お問い合わせ
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<前月 2020年08月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (1173)
  2. これが2020年モデルの
    新型ルノー・カングーだ!
    ……って、らしくないなー
    (776)
  3. 7人乗れるロングボディのスライドドア付ミニバン
    シトロエン・ベルランゴXL
    プジョー・リフター・ロング
    右ハンドル英国仕様が販売開始!
    諸費用オールイン乗り出し価格450万円~
    (525)
  4. ラーダ・ニーヴァ 新車 中古車
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (485)
  5. ワズ2206/ハンター/パトリオット
    UAZ 2206/Hunter/Patriot
    関連過去記事まとめ
    (450)
  6. フォルクスワーゲンT6/T5/T4
    Volkswagen T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (441)
  7. 納車千本ノック2020 その32
    フォルクスワーゲンT6カリフォルニア
    オーシャン2.0TDI 4モーション
    ディーゼル 左ハンドル DSG 4WD 4人乗り
    大阪のNさんに納車完了!
    (438)
  8. 諦めきれない新車在庫情報!
    お急ぎの方へ今スグ納車可能!
    (402)
  9. 右ハンドル Km/h表示 特注モデル販売開始❗️
    動くシェルターになるキャンピングカー
    フォルクスワーゲンT6.1カリフォルニア
    オーシャン2.0TDIエディション4モーション
    諸費用オールイン1090万円
    (386)
  10. 日本に上陸済!
    いすゞMU-X ミューエックスは
    SUVてゆうかRVのホームラン王です!
    ピックアップトラックのD-MAXもよろしく
    諸費用オールイン乗り出し495万円~
    (355)
■RECENT COMMENTS■
  • 諸費用オールイン198万円で買える!<br>ヨーロッパのコンパクトカー新車<br>左ハンドル+マニュアル
  • まるでクラシック・ディフェンダーの再来!<br>ランドローバー・マニアが作るSUV<br>イネオス・グレナディア<br>2021年発売 直輸入販売致します!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">メルセデス・ベンツGクラス/ゲレンデヴァーゲン<br>Mercedes-Benz G Class/Gelandewagen<br>関連過去記事まとめ
  • ディープな好車家へ<br> <font color="red">このモデル<br>乗らずして<br>散るデべからず</font><br> ランチア テージス2.4 20V マニュアルMT<br> 諸費用オールイン320万円
  • 軍用車マニア必見!<br>こんなクルマも直輸入しています<br>ボルボC304 6×6 日本上陸!
  • UAZ(ワズ)2206<br>ジュビリーカラーで製作できます!<br>諸費用オールイン399万円
  • 台湾のクルマ事情
  • フォルクスワーゲン・グランドカリフォルニア<br>Volkswagen Grand Califonia<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエン・メアリが<br>新車の電気自動車に変身!<br>エデン・カシス Eden Casiss<br>諸費用オールイン380万円
  • 質実剛健 欧州商用車を諦めきれない!<br>フォルクスワーゲン クラフター<br>9月開催のハノーバーショーでデビュー<br>新型Crafter 直輸入致します
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


見習社員のヨーロッパ旅行記#05

すでに懐かしい感じがするサムライブルー2006の機体に乗って、無事、帰国しています。


時差ボケや帰国後のゴタゴタも落ち着いたので、今回の旅を振り返っていきたいと思います。

まずは、ヨーロッパのクルマの風景です。

ドイツからイタリア、モナコまで行った訳ですが、国によって、走っているクルマが全く違いました。

ドイツは、VWパサートとかメルセデスのEクラスといった大きいクルマ、それもワゴンが多かったのが印象に残っています。

次に多かったのはVWポロのような小型車で、意外とVWゴルフクラスのクルマは少なかったですね。
また、新しいクルマが多く80年代のクルマは皆無だったのも印象的でした。

一方、イタリアは小型車天国です。

まず、FIATパンダが多いこと多いこと!それも750ccのモデルが主流のようです。
新しいところではFIATプントやランチア:イプシロン、プジョー206、シトロエンC3も走っていますが、FIATセイチェントやウーノ、VWビートルもまだまだ現役です。
ぶつけて、多少凹もうが、構わずガンガン使っている様子に活気を感じました。
あと、アルファロメオが、ほとんど走っていなかったのもイメージと違いましたね。


最後はモナコです。
個人的には、一番、楽しかったのがこの街。
大通りにはベントレーやフェラーリ、アストンマーチン等、高級車がたくさん走っていますが、裏通りに入ると、小型車を中心に新しいのから古いのまでバラエティに富んだクルマ達が並んでいました。


いずれの国のクルマも、洗車もされず、埃まみれで色あせていましたが、使い込まれたジーンズのように生活感が漂っていて、活き活きとしているように見えたのが印象的でした。


| ヨーロッパ便り | 06:10 PM | comments (0) | trackback (1) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/125
日本一の飛ばし屋〜福本大象の究極ドラコンテクニック〜
現在でも多くのアマチュアゴルファーは、「頭を動かすな」「体をねじれ」といった、いわゆる中心軸打法が、ブレない正確なショットを生み出す打ち方だと信じています。
でも、果...
| ドラゴン日本一男の飛ばしの極意 | 2006/09/28 08:37 PM |