お問い合わせ
■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<前月 2019年08月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (919)
  2. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (847)
  3. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (620)
  4. ワズ2206/ハンター
    UAZ 2206/Hunter
    関連過去記事まとめ
    (529)
  5. UAZ(ワズ)2206
    ジュビリー60thエディション
    日本直輸入1号機ロールアウト!
    ハンター2台と共に12月日本上陸予定
    九州Sさん、埼玉Kさん、東京Sさん
    納車まで少々お待ち下さい!
    (509)
  6. ちなみにこの仕様だと・・・その4
    フォルクスワーゲン シャラン 4モーション
    コンフォートライン7人乗り2.0TDI DSG
    諸費用オールイン乗り出し670万円より
    (505)
  7. 在庫決算セールにつきプライスダウン!
    国産車とは次元が違う高級ミニバン!
    フォルクスワーゲンT5マルチバン2.0TDIハイライン
    走行約16000kmの極上中古車!
    諸費用オールイン乗り出し価格600万円
    (458)
  8. 日本に上陸済!
    いすゞMU-X ミューエックスは
    SUVてゆうかRVのホームラン王です!
    ピックアップトラックのD-MAXもよろしく
    諸費用オールイン乗り出し495万円~
    (403)
  9. Gクラス?ハマー?メガクルーザー?
    いや、ラーダ・ニーヴァがベースのSUV
    限定150台のアパル21541ストーカーだ!
    APAL 21541 STALKER
    諸費用オールイン価格400万円(消費税別)
    (398)
  10. このモデル 新車で輸入します!
    シトロエンHトラックを現代風にアレンジ
    Citroen Type H Reinvention
    早速現地に飛んで 実車を確認
    金額が判り次第 当ブログで発表!!
    (387)
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター<br>UAZ 2206/Hunter<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">日本に上陸済!<br>いすゞMU-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく<br>諸費用オールイン乗り出し495万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワーゲンバスみたいなレトロで新しいトレーラー<br>DUB-BOX 3号機 リフトアップルーフ<br>ケータリングなど移動販売車のインテリアが完成!<br>東京・千駄ヶ谷のナーナ・ガトーにて展示中!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018 その52<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>オーシャン2.0TDI 4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り<br>スーパーカーコレクターも愛用のキャンピングカーを<br>東京のN先生に納車完了!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


アンケート集計結果

1月28日〜2月9日にかけて
このサイト内にて行ったアンケートの集計がまとまりました。
(時間がたってしまって申し訳ありません。)
改めて、たくさんのご回答ありがとうございました。

有効回答数167件、
男性89.8%、女性10.2%

思った以上に女性が多かったんではないのでしょうか。

ブログの内容が内容なだけに、
ほとんどが男性だとこちらは踏んでいましたので・・・・
わからないものですね〜(笑)

年代別に見ますと

10代 2.4%
20〜30代 53.9%
40〜50代 41.9%
60〜 1.8%

やはり20〜50代が圧倒的ですね。

ただ女性に関しては17名のうち9名が20〜30代
さらに10代の方が3名いらして、
実に頼もしいなぁ〜と思います。

お住まいも日本全国に散らばっております。
北海道から九州・沖縄まで、全国各地に当サイトのファンがいらっしゃるって
とっても喜ばしいことと思われます。
さらにおひと方、アメリカからお応えくださった方がいらっしゃいました。
嬉しいですね〜〜。ありがとうございます。

ほぼ毎日このブログを覗いていただく方が
77.8%
また、面白いと感じてくださっている方も
94.6%
この数字の多さに、
毎日こまめに有益な情報をアップすることの 大切さを
改めて感じた次第です。

また、クルマを諦めきれない方88%
諦めた方が0%
みなさんまだまだ「諦めきれない」ということですね。

お持ちの台数ですが
半分の方が1台、
2〜4台お持ちの方が42%
5台以上が1.8%・・・

この数字からも
まさに「諦めきれない」を実践されていることが窺えます。

さらに外国車をお持ちの方が58.6%
国産が18%
両方お持ちの方が21%・・・・・

両方お持ちの方の割合が多い気がします。
こちらもすでに趣味グルマと実用車の2台体制を
実践されていると言うことですか?

そのクルマ2台体制に、経済的余裕さえあれば95.8%の方が賛成で、
その際の趣味クルマと実用車にたくさんのご意見をいただきました。
趣味車としては「シトロエン」「ポルシェ」「ロータス」が目を引きます。
「フェラーリ」「BMW」「メルセデスベンツ」が思った以上に少なく、
どちらかというとヨーロッパの個性的なクルマを指向されている方が
多いのが特徴的なのかも知れません。

MTかATかと言う問いに
43%の方がMT、13.2%がAT、どちらでもの方が43.7%。
ミッションに関して、そうこだわりが強いわけではないですね。

同じようにハンドル位置も43%の方が右でもどちらでも構わないとのこと。
そういう意味では、皆さま柔軟なお考えをお持ちであると思います。が・・・
今回、シブヤ氏の情報で、何故生産国のままのハンドル位置が良いかという理由に
考え方を変えられる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

私事ですが、日本で左ハンドルに慣れてしまうと
左側にベッタリ寄れる故、
結構運転しやすいな、
なんて思ったことがありました。
停車中のバスを追い抜く時や右折時には注意が必要ですが・・・。

今回、初の試みとしてこういったアンケートを行いましたが
思った以上のご回答をいただき、
シブヤ氏ともども、
感謝していると同時に驚いた事も事実です。

このアンケートの目的が、まずはどういった方々にご覧いただいているのか
それをおぼろげながらも
把握できたらということで行わせていただきました。
今までは単なる推測でしかありませんでしたから。

このアンケートで、やはり「クルマを諦めきれない」人たち、
まだまだ日本各地に沢山いらっしゃるということがわかりました。
楽しみにしていただいている方も多いということで張り合いも出ます。

今後、ご覧いただいている方を意識した情報をアップすることは勿論ですが
皆さまに喜んでいただける「クルマを諦められない企画」を考え、
実験的に行えたらなんて、そんなことも考えております。

今後とも当ブログをご贔屓に、よろしくお願いいたします。


| お知らせ | 08:53 PM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/408