■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この色 とっても洒落てます!<br>11月納車可能<br>Fiat Panda City Cross 1.2左MT<br>諸費用オールイン乗り出し285万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">只今、発売中の雑誌「ブルータス」に<br>ロシアの秘宝 ラーダ・ニーヴァ<br>掲載されています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その46<br>懐かしいSaab 93 右ハンドルATを<br>神奈川のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その43<br>シトロエン・ベルランゴ・マルチスペース<br>ブルーHDi 100 S&S ETG6 XTR+<br>ディーゼル 左ハンドル セミAT<br>マイナーチェンジされた新型を<br>東京のSさんに納車完了!
  • 新型V250 アヴァンギャルド 4マチック190PS<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>マルコポーロ アクティビティ<br>Vito 4マチックモデル 左ハンドルモデル等<br>欧州より直輸入致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


最近のシトロエンって かな~り面白い!






20歳の時 私はシトロエンGSを手に入れました

いまから29年前の事です





1200cc水平対向ボクサーエンジンは軽快で 

発売当時に買ったアルファスッド1.2ti VW1200ビートルと 

水平対向のエンジン方式 排気量共  同じスペックながら

それぞれのモデルが全く違う味わいを持っていて

私はヨーロッパ自動車文化の奥の深さにビックリしました







時は流れて30年後の現在  

世界的にクルマの技術革新は素晴らしく

現在 環境に対しての配慮が世界のクルマ産業のメインストリームになっています







キャブレターのネオクラシックカーに乗っていると

貴方はいつまで汚い排ガスを垂れ流しているクルマに乗っているのですか?

と きつ~い視線で指摘されることもしばしば


いや~ ヨーロッパの歴史を感じる旧いクルマが好きなもんで・・・

とお話する事も儘ならなくなってきました


実際 愉しみである旧いクルマは嗜みとして取っておきますが

年に数回 走らせる程度に留めておいて

毎日走らせるクルマは 新しい排ガス規制に合致するクルマを使う事が

次の時代を生きる若者達への礼儀だと私自身考えるようになりました







さて 今日の表題 最近のシトロエン かなり面白い! ですが


私は積極的にヨーロッパの主流となっているディーゼルエンジン車を輸入しています 

特にフランス シトロエン社のディーゼルエンジンは

日本最新基準のポスト新長期規制を十分クリアするだけのポテンシャルを

持っていて 大変魅力的なクルマを生産しているのです






新しいシトロエン DSシリーズのラインナップは かなり心が動きます


最新型のDS5は2リッターのハイブリッドモデルを搭載!


環境に対して 非常に優しいクルマとなっているようです

(とは言うものも 今すぐこのモデルを日本に輸入して 所有するのは少々勇気が必要です

なぜ?・・ それはシトロエンから初めて市販化されたハイブリッドモデルですから 

日本の様な高温多湿国ではどの位のトラブルが発生するか 想定出来ないからなのです

過去の経験からも最新式のシステムは あのトヨタのプリウスですら初期不良が多発したのですから 

私はオーソドックスのディーゼルエンジン1.6HDIを今はお薦め致します)





先日から 

C3ピカソ1.6HDI EGSやC3 1.4HDI DS4 1.6HDI C5 1.6HDI EGS C6 2.2HDI 3.0HDI

ベルレンゴ1.6HDI EGS ネモ1.3M-Jet C4ピカソ1.6HDIシリーズ Jumpy 2.0HDI

など 多くのシリーズをこのブログで紹介しました







(ハイスペックのDS3Racing やC1 1.0EGSガソリンエンジン等もご紹介していますが・・)








低燃費でお財布にも優しいシトロエンのディーゼルモデル

私達の輸入するシトロエンも かなり充実したラインナップになってきました

いずれのモデルも日本の厳しい 新長期規制 ポスト新長期規制をクリアし 

上記モデルの排ガスレポートを取得(一部車種は取得予定)しています


毎日 シトロエンの技術を生活の中でフルに活用しながら

クルマを諦めきれない生活を送るってのは

好車家の方々の究極だったりするのかな? 

な~んて考えている今日この頃





まもなく フランスより

ベルレンゴ1.6HDI EGS C5ツアラー1.6HDI EGS(鉄バネ)DS4 1.6HDI EGS

が横浜に到着予定

年末から2012年は シトロエンの当たり年になる予感を感じています

最新のシトロエンに興味のある方 

是非 皆さんの愛車に 新しいシトロエンモデルを選んでみてください



ロバートデニーロのタクシードライバー 見たくなりました
このシュールな音楽 イイですよね!



| 待ってちゃ買えない、いいクルマ!? | 03:01 PM | comments (2) | trackback (0) |

フジモト様

コメントありがとうございます

C3 ムチャクチャ燃費イイですよね!

保険関係は 一部の保険会社は加入不可ですが
当社は東京海上日動と共栄火災の代理店をしているので
問題なく加入できます ご不便がありましたら すぐにお申し付け下さい

フジモトさんと前オーナーさんのブログ リンクを張らせて頂きました

今後とも 宜しくお願い致します
| shibuya | EMAIL | URL | 2011/11/15 10:15 AM | tufvs8.c |

先週中古C3納車されてからあちこち出かけてもう400kmほど走りました。
Fun to Driveで左ハンドルも狭い道でも全然問題無いですね。
右に死角が出来る分逆に左の死角が無くなる部分もありますし。
燃費計も納車時点で20.0km/Lだったのが20.4まで上がったので
もっと良いということですね。

ネガティブな点は保険関係が面倒でコストアップすることくらいです。

ちなみにみんカラで前オーナーさんも確認できました。
| フジモト | EMAIL | URL | 2011/11/14 07:13 PM | cPanRW72 |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/1725