お問い合わせ
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<前月 2020年02月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (697)
  2. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (406)
  3. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (400)
  4. どこよりもリーズナブルにお届けしたい!
    フォルクスワーゲンT6カリフォルニア
    オーシャン2.0TDI 4モーション
    諸費用オールイン850万円~
    (381)
  5. これが2020年モデルの
    新型ルノー・カングーだ!
    ……って、らしくないなー
    (380)
  6. 7人乗れるロングボディのスライドドア付ミニバン
    シトロエン・ベルランゴXL
    プジョー・リフター・ロング
    右ハンドル英国仕様が販売開始!
    諸費用オールイン乗り出し価格450万円~
    (330)
  7. ワズ2206/ハンター/パトリオット
    UAZ 2206/Hunter/Patriot
    関連過去記事まとめ
    (324)
  8. 大人気のラーダニーヴァ
    LADA NIVAの新車 中古車が充実の在庫体制へ
    新車は諸費用オールイン乗り出し280万円より
    ご用意しています!!
    (320)
  9. 納車千本ノック2020 その7
    ラーダ・ニーヴァ4×4
    左ハンドル マニュアル 4WD
    埼玉のTさんに納車完了!
    (315)
  10. 諦めきれない新車在庫情報!
    お急ぎの方へ今スグ納車可能!
    (314)
■RECENT COMMENTS■
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!
ロシアの本社へ特攻の旅
その1





私たちが取り扱っている

ロシアの秘宝

UAZ(ワズ)とラーダ







何十年もほぼ変わることなく

作り続けられているそのスタイルが、

好車家の心をワシ掴みなわけですが、

本場ロシアでは……







なぜ作り続けられているのか?







どのように使われているのか?







私たちがこれまで、

ラーダ・ニーヴァを

約8年間で約150台直輸入した経験から、

どこが壊れてどうしたら確実に修理できるのか?





ロシアの食文化からも研究、理解を深めてみようと思います。



私たちは、

ただ売るだけでなく、

そのクルマの成り立ちを研究、理解し、

メンテナンスやパーツに精通するのが、

お客様への責任だと考えています。







そのために、これから

ロシアのワズとラーダの本社へ行き、

ミーティングをしてきます!



つづく



その2 モスクワを出発!

http://blog.le-parnass.com/index.php?e=4135



| ヨーロッパ便り | 02:46 PM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/4127