お問い合わせ
■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<前月 2021年01月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • 日本じゃ買えない7人乗りロングボディ<br>シトロエン・ベルランゴXL<br>シャインXTR BlueHDi 130 S&S EAT8<br>日本上陸!
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • 2012年 ヨーロッパの旅 Vol.2 その4<br> IAAハノーバー商用車モーターショー<br> 其の1
  • シトロエンHトラックの現代版<br>シトロエン・タイプHG<br>私たちが直輸入致します!
  • ぶっ込みシリーズ 定期化 その7<br>これぞアウディ!六本木カローラでレッツ GO GO GOひろみ!!
  • 🉐速報 日本での直輸入価格発表❗️<br>オフロードのスポーツカー<br>新型フォード・ブロンコ‼️<br>4ドア V6 ATベースモデルが650万円より
  • 1985年と言えば 23歳だったんだなぁ<br> 1985 アウトビアンキ A112 ジュニア<br>ワンオーナー 37000キロ<br>イタリア駐在員アンドレアが発掘!<br> 我こそは と思われた好車家<br> ご連絡ください!!<br> 諸費用オールイン250万円より
  • 本日は、自動車コンシェルジュ渋谷剛史です。
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
その1





私たちが取り扱っている

ロシアの秘宝

UAZ(ワズ)とラーダ







何十年もほぼ変わることなく

作り続けられているそのスタイルが、

好車家の心をワシ掴みなわけですが、

本場ロシアでは……







なぜ作り続けられているのか?







どのように使われているのか?







私たちがこれまで、

ラーダ・ニーヴァを

約8年間で約150台直輸入した経験から、

どこが壊れてどうしたら確実に修理できるのか?





ロシアの食文化からも研究、理解を深めてみようと思います。



私たちは、

ただ売るだけでなく、

そのクルマの成り立ちを研究、理解し、

メンテナンスやパーツに精通するのが、

お客様への責任だと考えています。







そのために、これから

ロシアのワズとラーダの本社へ行き、

ミーティングをしてきます!



つづく



その2 モスクワを出発!

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4135



| ヨーロッパ便り | 02:46 PM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/4127