お問い合わせ
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<前月 2022年11月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • エージェントOの<br>ヨーロッパ出張日記 その3
  • お待たせ致しました!<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>2017年右ハンドル 新車 発売開始!<br>諸費用オールイン乗り出し970万円
  • ポンドが安いぞ!今が買い!<br>ランドローバー・ディフェンダー110<br>諸費用オールイン610万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2022 その54<br>ルノー・グラン・カングー1.5dCi<br>ディーゼル 左 マニュアル 7人乗り<br>栃木のYさんに納車完了!
  • モチュールオイルとグリーンフィルターを投入しました。
  • ロシア製は輸入禁止になりましたが……<br>某国製UAZ(ワズ)ガンガン直輸入します❗️<br>ワズ・ハンター 新車 2022年モデル<br>諸費用消費税オールイン乗り出し410万円
  • まるでクラシック・ディフェンダーの再来!<br>ランドローバー・マニアが作るSUV<br>イネオス・グレナディア<br>2021年発売 直輸入販売致します!
  • カタログがダウンロード可能❗️<br>イネオス・グレナディア<br>Ineos Grenadier<br>関連過去記事まとめ
  • 即納可能なキャンピングカー新車!<br>フォルクスワーゲンT6.1カリフォルニア<br>オーシャン2.0TDIエディション4モーション<br>諸費用消費税オールイン乗り出し1430万円
  • ロシアより続々と日本上陸!<br>WさんのUAZ(ワズ)ハンター<br>NさんのUAZ(ワズ)3909<br>SGRコンビ・エクスペディション
  • <font style="font-family: Meiryo UI">装い一新!<br>ピックアップ界のアルピナ<br>フォード レンジャー ラプター<br>諸費用オールイン乗り出し850万円
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
レンタカーで激走!約2500km
番外編 ボルシチだ! ピロシキだ!





UAZ(ワズ)本社、ラーダ本社を訪ねるため、

ロシアに渡った私達 ルパルナス小隊

その1

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4127

その2

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4135

その3

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4137

その4

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4141







クルマも食べ物も

本物を追及するべく

ロシアに滞在中

我が部隊は

ボルシチとピロシキを

徹底的に追及

行く先々で食べてみました!







まず、

国道沿いにあった

ファストフード店のボルシチ。







その色は、

ビーツによる赤紫。



そうです、

小学生の頃、

給食で食べたボルシチは、

トマトケチャップ味という

文字通りの真っ赤なニセモノだったのです。



しかし、

ここのは“ダシ”が全く効いておらず、

外国でよくある味噌だけの味噌汁のように、

薄い味でした。







次に、

ウリヤノフスク市内の

オーセンティックな

レストランで食べたボルシチ。







ここのは、

ニンニクがしっかり効いていて、

身体が あったまる感じ。



ボルシチには、

だいたいサワークリームが

標準で添えられています。

やはり 混ぜた方が モアベター!







他にも、

ビーフストロガノフや







ベーコンに黒パンという

ロシアの定番も食べてみました。







そして、

一番美味かったのは、

国道沿いにあった

“カフェ”と書かれた

おばちゃんがやってるドライブインの

ボルシチとピロシキ!







両方共、

中に甘いジャガイモが入っており、







ピロシキは、

炭水化物イン炭水化物ですが、

何とも

マイルドで深い味わい!







ここのは

揚げてありましたが、

本来 ピロシキは油で揚げず

オーブンで焼いてあるものが主流。



しっかり 研究しようと思っています。







ちなみに、

ウリヤノフスクやトリヤッチで

数多く見掛けた

日本食レストランにも行き、

寿司を食べてみました。



普通に美味しく 日本人にも

食べる事が出来ますが

ほとんどのメニューが巻物で、

何にでも

クリームチーズが入っているのでした。



やはり マイナス20度の世界では

オイリーな食べ物が

必要なんですね。







ロシアの

ボルシチとピロシキは、

味も様々で深い!







弊社が展開している

移動販売車のネタとして、

もっと研究いたします!



ご期待くださいませ。

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4113



| ヨーロッパ便り | 10:19 AM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/4148