お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<前月 2020年01月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ジープ グラディエーター<br>JEEP GLADIATOR<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • ちょっと気になるクルマ ボルボC30 う~ん とってもスタイリッシュ 
  • アマロックとサベイロの中間サイズ<br>5m以下の注目ピックアップトラック!<br>フォルクスワーゲン・タロック
  • <font style="font-family: Meiryo UI">新型サスペンション搭載の<br>新型シトロエンC4カクタスが日本上陸!<br>乗り味は確かにハイドロ風味!
  • 新車のCITROEN 2CV まもなく到着!
  • 納車千本ノック2016 その21<br>サーブ9000タラデガ2.3ターボS<br>左ハンドル マニュアル ディーラー車<br>サーブ全盛期の名車を<br>愛知のMさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">マニュアルミッションで<br>上がってみてはいかが?<br>UAZ(ワズ)2206/ハンター<br>ラーダ・ニーヴァ<br>シトロエン2CV メアリ VW T1
  • 忘れることが 出っ来な~い! シトロエンXm
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ワズ2206/ハンター/パトリオット<br>UAZ 2206/Hunter/Patriot<br>関連過去記事まとめ
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2019 その7<br>フォルクスワーゲンT6カリフォルニア<br>コースト2.0TDIエディション4モーション<br>ディーゼル 左ハンドル マニュアル 4WD 4人乗り<br>北の大地仕様のキャンピングカーを<br>北海道のNさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">続・ロシアUAZ本社より入電!<br>ワズ・ハンター・ジュビリー1台確保!<br>ワズ2206ジュビリーも購入可能!
  • <font style="font-family: Meiryo UI"><font color="red">新春お年玉企画 第二弾!<br>再生 新車シリーズVW Type 2 T1</font><br>フォルクスワーゲンタイプ2 T1<br>商用&乗用バス及びウエストファリアキャンパー<br>諸費用オールイン乗り出し価格680万円より
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


2010年特別企画 今しか乗れないクルマ Vol 1
メルセデスベンツS600クーペV12 12700Km
君は知っているか? この素晴らしいクルマを!!







2009年は クルマが 新しい方向に進み始めました。

電池で動くモーターカー は 過渡期の新しいクルマの形として

間違えなく 数年後 クルマの主流となっているでしょう。







が しか~し、

もし 世の中が、 

明日よりモーターで動くクルマしか使っちゃダメって事になるのであれば、

私は 即刻 クルマを諦めることにします。







望みは 唯一、

水素で動く 水素カー!



インフラが大きな問題ではありますが、 

内燃機関の最先端でもあり、


水素カーが日の目をみて認知されれば、

クルマって まだまだ面白くなっていくと思います。








2010年、

自動車コンシェルジュ 渋谷 剛史 の目標は・・・


クルマを諦めきれない皆さんに

沢山の メーカー モデルの中から

自分の五感を駆使して 諦めきれないクルマ を選び出し、

より一層 face to face、 

人間らしいお付き合いを重ねながら

忘れる事の出来ないクルマ達を

皆さんの元へ お届けしたいと考えています。



人間として生まれてきて今年で48年目、

最近 なんとな~く 何の為に人間として生まれてきたのか

解って来たように思います。


心の余裕を持ちながら、ゆっくり急いで 人生まっとうしたいなあ!!








お待たせ致しました!


2010年 一発目、

皆さんに どうしても 袖を通して頂きたいクルマは このクルマ!!









メルセデス ベンツ S600クーペ W140型 V12気筒 6000CC



世界最古の自動車会社 Mercedes Benz が製作した傑作車です。








最も贅沢なエンジン(6000CC DOHC V12) を搭載して

高級なバックスキンやレザーで仕立てられた空間は

ゴージャスでハイクオリティなクルマに出来上がっています。








この個体は

1996年式 18.060.000円 の車両本体価格に

オプションのエクスクルーシブレザーシートを装着したディーラー車。







走行距離は 僅か 12700Km


コンディション バツグン の ゴキゲンなクルマです。






W140型 S600クーペは メルセデス ベンツが

莫大なお金を掛けて製作した スーパークーペ。







重厚感のあるハンドリングとインテリアは

最後のメルセデスベンツと言っても過言ではありません。








車検を2年お取りして 

納車点検や車検代 登録諸費用 


全てオールイン ぶっ込み300万円
  で 


クルマを諦めきれない皆さんのお手元へ 

お届けしようと思います。









Ecoな時代、

もう2度と出てこないであろう V12型エンジンは

ウルトラ スムーズ !







乗らずして語るな メルセデスのV12










燃費は 決して良くありませんが

アクセルを踏んで クルマを走らせてみれば

このクルマの価値が判って頂けると思います。








W140 は 1997年に生産を終了し、

1998年 新型Sクラス W220型が登場したのですが







メルセデスベンツは あからさまなコストダウンを断行してしまい、







これがメルセデスのフラッグシップ???

と 安っぽいクルマに成り下がり、

非常に残念な事になってしまいました。



W140型は

少々大柄な外見ですが、

アクセルを吹かすと 巨体が軽快に反応し、

ぶ厚いじゅうたんが瞬時に移動する様な この感覚は、

その昔味わった W116型 450SEL 6.9 の強烈なパワーにも似ていて

比類稀な味わいを我々に与えてくれます。







ドイツのクラフトマンシップを味わえるメルセデスは

やはりこのモデルで最後だと私は考えています。








クルマを諦めきれない皆さん、

究極の旦那カー メルセデスベンツS600クーペ 


を手に入れて、

クルマって 凄いなぁ・・・ 

と 感じてみて下さい。



御購入 のお申し込みは こちらへ


03-3416-8547 担当 渋谷 

もしくは以下のフォームから



 メルセデスベンツS600クーペV12 12000Km の件   
として お申し込み下さい。


アレサ フランクリン と シナトラ イイですねぇ~
 


| ぶっ込みシリーズ | 09:52 AM | comments (2) | trackback (0) |



Mario さん

コメント有難うございます。

この横綱 私は名車中の名車だと思います。

2度と出て来ないであろう メルセデスV12

手に入れた人だけが味わえる究極の贅沢だと
私は思います。
| shibuya | EMAIL | URL | 2010/01/07 11:59 PM | yK3T/VDc |

ぶっこみシリーズ、ついに横綱登場ですね!

大排気量ドイツ車には乗ったことがありませんが、以前に乗ってた大排気量

アメ車はDレンジに入れたまま信号待ちからブレーキを離すとそのまま

どんどんスピードが出て流れに乗ってしまうほどトルキーな車でした。

結果的にそれほどアクセルを踏み込む必要もなく、燃費も思ったほど

悪くありませんでした。

この横綱はどうなんでしょうね?

以前ならCGの巻末データを見るところですが、CGを読まなくなって

かれこれ十数年、今でも載っているのでしょうか?
| Mario | EMAIL | URL | 2010/01/06 02:34 PM | ifeq2ONU |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/1087