お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<前月 2020年04月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. レアカラーの赤が入荷!
    ラーダ・ニーヴァ4×4
    ワンオーナーの極上中古車!
    諸費用オールイン225万円
    (892)
  2. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (889)
  3. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (384)
  4. リーズナブルなキャンピングカーの新古車!
    シンク、コンロ、冷蔵庫装備
    フォルクスワーゲンT6カリフォルニア・コースト
    諸費用オールイン780万円
    (383)
  5. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (324)
  6. 諦めきれない新車在庫情報!
    お急ぎの方へ今スグ納車可能!
    (306)
  7. ワズ2206/ハンター/パトリオット
    UAZ 2206/Hunter/Patriot
    関連過去記事まとめ
    (289)
  8. 7人乗れるロングボディのスライドドア付ミニバン
    シトロエン・ベルランゴXL
    プジョー・リフター・ロング
    右ハンドル英国仕様が販売開始!
    諸費用オールイン乗り出し価格450万円~
    (279)
  9. 日本に上陸済!
    いすゞMU-X ミューエックスは
    SUVてゆうかRVのホームラン王です!
    ピックアップトラックのD-MAXもよろしく
    諸費用オールイン乗り出し495万円~
    (186)
  10. リーズナブルなキャンピングカーの新古車!
    シンク、コンロ、冷蔵庫装備の最上級グレード
    フォルクスワーゲンT6カリフォルニア・オーシャン
    諸費用オールイン790万円~
    (185)
■RECENT COMMENTS■
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


40th.東京モーターショーより現場中継Vol.3 今回は的外れ?

GTRで華々しく始まった40th.東京モーターショー。
しかし「世界に、未来に、ニュースです。」というテーマにあった出し物は、殆ど皆無。

これからのクルマを考える といった方向性はアナウンスされていますが、
フランクフルト モーターショーの様な、世界規模で環境と資源を考える動きは、殆ど感じられません。

トヨタ 日産 ホンダ マツダ等、日本メーカーは、
日本のマーケットに対してもっとエコンシャスなアナウンスをするべきだと私は思います。

日本は石油が取れない国。
ガソリンは全て輸入に頼っているのですよ。。。

日本の技術は、世界屈指なハズです。
一刻も早く、エコノミカルで環境に優しいクルマを早く日本市場に出すべきだと
私は考えます。

環境面で、ディーゼルエンジンは、CO2対策の切り札。
ディーゼルハイブリッドなどは、特に現実的だと思います。

現在、日本のディーゼルエンジンの規制は
既に新長期規制を施行し、2009年にポスト新長期規制が施行される事になっています。

ヨーロッパのEuro5に関しては、日本の新長期規制をクリア出来そうですが、
ポスト新長期に関しては、Euro6以上の規格で、米国TierII Bin5規制をもクリア
出来るシステムが必要になってきます。

2008年は米国のディーゼル元年となり、
Volkswagen、Audi、MercedsBenz アライアンスの「BLUETEC」が
米国国内でその突破口になるかと思います。



今回の東京モーターショーで、もう少しその流れを打ち出してもらえればと
私は思いました。

今回のモーターショー、気になった車両といえば、



1.ダイハツ 『MUD MASTER-C(マッドマスター・コンセプト)』
悪路での踏破性と積載能力を併せ持った
軽量でコンパクトな軽箱(ケイッパコ)
コレはちょっと夢があって良いなぁ。。。



2.アウディ 『アウディ メトロプロジェクトクワトロ』
3ドア4シーターの2ボックスコンパクトカーで、エンジンとモーターのハイブリッド車両。
1.4リットルTFSIエンジンをフロントに搭載て110KW(150馬力)を発生するそうです。
そして リアには30kW(41ps)のモーターを搭載しちゃって
全輪駆動 And リチウムイオン充電池を搭載。
モーターだけで走行することも可能だそうです。

このメトロプロジェクトクワトロ
今後のアウディデザインの大きなヒントとなるクルマだそうで、
今度登場するAudi A1となるとの事。
このクルマ、かなり期待できます!!

私の超おススメ車両です!!



3.大穴 『ダッジ デーモン Dodge Demon』
全長4m弱のコンパクトサイズ・オープン2シーター。
今年のジュネーブ・ショーで発表されたコンセプトカーです。
172hp 2.4リッター直4エンジン+6段ミッション。
打倒ロードスターですね。



4.ボルボのコンセプトカー 『Rechage Concept』
家庭用電源から充電するプラグインハイブリッド コンセプト。
C30をベースにして、各ホイールにモーターが搭載されています。



5.メルセデス・ベンツ 『F700』
ディーゼルとガソリンの燃焼方式を使い分け「ディゾット」と呼ばれる新内燃機関を搭載、
メルセデス・ベンツの起死回生の一発に期待です。

以上 

今回は、かなりガッカリだった東京モーターショー。
やはりヨーロッパのパリやフランクフルト、ジュネーブといったモーターショーに行って
グローバルな観点からクルマを諦めない方が良いのかな、と感じました。


| 自動車コンシェルジュ | 03:04 PM | comments (2) | trackback (0) |



しょうげんさん

コメントありがとうございます。

私は プリウスを新車で買いましたが、
2度と買う事は無いと思います。

燃費だって特別良い訳ではなく、ヨーロッパの小型ディーゼルの方が
よっぽどエコノミカルです。

>シビックやプリウス、ハリアーやエスティマ、果てはLS600hなどなど、こんなにも多くの車種でハイブリッドが買える国って日本だけでしょ?

とありますが、一度日本のクルマ 新車でお買いになってみれば如何ですか?
| shibuya | EMAIL | URL | 2007/10/27 01:48 PM | Pg2fVDgE |

伝え漏れてくる情報によると、確かに未来に向けてニュースになるクルマがありませんね。

けど、フランクフルトに比べて劣っているかと言えば、そうではないと思います。

出品されている主要なクルマはフランクフルトと大きく違いません。
フィアットの出品が無い等、来ていないクルマもありますが、あちらはホームですから。
しかも、ディーゼルに逆風が吹く日本とくれば、こんなものでしょう。

ただ、今回はホームになる日本勢に目新しい提案がないのが残念です。
渋谷さんが、ガッカリされたのもこの点ですよね?

でもね、ショウを離れて考えてみると、日本だって捨てたもんじゃないと思うんです。

シビックやプリウス、ハリアーやエスティマ、果てはLS600hなどなど、こんなにも多くの車種でハイブリッドが買える国って日本だけでしょ?
ようやくハイブリッドを発表し出した、欧州勢に対して、実用化という面ではアドバンテージを持っているのではないでしょうか。

問題は、それらのクルマに強烈な魅力がないこと。
日本のクルマ作りの限界ですね。

個人的には、ディーゼルにも興味がありますが、もう一度、ガソリンに戻って、VWのTSIやメルセデスのDiesOttoに注目しています。

支離滅裂なコメントで申し訳ありません。
| しょうげん | EMAIL | URL | 2007/10/26 10:44 PM | .hOxvSMM |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/250