お問い合わせ
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<前月 2019年10月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター/パトリオット<br>UAZ 2206/Hunter/Patriot<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
  • UAZ(ワズ)だ! ラーダだ!<br>ロシアの本社へ特攻の旅<br>レンタカーで激走!約2500km<br>その4 ウリヤノフスク~トリヤッチに到着!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">日本に上陸済!<br>いすゞMU-X ミューエックスは<br>SUVてゆうかRVのホームラン王です!<br>ピックアップトラックのD-MAXもよろしく<br>諸費用オールイン乗り出し495万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワーゲンバスみたいなレトロで新しいトレーラー<br>DUB-BOX 3号機 リフトアップルーフ<br>ケータリングなど移動販売車のインテリアが完成!<br>東京・千駄ヶ谷のナーナ・ガトーにて展示中!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


好きだったクルマに乗ろう!!

こんにちは、福島のabeです。





僕の好きなことは

クルマに乗ること

音楽を聴くこと

美味しいものを食べること


そして 読書なのですが(オネーチャンは別次元)



先月、先々月と好きな作家が相次いで亡くなりました




1月18日、ロバート・B・パーカー



2月14日、ディック・フランシス





ここ数年でエド・マクベイン、ジェイムズ・クラムリー、ドナルド・D・ウェストレイク


マイケル・クライトンなどが亡くなってしまい


海外のミステリは翻訳される作品も少なくなり、昔に比べると読む本数も


圧倒的に少なくなりました。





それに比べ、僕の好きな日本の小説家さんたちは、皆お元気で活躍されています。







敬愛する作家の一人、逢坂剛さんなどは父上が未だに現役の挿絵画家(99歳!)で
あり、



先月ははその人、中一弥さんの原画を岩手県のあらえびす記念館



に探しに行き、発見するということもしました。







小説は、書いた作家が亡くなっても(悲しいですが)読むことが出来ます。





それに比べ、かつて好きだった、憧れだったクルマたちはどうでしょうか?




これらのクルマたち、すでにレッドリストに登録(乗っておられる方、すみませ
ん!)されている



ようなもので、今乗らないと手遅れになるようにも思えます。



かつて、片思いだったクルマたちは、いったいどのような乗り物だったのか、大変興
味深く、



その頃の恋人を想いながら、オネーチャンを隣に乗せ、オヤジ呼ばわりされ・・・







現実的な選択肢としてはV40を下駄代わりにし、ちょっと古いクルマを1台、といったところでしょうが、


思い切ってこれらのクルマの2台体制、ってのもありですかね、


shibuyaさん?


さあ 好事家の皆さん 書を捨て、助手席にオネーチャンを乗せ、ドライブに行こう!!!


| 待ってちゃ買えない、いいクルマ!? | 01:29 AM | comments (3) | trackback (0) |



かに目大仏さま

コメント、ありがとうございます。


うちの娘は中3で、今日12日(昨日になってしまいましたが)

が卒業式でした。

息子は高2、追試の結果が良ければ4月から3年になれます、

いや、なってもらいたいのですが、この子らが一体どのような

クルマに乗るのか、まったくわかりません。

父親の密かな願望としては、息子の卒業(して欲しい・・・)

のどさくさに合わせバルケッタとかMGFとかを買い、

「クルマ余ってるから」と言って乗ってもらおう、

という想いを描いております。

パンダもそうですが、基本的なクルマの運転の楽しさが

分かるようになってもらえたらと、思っています。
| abe | EMAIL | URL | 2010/03/13 12:25 AM | fwM58VPc |

かに目大仏 さん

いい話です

子供にパンダ プレゼント!!

10数年先が楽しみですね
| shibuya | EMAIL | URL | 2010/03/11 01:38 PM | NrGex7x. |

abeさん>
助手席にオネーチャンというのはなかなか難しいですが、娘なら今のところ乗ってくれます(笑)。
パンダが気に入ったみたいで、「パパ、私が大きくなったら頂戴ね!」とか言っています。
彼女が免許を取得出来る時代には電気仕掛け全盛になっているかもしれませんが、こういう楽しいクルマがあったんだという体験は“感性”となって次の時代にも生き続けて欲しいと思います。
(親としては余り目や舌が肥えると困りますが・・・。)
| かに目大仏 | EMAIL | URL | 2010/03/11 12:02 PM | PZsJBB8c |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/1155