お問い合わせ
■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<前月 2019年08月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (919)
  2. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (847)
  3. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (620)
  4. ワズ2206/ハンター
    UAZ 2206/Hunter
    関連過去記事まとめ
    (529)
  5. UAZ(ワズ)2206
    ジュビリー60thエディション
    日本直輸入1号機ロールアウト!
    ハンター2台と共に12月日本上陸予定
    九州Sさん、埼玉Kさん、東京Sさん
    納車まで少々お待ち下さい!
    (509)
  6. ちなみにこの仕様だと・・・その4
    フォルクスワーゲン シャラン 4モーション
    コンフォートライン7人乗り2.0TDI DSG
    諸費用オールイン乗り出し670万円より
    (505)
  7. 在庫決算セールにつきプライスダウン!
    国産車とは次元が違う高級ミニバン!
    フォルクスワーゲンT5マルチバン2.0TDIハイライン
    走行約16000kmの極上中古車!
    諸費用オールイン乗り出し価格600万円
    (458)
  8. 日本に上陸済!
    いすゞMU-X ミューエックスは
    SUVてゆうかRVのホームラン王です!
    ピックアップトラックのD-MAXもよろしく
    諸費用オールイン乗り出し495万円~
    (403)
  9. Gクラス?ハマー?メガクルーザー?
    いや、ラーダ・ニーヴァがベースのSUV
    限定150台のアパル21541ストーカーだ!
    APAL 21541 STALKER
    諸費用オールイン価格400万円(消費税別)
    (398)
  10. このモデル 新車で輸入します!
    シトロエンHトラックを現代風にアレンジ
    Citroen Type H Reinvention
    早速現地に飛んで 実車を確認
    金額が判り次第 当ブログで発表!!
    (387)
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター<br>UAZ 2206/Hunter<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">日本に上陸済!<br>いすゞMU-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく<br>諸費用オールイン乗り出し495万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワーゲンバスみたいなレトロで新しいトレーラー<br>DUB-BOX 3号機 リフトアップルーフ<br>ケータリングなど移動販売車のインテリアが完成!<br>東京・千駄ヶ谷のナーナ・ガトーにて展示中!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2018 その52<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>オーシャン2.0TDI 4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り<br>スーパーカーコレクターも愛用のキャンピングカーを<br>東京のN先生に納車完了!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


40th.東京モーターショーより現場中継Vol.1 カルロス ゴーンが吠える!!

早朝、早起きして東京モーターショーに直行です。





さて、
今年のモーターショーの目玉はなんと言っても"日産GTR"

どうしてこの時期にスポーツカーなんてって!思うのですが。。。
本日、カルロス・ゴーンが吠えたのです!!

技術の結晶、それがNISSAN GTR。

日産・プレスカンファレンスは黒山の人、人、人。。。



世界のスーパーカーの中で、 
最もコストパフォーマンスが良く、
誰でも安全に、
そして、最大のパフォーマンスを引き出せるクルマ、
それがGT-R。



ゴーンCEO 熱く語りました。

おいおい ホントかよって感じ。。。

私は先日、フランクフルトモーターショーに行き、 
ヨーロッパ人と一緒に、地球環境に優しいクルマとは、って考えてきたばっかりだったのに。。。

今日の東京モーターショーは、480馬力のモンスターマシーンが
主役なんですから、ハッキリ言って理解に苦しむなぁ〜

世界的に見て、この日本。。。
かなり特殊なマーケットなんですよね。

とりあえず主役はGTR。あとのクルマは脇役にもなれずってのが
ファーストインプレッションです。


| 自動車コンシェルジュ | 07:59 PM | comments (8) | trackback (0) |



しょうげんさん

>これらは顧客やマスコミにも問題があるのではないでしょうか?

???

顧客に問題は無いと思いますよ!

マスコミだって ちゃんとしたテーマを持ってモーターショーやっていれば
しっかり報道すると思います・・・

マーケティング先行の自動車作りをもう止めて貰いたいと思います。
| shibuya | EMAIL | URL | 2007/10/27 06:00 PM | Pg2fVDgE |

渋谷さん、コメントありがとうございます。

GT−Rだって、結局は一部のマニアのもので、売れる数はAMGやポルシェと同様、極少数でしょう。


次に、ショウの話ですが、
GT−Rに始まりGT−Rに終わるのか?
ブルーテックがフィーチャーされるのか?

これらは顧客やマスコミにも問題があるのではないでしょうか?

顧客側のGT−Rに対する過剰な期待が、この雰囲気を作っている面もあると思います。
また、メルセデスだって、ちゃんとディゾットやブルーテックを持ってきていますが、あまり取り上げられていないのはマスコミに責任があると思います。

最後に、
日本のメーカーが世界を見据えて、メッセージを発信すべきだという部分は賛成です。
| しょうげん | EMAIL | URL | 2007/10/27 04:23 PM | .hOxvSMM |

しょうげんさん

コメントありがとうございます。

>私がポルシェやAMG、BMWのMを例に出して言いたかったのは、
ドイツのメーカーも日本のメーカーも、やってることはあまり変わらないんじゃないか?ってことです。

??? 全く違うと思いますよ・・・・・・・



ヨーロッパにってクルマを見てみれば明らかです。
AMGやポルシェがガンガンアウトバーンを走ってますか?
一部の顧客に向けて販売しているだけで、
一般人には ハイパワーなどあまり興味が無いと思いますね。。。

ドイツのモーターショーは 地球環境を考え クルマというものを
もう一度見つめ直したショーでした。
日本のモーターショーは どうなんでしょうか?

GTRで始まりGTRで終わってると思いますよ。。。

シトロエンC5 フランスでデビューしたって 東京モーターショーには来てないし、ブルーテックの技術だって 日本には殆ど紹介されてないし。。。


鎖国って こんな感じなんだろうなぁ。。。


>日産だってGT−Rを作る一方、(アピールが弱いですが)クリーンなディーゼルを開発して、逆風が吹き荒れる日本市場に投入しようとしているようです。
ホンダも同様の取り組みをしているようですし、日本のメーカーも頑張っていると思います。

頑張っていようが頑張ってなかろうが もう少し世界を見据えて メッセージを発信するべきだと思います。
| shibuya | EMAIL | URL | 2007/10/27 02:11 PM | Pg2fVDgE |

渋谷さん、こんばんは。
私なりに色々と考えていたので、レスが遅れました。

私がポルシェやAMG、BMWのMを例に出して言いたかったのは、
ドイツのメーカーも日本のメーカーも、やってることはあまり変わらないんじゃないか?
ってことです。

一方ではエコをアピールしつつ、他方では大排気量・ハイパワーなクルマを作ってる。

日産だってGT−Rを作る一方、(アピールが弱いですが)クリーンなディーゼルを開発して、逆風が吹き荒れる日本市場に投入しようとしているようです。
ホンダも同様の取り組みをしているようですし、日本のメーカーも頑張っていると思います。
| しょうげん | EMAIL | URL | 2007/10/26 09:46 PM | .hOxvSMM |

しょうげんさん

コメントありがとうございます。

誰にでも安全で早く走らせるクルマを作りたいってのは
勘弁して欲しいです。

クルマって 非常に危険なものだという認識野中で 480馬力の
スポーツカーを作った方が良いと思います。

私は 777万円も出して 誰でも速く走らせられるクルマに乗りたいとは
思わないし、 しょうげんくんが書いていた

>ドイツ車を見ても、911ターボやGT3、メルセデスのAMGやBMWのMといった500馬力近いクルマがあるように、ヨーロッパ車もエコ一辺倒ではないですよね?

ってのも ドイツのアウトバーンで走しって、180キロ/h リミッターが効いたら 後ろから突っ込んじゃうって。。。
それに 日本の都市部で走っている高出力なヨーロッパ車に、
私 全く反応しません。。。


日産が どうせ作るなら 200万円台で ファンなクルマを作らない限り
スペックオタクな日本の若者を排出するだけです。

運転が上手くなるクルマ 早く出せって感じです!
| shibuya | EMAIL | URL | 2007/10/25 10:27 AM | Pg2fVDgE |

シブヤさん、早速のコメント、ありがとうございます。

私の方がちょっと言葉足らずだったようです。
GT−Rそのものの出来については、スペックから推察するに、私もちょっと残念な思いをもっています。
ニュルブルクリンクのラップタイムといった旧来の尺度で作られている点に限界を感じますし、言われるように電子デバイスの使い方にも疑問はあるでしょう。

しかしまあ、この時代、この日本で、このようなクルマを作り、発売したことは評価したいと思います。
クルマそのものは我々の趣向からすれば落第点かもしれませんが、とりあえず「発売した」ということで総合的には及第点といったところでしょうか。
| しょうげん | EMAIL | URL | 2007/10/25 01:16 AM | .hOxvSMM |

しょうげんさん コメント有難うございます。 私はGTR ちょっと残念でした。 先行予約をするほど心動かされなかったし スペックオタクにはたまらないかもしれないけど、パワーをGPSに連動させてコントロールするなんて最悪です! そんなクルマ興醒めです
| Shibuya | EMAIL | URL | 2007/10/25 12:03 AM | xCcGjHf6 |

「GT−R」夢があっていいんじゃないですか(古い方向の夢ですけど)

ドイツ車を見ても、911ターボやGT3、メルセデスのAMGやBMWのMといった500馬力近いクルマがあるように、ヨーロッパ車もエコ一辺倒ではないですよね?

日本にも、一台くらい、こんなクルマがあってもいいと思います。
初代GT−Rの50連勝を知る世代の方々にも、R32型以降のGT−Rに憧れた若い世代にとっても、世界に誇れるGT−Rの復活はウレシイ出来事だと思います。


要はバランスの問題でしょう。

前述の通りメルセデスも大排気量・高出力のマイバッハやAMG、SLRマクラーレンを持ちながら、ブルーテック・ディーゼルやディゾットエンジン、ハイブリッドに取り組んでいます。それもCクラスやEクラスといった現実味のある車種でECOを提案しています。

例えば、現在とほぼ同じ価格でカローラのハイブリッドが発表されるとか、新型フィットにハイブリッドが存在するとかすれば、GT−Rとの対比でバランスが取れたのかもしれませんね。
ショウのためだけのコンセプトカーだけじゃなく、現実的な提案を!頑張れ!日本のメーカー!
| しょうげん | EMAIL | URL | 2007/10/24 11:25 PM | .hOxvSMM |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/248