■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">コアなクルマ シトロエンC4カクタスに<br>マイナーチェンジ版が登場!<br>まずはMTモデルより市場に投入!<br>私達はいち早く輸入販売開始します!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">たのしいロンドン ゆかいなロンドン<br> <i>London London♪♪</i><br>ロンドンタクシーがやってきた!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この仕様が欲しかった! という好車家に朗報<br>フォルクスワーゲンT6 Reimo TrioStyle<br>7人乗り 204PS 4Motion ロングボディ<br>右ハンドル 左スライドドア 輸入販売開始!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">諦めきれない新車在庫情報!</font><br>お急ぎの方へ今スグ納車可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その67<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア・オーシャン<br>2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り<br>アウトドアで無敵のキャンピングカーを<br>神奈川のYさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ベンジャミンも び~っくり<br>ダチア ドッカー ピックアップ<br>驚きの 諸費用オールイン乗り出し200万円から
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


納車日記
やっぱり素晴らしい
シトロエンC6 2.7HDi
ディーゼル 左ハンドル AT





シトロエンC6を購入するのなら、

ターボディーゼルがベストではないでしょうか・・・



今日は、

品川でナンバーを登録して、

お客様のご自宅までご納車です。







このシトロエンC6 2.7HDiは、

2.7リッター・ターボディーゼル

左ハンドルのオートマチック。



ディーゼル特有のエンジン音や排気ガス等は、
 
殆ど気にならないレベルにまで

メカニカル的に進歩しています。



強力なトルクとオートマチックの組み合わせは、

僚機の3リッター・ガソリン・エンジンよりも乗りやすく、

確実に、リアシートに乗る人々を心地よい空間に導きます。







ドライバーズカーとして選ぶのなら、

2.2ターボディーゼルのマニュアル

ショーファーカーとして選ぶのなら、

2.7ターボディーゼルのオートマチックを

私は強くお勧め致します。



ドライビングプレジャー

エレガントなシルエット

エコノミカルなマネージメント

と、三拍子そろったC6ディーゼルは

現代のクルマの中で

素晴らしく魅力的なクルマなのです・・・



日本のディーラーに導入されている

3リッター・ガソリン オートマチック 右ハンドルに比べて、

1.4倍ほどのイニシャルコストが掛かりますが、

手に入れた喜びは、

クルマを諦められない心を納得させてくれる筈。。。







フランスのウルトラ快適サルーン、

Citroen C6 Turbo Dieselシリーズを

是非手に入れてください!



現地ヨーロッパより、

こだわりのC6をお取り寄せさせて頂きます。



| 取扱い車種-Line Up::Citroen | 05:53 PM | comments (0) | trackback (0) |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/283