃったよっ!なんて面白がってみたり...失敗もあり成功もありってのが楽しいのでは?僕はRyuさんの記事に深く同意しつつ、人生変わっちゃったわん♪って楽しそうな人(*自分も含め)にも心から共感できます。自動車に限らず、趣味ってそんなもんじゃないでしょうか?
ただし、ひとつだけ言えること。趣味って誰かに背中を押してもらって始めるもんじゃぁないってことや、誰かに判断を任せるものではないことだけは確かです。ガイドブックの通りに行動するのも、ソムリエ任せでワインを選ぶのも、全然楽しくないし、趣味とは呼べませんよね。

おっと、また御託を並べてしまいました。
ともかく、訳もなく好きになっちゃって、でも喜び勇んで買って一日履いていたら靴擦れができてしまったぁ!というオッチョコチョイ...になることも含めて楽しんでいる感じかな?僕の場合。
所詮クルマですから。仕事とは違って命取られることはまずないですから。
| aki | EMAIL | URL | 2009/06/19 04:59 PM | iFUZm7vE |

ソムリエといっても、世の中にたくさんいらっしゃいますが、
お客の好み、懐具合、料理との相性まで考えてワインを出して
くださる方は、ほとんどおられないのでしょうか?
僕の知っているかぎりではロオジエのソムリエさんくらいですよ。

レストランに行って、この料理は健康に良いのか?、とか
カロリーはいくらか、など言う人はいないのではないのでは?

あくまで、レストランを選ぶのは本人ですし、ガイドブックの
評価と違う、と怒る人はあまりいないのでは?
自分の舌よりガイドブックを信用してどうするのですか?

クルマの修理ですが、シブヤさんはあまり役に立ちません。
能力がどうの、ではなく、僕は福島在住なので、地元の
工場を探すほかありません。

初めてクルマを買ったときより、全然今のほうが楽しく、ワクワク
してますよ!

ハメットの小説は中学生の時読みましたが、その小説の本当の
よさをわかったのは、僕が30代になってからです。

今、クルマに乗って楽しくない方は、きっと何を乗られても
楽しくないと思います。
| アベ | EMAIL | URL | 2009/06/19 07:51 AM | ..dBINj. |

またまた切れてしまいました。長々とすみません。
興味のない方は飛ばしてください。

でもシブヤさんはソムリエとして(ご本人はコンシェルジュとおっしゃってますが、
“選ぶ”という意味からソムリエの方が相当かと)どうなのよ?
そこのところが私の一番知りたいところでうだうだとコメントさせて
頂いているのです。
| HaruPapa | EMAIL | URL | 2009/06/19 01:49 AM | ifeq2ONU |

切れてしまいました。

内外装に自分の好みを取り入れて作ってもらうことのできるクルマは
一部にはありますが、私の手が届く金額ではありません。
所詮つるしのクルマを買うしか手立てがないのですが、
それでも通常国内で販売されているクルマでは飽き足らず
本国でしか手に入らないクルマがどうしても欲しくなってしまったらどうしましょう?

クルマは機械である以上使っていくうちに必ず壊れます。
通常国内で入手不可能なクルマのパーツは本国から取り寄せないと
ならないケースが出てくると思います。
自分で本国へ行ってパーツを買ってくることができ、自分で修理ができる人は
そんな心配をしなくていいのでしょうが、どうしてもクルマを買ったところを
頼るしか方法はないのが現実です。

まあ中にはそこまで考えずに、あるいはそんなことよりとにかく
このクルマが欲しいんだという情熱が先行された方もいらっしゃるかとは
思いますが、シブヤさんはその信頼に十分応えてくれると判断されたから
皆さんはシブヤさんからクルマをお買いになったのだと思います。

そこそこのレストランでワインリストを渡されて並んでいるワインを
全部飲んだことがあり、どんなワインかを全部覚えている客がいないので
ソムリエという職業が成り立つのです。
当然ながらワインなんて一口飲んだだけでは本当の良し悪しなど
分かるはずもなく、クルマだっておんなじだよというご意見は
ごもっともです。
でもシブヤさんはソムリエとして(ご本人はコンシェルジュとおっしゃってますが、
“選ぶ”という意味からソムリエの方が相当
| HaruPapa | EMAIL | URL | 2009/06/19 01:47 AM | ifeq2ONU |

Ryuさん

今回のRyuさんの記事にははっきり言って失望しました。
たかが車、所詮、車なのは百も承知で
それでもクルマを諦めきれないシブヤさんと
やはりクルマを諦めきれない皆さんがあーでもない、こーでもないと
言うのがこのブログの趣旨なのではないのでしょうか?
少なくとも私はそう思ってこのブログを読ませて頂いたり
コメントをしてきました。

例えば代々新車のクラウンに乗っていて、新型が出るとセールスマンが
注文書を持ってきて“新しいのが出ましたのでお願いします”と言われ
何の文句も言わず、見栄えがそこそこ良くて壊れずに動けば何でもいいんだよという人はたぶんこのブログの存在も知らないでしょう。
(シブヤさん、ブログのタイトルを“それでも”クルマを諦めきれないに
変更されてはいかがでしょうか? こんな状況になってもという意味を込めて。)

話は飛びますが、初めて自分のクルマを手に入れた時のことを
皆さんは覚えていらっしゃいますか?
今後新しいクルマを買って同じ気持ちになれる自信はありますか?
それとももう遠いとおい昔のことで忘れてしまいましたか?
私はいつも同じ気持ちを味わいたいのです。
でも歳を重ね、台数を増やすうちに同じ気持ちを味わうのが難しくなってくるのです。
ある意味で贅沢になってくるのですね。

また靴の話になってしまい恐縮ですが、お金に糸目をつけなければ
オーダーで足型を取り、自分で素材から選び、デザインも考えれば
それこそ思い通りの満足のゆく靴を作ってもらうことはできます。
当然ながら靴摺れもしないでしょう。

内外装に自分
| HaruPapa | EMAIL | URL | 2009/06/19 01:45 AM | ifeq2ONU |

Ryuさん>
ご無沙汰しております。

なるほど、その通りだ・・・。
最近の記事やコメントに対してRyuさんの凄ーく良いボールが返って来ている気がしました。

プロの道具としての車と趣味としてのクルマの違いについてもう少しRyuさんのお考えを聞けたら嬉しいです。

僕は”生活の道具”(例えば家電製品など)として見た場合の車は『車なんか人間の乗れる数と荷物の量さえあってればいいんじゃない。』と思います。

私も少し充電してまた記事を書いてみたいと思います。
そんな気持ちになったRyuさんの記事でした。
| かに目大仏 | EMAIL | URL | 2009/06/18 05:39 AM | hcP1FCC2 |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/880
英単語や歴史の年表を短期間・短時間で覚える暗記方法
これは、5つの理由の中でも、試験に合格するという視点でみた場合もっとも重要だといっても過言ではありません。 ちなみに、藤本式記憶術を使うと・・・ ...
| 難関資格試験や難関大学受験に合格した英単語記憶法[FUJIMOTO KENKO 藤本式記憶術]藤本憲幸 | 2009/06/18 03:13 PM |