お問い合わせ
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<前月 2020年06月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">メルセデス・ベンツGクラス/ゲレンデヴァーゲン<br>Mercedes-Benz G Class/Gelandewagen<br>関連過去記事まとめ
  • ディープな好車家へ<br> <font color="red">このモデル<br>乗らずして<br>散るデべからず</font><br> ランチア テージス2.4 20V マニュアルMT<br> 諸費用オールイン320万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 台湾のクルマ事情
  • フォルクスワーゲン・グランドカリフォルニア<br>Volkswagen Grand Califonia<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


ただ今 全開中 その3 男前アルファロメオ166 
3リッターヨーロッパ仕様
入荷と成田サンビートパーキングの巻

台北から帰ると、日曜日 先日手に入れた AlfaRomeo166 3.0 24V オートマ
チック 左ハンドル
ワンオーナー 33000Kmという 非常に綺麗なクルマが届いていました。
フランクフルトモーターショーに行って、
今後輸入方針を考えようと思っているのですが、
このアルファロメオ166のオートマチックが届いていたので
この男前クルマをブログに載せずしてどうするって事で 急遽登場です。



この文章 既にJAL407のフランクフルト行きの機内で書いています。
時間が無くて 日曜日中に書ききれなくて。。。
だけど このクルマはしっかり試運転しました。

夕刻、台北から帰ると このクルマ 当社のバックヤードに止っていました。
カッコイイなぁ 惚れ惚れしちゃったこのデザイン。
闇の中に 濃い目の色の166はしびれるなぁ。。。
バックヤードで暫く”たたずまい”を観察して、試運転を試みました。
ルルルルルッて アルファの音がして 走り出しました166。
意味ない大きさと緩いボディー たまんないなぁホントに。。。
SpeedBird T5で帰ってきて、直ぐに乗り換えたからか知れませんが、
本当にユルユルっとしたゆるさ、疲れたカラダに浸みる感じです。
”実用的になり得ない生い立ちを持つイタリアの高級車”は
没落の一途をたどっています。
が、だからこそ クルマを諦められない輩には
悦楽を感じてしまうでしょうね。



個人的には後期型のデザインの方が好きなのですが、
この昆虫的なデザインは永久保存版ですね。
1999年モデル 色も紺色に紫が入っている色で、非常にシック。
内装はオーソドックスなブラックレザーですが
なんともエキゾチックな臭いがプンプンです。
諸費用ぶっ込みで200万円
アルファロメオは勢いで買うもの。
後先考えずに 男前な買い方で買ってください。



さて 台北から帰って 翌日、お客様から車検や修理で預かっていた
シトロエンやメルセデスを配達しました。
皆さん、まだまだクルマを諦められない様子。
夕方には 現在 上海に単身赴任のお客様から電話を頂戴して
来月クルマ買うから宜しくねって
良いクルマ みつくろっておいてね と旦那買いの指示が。。。

ウーム このお客様とご家族にはどんなクルマが良いのか
いろんな角度から考えちゃいます。

最近 私 自動車屋やっていて良かったなぁって思うんです。
お客様が私の選んだクルマを喜んで乗って頂けるのですからね。
私みたいなわがままな自動車屋を生かしておいてくれて
本当に皆さんありがとうございます。

さあ 気合を入れてフランクフルト視察して諦められないクルマを探さないと。。。

ところで、成田空港にクルマで行く際 皆さんどうしていますか?
私は毎回ナイスなスタッフが経営している、成田サンビートパーキングという
所にお願いをしています。
彼らはターミナルの前までクルマをピックアップに来てくれて
帰国した時もターミナル前まで持ってきてくれます。
金額も非常にリーズナブルでクルマの扱いも上手く信頼できる
メンバーなのであります。



口コミで広がっているので、クルマを諦められないブログを読んで頂いている皆さん
是非 使ってみて下さい。 
愛車を信頼して預けられるメンバーって、そうそういないですからね。
(私がびっくりしたのが 彼らは自分達で洗車をするのです。 
お客様のクルマを手洗いで洗車するなんてのは今どきあまり無いもんなぁ)
今回 SpeedBird T5も彼らに預けました。
帰国の時、SpeedBird T5の感想 聞いてみよーうっと
成田サンビートパーキング連絡先は 0476-33‐1919 です。

よーし フランクフルト 締まって行くぞー!!


| 待ってちゃ買えない、いいクルマ!? | 12:06 PM | comments (2) | trackback (0) |



ブルーノ様

コメントありがとうございます。
残念ながら プントアバルトはレースカーのみが出品されていました。
後日 写真アップします。
| shibuya | EMAIL | URL | 2007/09/13 06:25 AM | X6Kosq5I |

いつも非常に興味深いブログを楽しませていただいています。
フランクフルトでは、プントのアバルトに非常に興味があります。
何か情報などありましたら、ブログに載せていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
| ブルーノ | EMAIL | URL | 2007/09/12 02:13 PM | ZCBmX3Po |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/224