■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
  • <font style="font-family: Meiryo UI">2017 IAA フランクフルトモーターショーを訪ねて<br>フォルクスワーゲン ブースにて<br>ポロGTI アップGTI 同時にリリースされました!
  • 新車のラーダニーヴァを<br>諦めきれない好車家へ<br>旧いけど新しいクルマ<br>LADA NIVAの扱い方 御作法 伝授します!!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">キャンピングカー第3の選択肢!<br>フォルクスワーゲンT6<br>ウエストファリア・クラブジョーカーシティ<br>第1号車日本上陸!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">TGVのようにスタイリッシュな高級ミニバン<br>ルノー・グラン・エスパス2.0dCiイニシアル・パリ<br>ディーゼル 7人乗り ワンオーナー 極上の中古車!<br>諸費用オールイン乗り出し価格428万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">Citroen 2CV 再生新車 スペシャル企画 第一弾<br>1983~84年に2000台作られた<br>シトロエン2CV France 3<br><font color="red">忠実に再現した新車を3台作り販売を致します!</font><br>諸費用オールイン乗り出し390万円!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">この色 とっても洒落てます!<br>11月納車可能<br>Fiat Panda City Cross 1.2左MT<br>諸費用オールイン乗り出し285万円
  • <font style="font-family: Meiryo UI">只今、発売中の雑誌「ブルータス」に<br>ロシアの秘宝 ラーダ・ニーヴァ<br>掲載されています!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">ラーダ・ニーヴァ<br>Lada Niva<br>関連過去記事まとめ
  • シトロエンC4グランドピカソの取り扱い説明書がダウンロードできる!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その46<br>懐かしいSaab 93 右ハンドルATを<br>神奈川のKさんに納車完了!
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2017 その43<br>シトロエン・ベルランゴ・マルチスペース<br>ブルーHDi 100 S&S ETG6 XTR+<br>ディーゼル 左ハンドル セミAT<br>マイナーチェンジされた新型を<br>東京のSさんに納車完了!
  • 新型V250 アヴァンギャルド 4マチック190PS<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>マルコポーロ アクティビティ<br>Vito 4マチックモデル 左ハンドルモデル等<br>欧州より直輸入致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■


お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


クルマと音楽・・・ 大切な関係だと思うんです。


バーンスタインのタンホイザー とってもシックです。





この曲を聴きながら 高速をどこまでも走りたくなるクルマ・・・


それは やはり

メルセデスベンツ W140型 V12気筒 搭載
 S600クーペ(CL600)






絶対 このクルマ です!


ある意味、 最後のメルセデスベンツと言っていい W140型 は


メルセデスベンツの集大成 であり、 クルマを諦めきれない
我々は

一度は袖を通しておかなければならないクルマなのです。



内燃機関が終焉を告げようとしている現在。

メルセデスベンツの最高峰 V12気筒 S600クーペは

最後のメルセデス オーナーズカー であり、

状態の良い車両を見つけるには、

既に最終コーナーを廻ってしまった感があります。


状態の良いS600 クーペ 探してみようと思っていますので、

我こそは・・・

と思われる方、 御連絡を下さい。

極上の一台を コンシェル致します。



一方では・・・






この曲を聴きながら 旅をするクルマ は???



それはやっぱり シトロエンC6 2.7ターボディーゼル だと思うのです。
(シトロエンSmがモアベターなんですが いささか旧いし 現実的ではないので・・・)







ハイドロニューマチックの乗り心地と 古典的なワルツ。


シトロエンC6 で ワルツ を 聴きながら ディスカバーJAPAN !


一生の思い出になる事 間違え無しです。



世間は かなり閉鎖感 があるのですが、


クルマが み~んな電池で動いちゃう前に 

皆さん ど~んと やっておきましょうね!!


人生は 一度しかありません。




クルマばか は どこまでいっても クルマばか。






今の時代 かな~り しびれちゃってますけど 

http://www.youtube.com/watch?v=d1VqSN3mu3c




常に ポジティブ に 考えて、






何が何だかわからないのよ~ って 煙に巻きながら

 
http://www.youtube.com/watch?v=S1Qs_f2ruog



一本道 行けるところまで行ってみようじゃありませんか!!






この2曲聴くなら やっぱり キャデラックのフリードウッドクーペ が良いんじゃないかなぁ・・・




| とりとめもないこと | 03:33 AM | comments (0) | trackback (0) |











http://blog.le-parnass.com/tb.php/1002