お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<前月 2020年04月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


Citroen Japonは撤退だけど・・・

自分で持ってきちゃえば関係ないでしょ!!



シトロエンと言えば、独創的なクルマを作る事で、1960年代から日本で
それなりの人気があるクルマ。。。

ところが今回、日本の輸入元であるシトロエン・ジャポンが
3月一杯で解散されてしまうとの事。
その後はグループ会社プジョーとプジョー・シトロエン合弁の
会社を設立するとアナウンスされています。

このシトロエンいうクルマを日本で過去に輸入・販売していた会社を
ちょっと歴史をひもといてみたりして・・・

~1965年、日仏自動車販売(株)  
1967年~日仏貿易(株)
1969年~1972年、西欧自動車(株)
1971年~1995年、西武自動車販売(株)
1988年~1998年、マツダ(株)
1995年~2002年、新西武自動車販売(株)
2002年~2008年、シトロエン・ジャポン(株)

と、こんな感じで輸入会社が存在していました。

特に民族系の西武自動車販売が、最も長い間
シトロエンを販売しそれなりに実績を上げました。
大変面白いトピックですが、西武自動車時代、
シトロエンCXとGSをあのヤナセでこっそり売ったりして、
結構話題になりましたね。。。

そして大きな転機、1989年、 
マツダが、プレミアムチャンネル・ユーノスを作り
初代ロードスターと一緒に、シトロエンが助っ人商品として
ラインナップされてしまったのです。。。

まさにバブルの時期、国産メーカーと海外メーカーの間で、
とんでもない輸入計画をぶっ立てたのであります。
この辺から歪な輸入車勢力図が形成されていったのでありますね。。。



日本は左側通行のAT主流、
フランスは右側通行&殆どのクルマがマニュアル・・・

そんなクルマ文化の違う中、
無謀にもマツダでは、積極的に右ハンドルを入れてしまった為、
マツダで購入した初心者、国産乗り換え組みシトロエンユーザーのクルマ達は

ぶっ壊れ―治せない―途方にくれる―中古車暴落―下取り価格

といった悪循環に巻き込まれ
シトロエン・マーケットが次第に弱体化、底冷え
マツダ撤退、新西武自動車解散と最悪のシナリオになって行ったのです。。。

右ハンドル・オートマチックの悲劇の組み合わせは、
その後のシトロエンを大きく左右したのでありますね。

2002年からメーカーが乗り出し、無謀な輸入を計画をぶち上げ、
脈絡の無いラインナップに昨年も輸入台数2000台強で頭打ち、
遂に今年シトロエン一本での輸入に終止符が打たれた訳です。。。

メーカーは当然、台数至上主義ですが、
マーケットを確立せずに、無謀とも言える販売計画やネットワーク作りをして、
むやみに輸入台数を大きくすると、数年後には必ずマーケットが歪みが出てしまうのです。。。

私はこの仕事を始めて25年。
たかが四半世紀ですけど、色々なクルマを販売してきました。
その中で本当に良い経験をさせて頂いたのであります。

私自身、個人的にもクルマが大好きで、
(特に外国のクルマは、異文化の人々がクルマを作っているので、海外旅行をしているみたいに、クルマで色々な事を発見出来て、今でもそんなクルマを諦める事ができないのであります)。。。

そんな私が、 
自分勝手に思うシトロエンの良さってのは。。。

小さなエンジンで大きなクルマを動かし
快適にどこまでも走れてしまう様なクルマ。
そしてチョッとだけ宇宙人入ってて、
未来を見る感アリのクルマ。。。

そんなシトロエン・・・

今年は、かなり向かい風ではありますが、
とりあえず私もシトロエンが好きでありまして・・・
そんな同胞のコアなシトロエン・ファンの為に、
今年・・・
ル・パルナス・・・
シトロエンを積極的に輸入しようと思っています!!

例えば、



イタリア仕様のシトロエン C2 1.6 VTS SuperSprint 5MT
コレなんか¥2,980,000で販売出来るし
チョッと高いですけどCitroen C2 1.1Classic 5MTなんかも¥2,480,000
イラン製のXantia新車2.0 5Fマニュアルを¥3,480,000で
やっちゃおうと思っています。



(いけてるシトロエンのお話)
(えーホント? エグザンティアの新車 輸入しまーす!!)

そして今年6月頃出てくるNemoやベルランゴ、
既に輸入実績のあるC1 1.0、C6 2.2マニュアルやC4 ピカソディーゼルなど
何でもシトロエン本社や各国のシトロエンからお取り寄せして
Citroenみんなで楽しんじゃえば良いじゃないですか!!



(イタリアから連絡がありました。ジュリアンよりCitroen Nemoの件)
(New Citroen Berlingo、まもなく登場!)
(Citroen C4 Picasso Lounge発売!!)

その他シトロエン関係の記事(結構あるなぁ~)→

実用品から趣向品へ、
シトロエン、ガンガン乗りましょう!!


ブログランキング、プッシュ宜しくです。
→シトロエンファンな方クリック!



| 自動車コンシェルジュ | 11:33 PM | comments (4) | trackback (0) |



masa74 さん

コメントありがとうございます。

プジョーと一緒になれば どうしてもプジョー主導型になるでしょうし
ニッチマーケットに合ったシトロエンを輸入するとは到底考えられないから
新型C5も右ハンドルの輸出仕様が来るでしょうね。。。

やっぱり フランスやイタリアで使われているスッピン仕様が
最もシトロエンらしいんですけどね・・・

自力でヨーロッパから持ってくるしか無いと私は思っています。
| shibuya | EMAIL | URL | 2008/02/21 11:09 AM | Pg2fVDgE |


プジョーは正規ですと現行40シリーズしかセダンないので
(しかもATだけ・・・)
新しいC5には期待しておりますw
| masa74 | EMAIL | URL | 2008/02/21 01:51 AM | iLCyBPrM |

pica さん

コメント有難うございます。

オートザム ありましたねぇ・・・

テーマの8.32も入れちゃったんだもんなぁ・・・

日本のクルマが優秀な分 輸入車は 趣向品な部分で
ニッチマーケットをしっかり死守しないとダメですよねぇ。。。
| shibuya | EMAIL | URL | 2008/02/19 07:41 PM | Pg2fVDgE |

インポーターがガレ伊太だった時にランチアテーマを買いましたが、その後オートザムで取り扱うようになって、大暴落してしまいました。もっとも、そのおかげで2代目は安く買えましたけど。
日本でのシトロエンも似たような歴史を歩んできたんですねえ。ニッチマーケットのままでいるのが幸せだと思います、ホント。
| pica | EMAIL | URL | 2008/02/19 03:45 AM | rGXkhtek |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/383