お問い合わせ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<前月 2023年02月 次月>
■NEW ENTRIES■
■POPULAR ENTRIES■
  1. カタログがダウンロード可能❗️
    イネオス・グレナディア
    Ineos Grenadier
    関連過去記事まとめ
    (855)
  2. 諦めきれない中古車在庫情報!
    現地駐在員が厳選した人気車や絶版車、
    お客様が大事にされていた下取車など、
    コンディションが良く、お買い得なクルマが即納可能!
    (630)
  3. 諦めきれない新車在庫情報!
    お急ぎの方へ今スグ納車可能!
    (592)
  4. フォルクスワーゲンT7/T6.1/T6/T5/T4
    Volkswagen T7/T6.1/T6/T5/T4
    関連過去記事まとめ
    (298)
  5. UAZ(ワズ)2206
    ジュビリー60thエディション
    日本直輸入1号機ロールアウト!
    ハンター2台と共に2018年12月日本上陸済
    九州Sさん、埼玉Kさん、東京Sさんに
    ご納車しました❗️
    (282)
  6. ラーダ・ニーヴァ
    Lada Niva
    関連過去記事まとめ
    (279)
  7. 🉐速報 日本での直輸入価格発表❗️
    オフロードのスポーツカー
    新型フォード・ブロンコ‼️
    4ドア V6 ATベースモデルが650万円より
    (269)
  8. 7人乗りロングボディ 観音開き
    ルノー・グラン・カングー
    状態の良い中古車!
    諸費用オールイン228万円~
    (246)
  9. 納車千本ノック2023 その2
    シトロエンCX25TGIサファリ
    右ハンドル AT 5人乗り
    大阪のA社さんに納車完了❗️
    (245)
  10. ルパルナス トレジャーハンター事業部
    パンダ保護センター
    チンクエチェント系空冷エンジン搭載❗️
    フィアット・パンダ30
    1983年 約36500km ワンオーナー
    諸費用消費税オールイン乗り出し350万円
    (244)
■RECENT COMMENTS■
  • 今、密かなブーム!<br>シトロエンC4カクタス<br>BlueHDi 100フレア EAT6<br>後期型の6速フルAT<br>日本上陸!
  • ルパルナス現地駐在員の<br>ヨーロッパ便り ドイツ編<br>電気自動車スマートEQフォーツー
  • シトロエン・タイプH/タイプHG/フルゴネット<br>Citroen Type H / Type HG / Fourgonnette<br>関連過去記事まとめ
  • 絶賛販売中❗️<br>7人乗れるロングボディ<br>スライドドア付ミニバン<br>シトロエン・ベルランゴXL<br>プジョー・リフター・ロング<br>2021年モデル 右&左ハンドル<br>諸費用オールイン価格388万円〜
  • エージェントOの<br>ヨーロッパ出張日記 その3
  • お待たせ致しました!<br>新型Vクラス マルコポーロ<br>2017年右ハンドル 新車 発売開始!<br>諸費用オールイン乗り出し970万円
  • ポンドが安いぞ!今が買い!<br>ランドローバー・ディフェンダー110<br>諸費用オールイン610万円~
  • <font style="font-family: Meiryo UI">納車千本ノック2022 その54<br>ルノー・グラン・カングー1.5dCi<br>ディーゼル 左 マニュアル 7人乗り<br>栃木のYさんに納車完了!
  • モチュールオイルとグリーンフィルターを投入しました。
  • ロシア製は輸入禁止になりましたが……<br>某国製UAZ(ワズ)ガンガン直輸入します❗️<br>ワズ・ハンター 新車 2022年モデル<br>諸費用消費税オールイン乗り出し410万円
  • まるでクラシック・ディフェンダーの再来!<br>ランドローバー・マニアが作るSUV<br>イネオス・グレナディア<br>2021年発売 直輸入販売致します!
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LINK■
■SEARCH in SITE■
■OTHER■



お探しのクルマは上記「Googleカスタム検索」にてお探しください。(車種・キーワード・メーカー名等)


クルマと音楽・・・ 大切な関係だと思うんです。


バーンスタインのタンホイザー とってもシックです。





この曲を聴きながら 高速をどこまでも走りたくなるクルマ・・・


それは やはり

メルセデスベンツ W140型 V12気筒 搭載
 S600クーペ(CL600)






絶対 このクルマ です!


ある意味、 最後のメルセデスベンツと言っていい W140型 は


メルセデスベンツの集大成 であり、 クルマを諦めきれない
我々は

一度は袖を通しておかなければならないクルマなのです。



内燃機関が終焉を告げようとしている現在。

メルセデスベンツの最高峰 V12気筒 S600クーペは

最後のメルセデス オーナーズカー であり、

状態の良い車両を見つけるには、

既に最終コーナーを廻ってしまった感があります。


状態の良いS600 クーペ 探してみようと思っていますので、

我こそは・・・

と思われる方、 御連絡を下さい。

極上の一台を コンシェル致します。



一方では・・・






この曲を聴きながら 旅をするクルマ は???



それはやっぱり シトロエンC6 2.7ターボディーゼル だと思うのです。
(シトロエンSmがモアベターなんですが いささか旧いし 現実的ではないので・・・)







ハイドロニューマチックの乗り心地と 古典的なワルツ。


シトロエンC6 で ワルツ を 聴きながら ディスカバーJAPAN !


一生の思い出になる事 間違え無しです。



世間は かなり閉鎖感 があるのですが、


クルマが み~んな電池で動いちゃう前に 

皆さん ど~んと やっておきましょうね!!


人生は 一度しかありません。




クルマばか は どこまでいっても クルマばか。






今の時代 かな~り しびれちゃってますけど 

http://www.youtube.com/watch?v=d1VqSN3mu3c




常に ポジティブ に 考えて、






何が何だかわからないのよ~ って 煙に巻きながら

 
http://www.youtube.com/watch?v=S1Qs_f2ruog



一本道 行けるところまで行ってみようじゃありませんか!!






この2曲聴くなら やっぱり キャデラックのフリードウッドクーペ が良いんじゃないかなぁ・・・




| とりとめもないこと | 03:33 AM | comments (0) | trackback (0) |













http://blog.le-parnass.com/tb.php/1002