お問い合わせ
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<前月 2020年06月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


遅すぎた「零戦」後継機

ひゃっほ〜!

このブログに「隼」が出てくるんなら
やはりここは「紫電改」にも登場いただかないとダメでしょう(笑)!



ご存じの方も多いかとは思うが・・・・・・
この「紫電改」は、太平洋戦争中盤以降、敗勢が続いていた日本海軍戦闘機隊に
米軍の最新鋭戦闘機と互角に戦える強力な戦闘機として登場した、伝説の戦闘機である。

局地戦闘機として太平洋戦争末期の本土防空戦で活躍したらしいが
特に大戦末期、源田実大佐率いる第343航空隊(通称・剣部隊)は、集中配備されたこの機と
腕の立つパイロットを組み合わせた編隊空戦法により大きな戦果を挙げたとされ
この伝説のために「遅すぎた零戦の後継機」と呼ばれている。

しかし写真を見ていただけばお解りだと思うが
零戦や隼から比べるとかなりボテッとしているところや(日本のグラマンと呼ばれていたそうな)
カタログスペック的に、低い最高速や短い航続距離、
大戦末期に作られたための機体工作精度の低くさや
燃料やオイルなども紫電改のエンジンに適した物が使えなかったなどの理由で、
まともに直進飛行すらできなかった機体もあったようだ。
そんな理由で、当時は評価が分かれたらしい。

だが、戦後この機を使った米軍のテストで
「当時のどの米海軍の戦闘機よりも優速であった。」とか
「P51ムスタング44年型と同程度のスピードだった」とか
「太平洋戦線に出現した日本機中、最もすばらしいもののひとつであった」
などといずれも高評価を得たそうである。
結局、日本では終戦間際の工作精度や部品精度、燃料やオイルの問題で
ちゃんとしたスペックを計れなかったということであろう。

さらに、LB翼型(層流翼)や自動空戦フラップなどの斬新な設計で
日本の戦闘機開発能力の高さを示している。
※ところどころWikipediaからの引用あり!

また、この戦闘機たちは、性能だけではなく、
美しいデザインと機能美に溢れている気がするのは私だけだろうか?

戦争という状況下で、零戦や隼、この紫電改などの傑作機を生み出せた
日本の技術力・開発力を持ってすれば、後世に残る「傑作車」もあっていいはずなんだが・・・
なんで現れてこないんだろうね??

というか、「売れてなんぼ(OKU風・・笑)」の開発では
現れるはずがないか!?

ちなみに
英=スピットファイア、独=メッサーシュミット、米=F6Fヘルキャット・P51ムスタング
伊=ベルトロ、などなど歴史に残る各国の傑作機たちである。

歴史に残る傑作車も、上記の国々にはありそうだが、
さて日本には歴史に名を残す名車が今後現れることがあるのだろうか???


余談だが、前出の第343航空隊(通称・剣部隊)も舞台になった
ちばてつや氏の「紫電改のタカ」という漫画は、
子供の頃ワクワクドキドキしながら読んだことを思い出す。
主人公「滝城太郎一飛曹」が搭乗する「黒い紫電改」が、かっこよかった!なぁ〜〜〜!



彼が、一度零戦に乗って(しかも目をケガしていて盲目状態で!)
本土にやって来たB29を打ち落とすシーンがあったが
「紫電改に乗っていれば、もっと簡単に落とせるのにぃ〜〜」的な台詞に
それまで零戦大好きだった子ども時代の自分が、紫電改やそれ以外の戦闘機に
興味を持つきっかけになったような記憶がある。






| とりとめもないこと | 11:43 AM | comments (6) | trackback (0) |



acchon17 さん
カニさん

どうもです。

名前も関係ありますよね。

隼とか紫電改 なんて 日本人しかわかんないもんな

クルマも 
水戸黄門仕様とか
近藤勇モデルとかあっても良いんじゃない?

バイクじゃ 忍者とか刀 てのがあった位だからねぇ
| shibuya | EMAIL | URL | 2009/04/21 06:45 PM | AvoIrSP. |

かに目大仏さん
コメントありがとうございます。

そうですね、当時の飛行機の技術者が
自動車の技術者に転進という話は有名ですもんね。

日本車は技術的には世界一でしょうね、今では。

でも、心に残らないってのが問題なんじゃないかと思います。

日本の戦闘機は、日本人のみならず
外国人にも(直接戦った世代の人たちにも)ファンが多いと聞きます。

日本オリジナルのデザインや美学?が込められてるからなのかな?
なんか琴線に触れますよね。
あるいはやはり、兵器としての生い立ちだからでしょか?

シンプルでそぎ落とされた機能美
日本刀のような緊張感

性能以上に、現代人が参考にできる日本オリジナルの見本が
この戦闘機たちにあるような、そんな気がします。
| acchon17 | EMAIL | URL | 2009/04/21 03:52 PM | .fKr1/KE |

shibuyaさん>
日曜日はありがとうございました。
昨夜は隼の記事に触発されてwikiで調べまくり、やや寝不足気味です。

acchon17 さん>
その時wikiで見ていた紫電改の画像が当ブログに登場したので「あれっ?」と思いましたら、そういう訳でしたか。


私は日本製の飛行機で培われた技術は戦後の自動車に生かされていると思います。(バイク→自動車はまた違う歴史で面白いですが・・・。)

ご存知スバルの360やトヨタのS800、カローラなど戦中の飛行機の設計に携わったメーカーや人々がご活躍されていたことで証明されているではないでしょうか。

問題はその後の日本製のクルマが何のために何を捨てて、何を得たかなのだと思うのですが・・・。
| かに目大仏 | EMAIL | URL | 2009/04/21 03:30 PM | PZsJBB8c |

お〜〜っと!
いきなりのコメントありがとうです(笑)

そうです、
ゼロ戦大好き小僧でした。
プラモデルは各社の各シリーズを造りたおし
アニメは「ゼロ戦はやと|
今でもテーマ曲歌えます(笑)

グラフィックデザイナーの道へ進んだのも
このゼロ戦をどれだけ精巧に書き写せるか・・・・
なんてことばかりやっていた子供時代に
培ったものがあったからかも知れません!

兵器という枠を超えた機能美やデザインに
隼や紫電改にも受け継がれる日本的なシャープな美しさ!

日本の工業製品の最高傑作が
このゼロ戦であると独断的に思います。

確かにホンダの一時期の小型車には、
そんな日本らしい美しさが流れていた気がするんですが・・
最近は・・・・・・・・・
正常進化という言葉を日本のメーカーは知らないんですかね??


紫電改を日本車に例えるとすると・・・・・
「いすゞべレット」なんかどうですか?

唯一記憶に残る日本車な気がしますが。
| acchon17 | EMAIL | URL | 2009/04/21 12:30 PM | .fKr1/KE |

あー 書き忘れましたが、
個人的に 加藤建夫陸軍中佐 率いる
加藤隼戦闘隊 飛行第64戦隊 秘匿名「高二一九四部隊」
加藤建夫軍神 の生きざま が 
なんとなく 自分の性格とかぶります。

きっと 前世は この部隊の飛行隊に所属していたかも。。。



敵国の珈琲を飲み、カメラはコンタックスを愛用する

人間味ある男 こんな人に私は惹かれてしまいます!
| shibuya | EMAIL | URL | 2009/04/21 12:09 PM | AvoIrSP. |

acchon17 さん

え〜 ゼロ戦 好きだったの!!

確かに 「紫電改」 は 最高の飛行機。

クルマに例えれば ポルシェ911みたいな感じ??

日本のポルシェ911って どんなクルマなんですかねぇ・・・

スカイラインのGT-Rじゃないし・・・
フェアレディZや2000GTでもない。


飛行機はすばらしい工業製品作れるのに、
クルマは最初から 大量消費的 シロモノ自動車が
多いですよね。。。

ホンダの シビックとかシティ ビートなどが
日本らしいクルマだと 良く思うのです!


隼 は 軽くて 運動性能バツグン。

非力で火力もしょぼかったけど、
日本人らしい 作品だと思います。
| shibuya | EMAIL | URL | 2009/04/21 12:01 PM | AvoIrSP. |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/812