お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<前月 2020年04月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
レンタカーで激走!約2500km
その3 荒野の国道一本道






モスクワを出発し、

モスクワ環状道路から

モスクワ連邦道路M5に入り、

東へ約900km先の

UAZ(ワズ)本社がある

ウリヤノフスクを目指す私達。



その2 モスクワを出発!

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4135







M5は、

最高速度ほぼ90km/hですが、

高速道路ではなく、

あくまでも国道。







スピード取り締まりや検問のため、

警察と結構な頻度で遭遇します。







そして、

こんな案山子も。

遠くからだと案外

見間違えてしまうのです。







一本道の両脇は、

荒野や森林が広がっています。







どんどん進んでいくと、

雪が降っているところもあり、

しんしんと寒くなり、

場所によってはマイナス20℃!







道路は、

意外と舗装がよく、

走りやすいのですが、

街中以外ほとんどが

片側1車線の対面通行。







せっかちなロシア人が

無茶な追い越しをするため、

油断できません。







しかも、

ちょっと横道に逸れると、

未舗装路のガタガタ道に

なってしまいます。







モスクワとは打って変わって、

高級車や輸入車は姿を消し、

走っているのは、

ほとんどがトラックとロシア車。







すると、

いましたいました、

ワズとラーダ・ニーヴァ!







いかにも、一生懸命

仕事をしている様子。







道端には、クルマを停めて、

漬物や干物、毛皮などを

売っている人をよく見掛けます。







道沿いに

トラック野郎相手の

食事処が並ぶ様は、

日本の昭和40年代の様。







たまに家があっても、

質素で古く傷んだものばかり。







モスクワの平均月収が、

日本円に換算すると10万円程度、

地方はその半分の5万円程度と聞きます。



物価も地方は確かに

モスクワの半分くらいの感覚。







地方は、旧ソ連時代と

あまり変わっていないのでしょう。



華やかな都市部との

大きな格差を感じました。



つづく



その4

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4141



| ヨーロッパ便り | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/4137