お問い合わせ
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<前月 2019年10月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. 7人乗れるロングボディのスライドドア付ミニバン
    シトロエン・ベルランゴXL
    プジョー・リフター・ロング
    右ハンドル英国仕様が販売開始!
    諸費用オールイン乗り出し価格450万円~
    (1412)
  2. 新型シトロエン・ベルランゴ 受注開始!
    2019年モデル新車 8月デリバリー分
    標準ボディロングボディ 
    5人乗り7人乗りが選べます
    諸費用オールイン乗り出し385万円より
    (1259)
  3. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (849)
  4. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (666)
  5. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (665)
  6. ワズ2206/ハンター/パトリオット
    UAZ 2206/Hunter/Patriot
    関連過去記事まとめ
    (601)
  7. 大人気のラーダニーヴァ
    LADA NIVAの新車 中古車が充実の在庫体制へ
    新車は諸費用オールイン乗り出し280万円より
    ご用意しています!!
    (522)
  8. いすゞが誇るピックアップトラック
    いすゞD-MAXがフルモデルチェンジ!
    ヨーロッパより直輸入致します。
    (512)
  9. いすゞD-MAX/mu-X
    Isuzu D-MAX/mu-X
    関連過去記事まとめ
    (492)
  10. 左ハンドルのヨーロッパ仕様で乗りたい!
    ポルシェ718ボクスター・スパイダー
    諸費用オールイン1300万円消費税別
    ポルシェ718ケイマンGT4
    諸費用オールイン1320万円消費税別
    (484)
■RECENT COMMENTS■
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター/パトリオット<br>UAZ 2206/Hunter/Patriot<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">日本に上陸済!<br>いすゞMU-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく<br>諸費用オールイン乗り出し495万円~
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


11e RALLYE MONTE-CARLO HISTORIQUE 開幕開幕!!

先ほど我がル・パルナス・モナコ特派員キミちゃんから
現地のホット情報が送られてきました。



私もこのイベント、現地に行って観戦する予定だったのですが、
自動車コンシェルジュの仕事しっかりやりませんと
会社が大変な事になっちゃいますので
今回は2008モンテカルロラリー・ヒストリックとレトロモービルParisは
お休みという事で、現地キミちゃんからの情報を楽しみに
ブログを書いてみたいと思います。




さて今回、エントラントは324チーム。車輌もチームの国籍も多彩です。
我が日本からも1969年ルノー・アルピーヌA110 1600Sで
男女のドライバーが エントリー しています。
(ガッツあるなぁ、しかも若~い女性のプロドライバー。カッコイイなぁ)

参戦女性ドライバー・三上和美さんオフィシャルブログは、←こちら。
ラリーモンテカルロヒストリック参戦も掲載されています。ぜひご覧ください。


2月3日から2月6日まで、50年代から70年代のクルマが
コートダジュールの山々を走り回る、痛快丸かじりなこのヒストリックカーイベント、
私もいずれは、このイベントに出てみようとこっそり思っているのです。

出場車輌は
A110、ストラトス、240Z、911、クーパー1300S、2002Tii等々・・・

飾って魅せるのではなく、走ってみせる。
このイベントは、やめられないとまらない楽しさです!

今週は、このレースにフォーカスしましょう!!


以下、現地から送られてきた
キミちゃんの情報です。

 早速ですが、モナコからです。

 15:50分。

 さっき、ラリーの現場をチェック
 モナコのポートに行って来ました。
 現在、こんな感じです。


 
 
 

 今夜、7時15分にモナコを出発します。
 勿論、見に行きますよ!!!乞うご期待。


 
 

 追加情報として、写真のアルピーヌ(No.61)は日本人のエントリーです。
 Mr. Ohumra Masaaki and Miss Mikami Kazumiさんです。




ブログランキング、アクセル踏んじゃってくださいませ
→なかなか差が縮まらない

またアンケートへのご協力もよろしくおねがい致します。

↑こちらをクリック!

モンテカルロ通信


| ヨーロッパ便り | 03:47 PM | comments (2) | trackback (0) |



Ciao 様

コメント どうもです。

ガンマクーペ イイですねぇ・・・
フルビアのセダン 私 大好きなんです。。。


今度 1.1のフルビア セダン イタリアから持ってきますので
是非 手に入れてください!!

宜しくです!!
| shibuya | EMAIL | URL | 2008/02/04 08:51 PM | Pg2fVDgE |

全ての車が懐かしいですね。

1980-81に欧州をほぼ1年旅行しました。
それまで車に道具以上の興味が無かったのに
欧州車の合理性とデザインにハマリマシタ・・

トップ写真の先頭はFord Consulかな?!
当時は鈍いデザインだと実用性しか見えなくて
一つ前の世代のCortinaが好きでしたが
この形も今見れば十分にホンワカと温かい当時のデザインですね。

コメントを書くきっかけになったのが、中段のOpel Kadett
この車はRallyですが、自分は素の2ドアセダンに乗っていました。
これが緩いオーバーステアの素晴らしい車だった。

当時ですら14年前の設計、でも中古車が流通していることは
良い車の証なのでした(乗って初めて判る事実・・)。
広い室内+トランク、軽い車重(760kg!)・・当然燃費良い、タイヤ減らない。

下りではかなり頑張れる車でしたが、ジェノヴァの先の旧アウレリアで
新型の小さなFiatに抜かれた時から、Pandaをマークしたかな。
その頃のイタリアではまだFulviaがセダンもクーペもたくさん走ってました。

デザインに非常に興味が沸いたのも車を通じてだったかもしれません。
街のLanciaショールームでガンマ・クーペを見た時には
こんなきれいなクーペを見たことがない・・と思いました。
今でも乗ってみたい・・・思い出ですね。
| Ciao ! | EMAIL | URL | 2008/02/04 11:19 AM | .fKr1/KE |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/366