■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この色 とっても洒落てます!<br>11月納車可能<br>Fiat Panda City Cross 1.2左MT<br>諸費用オールイン乗り出し285万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">只今、発売中の雑誌「ブルータス」に<br>ロシアの秘宝 ラーダ・ニーヴァ<br>掲載されています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その46<br>懐かしいSaab 93 右ハンドルATを<br>神奈川のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その43<br>シトロエン・ベルランゴ・マルチスペース<br>ブルーHDi 100 S&S ETG6 XTR+<br>ディーゼル 左ハンドル セミAT<br>マイナーチェンジされた新型を<br>東京のSさんに納車完了!
  • 新型V250 アヴァンギャルド 4マチック190PS<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>マルコポーロ アクティビティ<br>Vito 4マチックモデル 左ハンドルモデル等<br>欧州より直輸入致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


銘刀を作るには・・・







ECO ECO ECOって




エコって 騒ぎすぎじゃない???






もともと 日本人ってのは 独創性があって 
優れた物 作れる民族なのに、


最近の日本人、世界で認めらたいからなのか?
流行りのエコ・・・ やりすぎなんじゃないの???




何だか納得出来ないんだよなぁ・・・ 俺。



私は4年前 トヨタのプリウスなるものを、  

新車で購入してみました。

いわゆる 2代目プリウスってやつです。

メーカーの公称データーは リッター20Km/リットル以上走るらしかったけれど、
実際 東京都内で走ってみると 14km/リットルだったよなぁ。。。




コレッてどうなのよ???








そんな反動からか・・・

我が家には、来週 シトロエンC4グランドピカソ 1.6ターボディーゼルなるものが
やってきます。


このクルマは、1リッター 15キロも普通に走り、 
燃料は軽油(86円/1リッター)なんですよ。。。


ウルトラコストパフォーマンス良いクルマなのでありますが、
なぜか 日本では全く 輸入&導入されていないモデルなのであります。












ガソリン ハイブリッドって、
国策なのかもしれないけど、世界より相対的に考えて見てみると・・・


プリウスが向かうところは
チョッと 方向を見失ってる感じがアリアリです。




ところで、 ハヤブサって知ってます?


戦闘機の隼なんですけど、


日本人って 凄い飛行機作ったんですよね・・・ 
心の底から感心できる工業製品なんです。


抜群の旋回性能と航続距離。


徹底した軽量構造。



日本人が持っている精神を沢山取り入れ、
独創性の究極を追及しています。


隼みたいな プリウス 
マジで作ってもらいたいなぁ・・・


日本人らしいクルマって 一体どんなクルマなのでしょうか?



私は 階級を感じない総国民車を 真面目に作るべきだと思うのです。











加藤隼戦闘隊 この実写はすごい 昭和19年製です!
こちらをクリックして下さい。お願いしま~す「クリック!」→
どうぞ応援よろしくお願いします。









| とりとめもないこと | 11:10 PM | comments (5) | trackback (0) |

カニダイさんへ
OKUさんへ
暖かいお言葉ありがとうございます。今回、改めて子供の回復力はすごいなぁと思いました。

パンダに対する、カニダイさんの思い、素敵ですね。
音については全く同感で、例えば、同じく空冷ツインでも、FIAT旧500とシトロエン2CVでは、500はまさに燃えている感じですが、2CVはパタパタと軽快な感じで、両方とも個性の要素となっており、パンダは旧500の燃えている感じ=パッションを受け継いでいるのではと思います。
最近のクルマは、燃費の為に燃料をギリギリまで薄く吹かせているせいか、アクセルを踏み込んでも、クルマに意思が伝わらないような感じで、これが“ゼロ戦”なら撃墜されてしまうのではと思うのですが・・・。
| たちばな | EMAIL | URL | 2009/04/21 07:50 PM | BhGeVUSU |

>カニダイさん
お久しぶりです。
ちょっと私は難しい事は分かりませんが、パンダはとにかく楽しいですよ〜!
シフトチェンジすると助手席の人の足に当たるし(カニダイさんよりレディの方が良かったですが....笑)人と人との距離が近いから話も弾むし親近感もわくし、なので特に音楽が無くても楽しくパンダに乗ってるうちに目的地に到着しちゃいます!
やっぱりイタリア人は話し好きですね〜。
パンダがあるから、Gの良さを知ってしまいどっちも諦めきれません。なので、いまのとこ買い換えしたいクルマが無いんですよね〜正直、追加したいクルマはありますが......(苦笑)
CIAO!
| OKU | EMAIL | URL | 2009/04/20 10:05 PM | 5FyWfBmA |

>たちばなさん
お子さんの体調が回復して良かったですね〜!
でも結構長引いてるんじゃないですか?
とにかく良かった良かった!
エコカーは国策やからしゃ〜ないんかな〜.....。
ま、そんなの私はどっちでもい〜んですが(笑)
私はエコカーに寝返るくらいならスクーターいや、チャリンコにスイッチしますわ〜。
私、何気にBMXからロードレーサーまでチャリンコもいけまっせ〜。
(ロード以外一通り草レース&大会経験有りです)
| OKU | EMAIL | URL | 2009/04/20 09:57 PM | 5FyWfBmA |

たちばなさん>
お子さんの体調が回復してホッと一安心ですね。
我が家は次女が風邪の引き始めで長女を隔離するはずが・・・。
まったく予想外に皆さんのお邪魔をしてしまい・・・。

私は何となく“音”なのかぁと感じました。
日本車はクルマの発生音=騒音と嫌い過ぎなのでは?

某高級車からクルマの完成度がdBで数値化され、確かに静かになりましたが車内の会話も静かになってしまった気がします。
フェラーリやマセラッティなどのFromイタリア勢は乗ったことも無いのですが何処にいても判る音で走っています。

もちろん上記の様なクルマは特別なのですが、私がパンダに興味を持ったのはイタリアの様な生活音を期待してのことかもしれません。
| かに目大仏 | EMAIL | URL | 2009/04/20 06:55 AM | hcP1FCC2 |

ようやく子供の体調が回復し、ホッとしています。
いわゆるエコカーですが、あの製品をあの価格で販売できるという日本のメーカーの技術はすごいと思いますが、例えばOKUさんが常々言っているようなパッションとか、先日取り上げられていたメアリのような個性というクルマ生活に大切なモノが欠けていて残念です。効率の良い移動に、楽しさや雰囲気といったものを今後のエコカーを作るメーカーがプラスして実現していかないと、クルマ生活の将来は暗いですね。
| たちばな | EMAIL | URL | 2009/04/19 11:53 PM | SLsBgDUw |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/809